全面リフォーム

全面リフォームの費用相場は?一戸建てを新築同様に!

全面リフォームの費用相場は?一戸建てを新築同様に!

住んでいる家の築年数が経ってくると、水回りが汚れやすくなったり、設備の劣化を感じてきます。ライフステージの変化により使いやすい間取りも違いますし、建物が古いと耐震性も心配になりますね。

家全体の老朽化が気になるときは、様々な箇所を個別にリフォームするより、家全体を一度にリフォームする方がお金も手間も少なくて済みます。

でも気になるのが費用の面。一戸建の全面リフォームにはどのくらいお金が必要なのかをご紹介します。

全面リフォームと建て替え、どっちがお得?

全面リフォームと建て替えの違いは、構造体を取り壊すかどうかという点にあります。壁や屋根をすべて解体したとしても、基礎や柱が残っていればリフォームということになります。

全面リフォームと建て替えでは、どのくらい費用に差が出るのでしょうか。100㎡の一戸建ての工事費(材料・設備費含む)の価格帯は、次のとおりです。

  • 全面リフォーム…500万~1200万円
  • 建て替え…1400万~3000万円

建て替えの場合は、上記の工事費の他に不動産取得税・固定資産税・都市計画税・登録免許税などの税金を別途支払わなければいけません。建物の骨組みが残っている全面リフォームでは地鎮祭や上棟式を行うことはありませんが、建て替えの場合は新築と同様ですので、その分の費用もかかります。

基礎に問題がなく、通常のリフォームを行う場合は全面リフォームの方が安く済みます。ただし、地盤が弱く基礎が傾いている、基礎にヒビが入っている、柱が劣化しているなどの場合は、建て替えを行う必要があります。

全面リフォームの費用内訳

全面リフォームの費用内訳

標準的な大きさの家で、標準的なグレードの設備に入れ替える全面リフォームの中心的な費用は、1000万円程度です。その中にどのような項目が含まれるのか、内訳をご紹介します。

費用の内訳

仮設工事費 養生や足場の組み立てを行う費用(運搬費や廃材の処分料を含む場合もある)
解体工事費 既存の設備を解体し撤去する費用
木工事費 職人が木材を使って行う工事の費用
防水工事費 外壁などの防水工事
建具工事費 ドアや窓の工事費(木製建具工事と鋼製建具工事に分けられることもある)
内装工事費 床や壁、天井の工事費
給排水設備工事費 水回りの設備の取り付けと給排水の配管工事の費用(設備本体の価格も含む)
電気工事費 家の中の電気配線工事の費用
塗装工事費 ドアや窓の木枠などの塗装工事の費用
建材工事費 フローリングや断熱材の材料費と取付工事費
電気設備器具工事費 照明器具や換気扇など電気設備本体の費用
雑工事費 カーテンレールの取り付けや清掃など、その他の作業に関する費用
諸経費 現場の管理費、設計費、営業経費など(総額の5~10%)
材料費 内外装に使用する床材・建具・塗装などの材料費

リフォーム内容によっては上記項目が発生しないこともありますが、建物の状態やリフォームプランによっては「基礎工事、外壁工事、屋根工事、左官工事、タイル工事、ガラス工事、家具工事、空調設備工事、床暖房工事」などが追加になる場合もあります。

全面リフォームでは、構造体に関する工事は行わないものの、他は建て替えや新築と同様の工事が発生するため、場合によっては費用がかなり高額になることもあります。

次にリフォームの費用に影響するポイントを解説します。

費用に影響するポイント

リフォーム費用に影響するポイント

全面リフォームでは建物を解体して初めて分かることも多く、当初の見積金額と実際の費用とに差が生じる場合があります。どんな場合が費用に影響してくるのか、一例を下記にご紹介します。

費用が高くなるケース

基礎の補強が必要

解体してみると基礎が傷んでおり、補強をしなければいけない場合は、工事費が追加されます。

柱や土台が傷んでいる

柱や土台が傷んでいる場合は補強や入れ替えをしなければいけないため、工事費が追加されます。

断熱工事が必要

壁の内側に断熱材がない、または断熱処理が不十分な場合、追加で工事が必要となります。

給排水管の工事が必要

水回りの移動や新設を行う場合は、給排水管の工事が必要となりますので、工事費が発生します。

工事の途中で追加や変更を行う

見積時のプランにない追加や変更を行った場合、費用が追加されることがあります。

駐車場がない

現場付近に駐車スペースがなく、業者が有料駐車場を使用した場合、駐車料金は施主の負担となります。

費用が安くなるケース

壁の下地を再利用

壁の表面のクロスなどを剥がしたところ、下地の傷みが少なくまだ使えそうな場合は、下地をやりかえる必要がないため費用が抑えられます。

使える設備を再利用

水回りの設備やエアコンなど、まだ使えそうな場合は既存のものを再利用することで、設備の購入費を節約することができます。

まとめ

全面リフォームでは家の中全体に手を入れるので、プランを立てるうちにどんどん夢が膨らんだり、工事が始まってから予定外の費用が追加になったり、予算オーバーしてしまうことが多々あります。

だからといって予算内に収めるためコストダウンにばかり気を取られると、出来上がりに不満が残ることもあります。せっかく大きなお金を払うのですから、「リフォームしてよかった!」と思えるようにしたいですよね。

リフォームを行う上で大事なのは、「どうしても解消したい問題点」「優先順位」を明確にすることです。そして、あなたの思いを理解した上で最良のプランを提案してくれるリフォーム担当者が不可欠です。信頼できるリフォーム工事店を探して、全面リフォームを成功させましょう!

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!