風呂

リフォームして快適なお風呂に!マンションで最適な時期は?工事期間はどれくらい?

リフォームして快適なお風呂に!マンションで最適な時期は?工事期間はどれくらい?

家族が毎日使うお風呂。家の中でも傷みやすく、一定の期間が経つとリフォームが必要になります。

しかしパッと見は綺麗で問題なく使用できていれば、なんとなく先延ばしにしてしまいがち。どのタイミングでリフォームすればいいのか、もしリフォームするとしたら工事期間はどれくらいなのか、とても気になるものです。

今回はマンションのお風呂のリフォームに最適な時期と工事期間についてご紹介します。「そろそろリフォームしないと」と思っている方も、「まだまだリフォームは必要ないと思うけど…」と思っている方も、是非参考にしてみてください。

お風呂のリフォームに最適な時期

マンションのお風呂は、大多数がユニットバスです。ユニットバスの耐用年数は、一般的に15~20年とされています。使用状況によってはもっと長く使用できる場合も、15年経たずに交換の必要性が出てくることもあります。

ではどうやって自宅のお風呂にリフォームが必要かどうか見極めればいいのでしょう。一つの目安として、お風呂に危険なサインが出ていないかをチェックする方法があります。サインが出ていると、すぐにリフォームを検討した方がいいと言えます。

現状大きな問題がなくても、使いにくさやデザインの古さを感じているのであればリフォームするのもいいかもしれません。最新のユニットバスは高機能で清掃性も高く、快適なバスタイムを過ごせるよう様々な工夫がされています。節水や保温のエコにも注力しているメーカーもあるので、リフォーム後に光熱費が削減される嬉しい効果がある場合も!

ユニットバスの使用期間に関わらず「新しくしたいな」と思ったときがリフォームのタイミングだと言えます。

お風呂リフォームにかかる工事期間

マンションのお風呂リフォームにかかる期間

お風呂をリフォームする場合、工事期間はどれくらいかかるのでしょうか。ユニットバスの場合、バスタブの入れ替えだけを行うリフォームであれば、1日で工事が終わることもあります。床や壁の張り替えなども含む全面リフォームでは、3~4日とされています。

<工事のスケジュール例>

1日目:養生、既存の設備の解体作業

2日目:水道工事、電気工事、新しい設備・資材の搬入

3日目:ユニットバスの据付

4日目:壁・床・天井などの内装工事、ドアの据付、クリーニング、引き渡し

オプションの工事や給湯器の交換を行う場合や、洗面室も併せてリフォームするなどの場合は工事期間が長くなる可能性があります。

お風呂リフォームの時期・期間に関する注意

お風呂リフォームにおける注意点

お風呂に不具合が出てからリフォームの検討を行うのでは、色々と不都合が生じる場合があります。お風呂を使用できない期間が長くなり、故障してから慌ててリフォームすると、「もっとこうすればよかった」と後悔する要因になります。また隣接する洗面所と一緒にリフォームした方がお得になる場合もあるのです。

工事を行っている間は、当然お風呂を使用することはできません。その間どこで入浴するのか、予め決めておく必要があります。乳幼児やお年寄りがいる家庭では、特に注意が必要です。

時期によって工事期間が変わることもあります。年度末などの繁忙期は職人の手が足りず、工期が長くなることもあります。またマンションには管理規約の範囲内でリフォームを行う必要があるため、余裕を持ってリフォーム計画を立てるのがおすすめです。

まとめ

うちのお風呂はまだまだ大丈夫!と思っていても、突然不具合が生じることもあります。時間的・金銭的な余裕を持ってリフォームの計画を立てておきましょう。お風呂だけでなく、家全体の長期的なリフォームプランを立てておけば、何かあった時でも安心ですね。

しかしどこを優先的にリフォームすればいいのか、素人にはなかなか分からないことが多いのも事実です。迷ったときには、その道のプロに相談してみましょう。

マンションリフォームの実績が豊富な工事会社に依頼して、我が家の現状を知ることから始めてはいかがでしょうか。無理のないリフォームプランを立てて、いつまでも快適な我が家を保ちましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!