補助制度について

住宅のエコリフォーム補助金!2017年国からの補助金最新ガイド

住宅のエコリフォーム補助金!2017年国からの補助金最新ガイド

 

住宅のエコリフォームを対象とする補助金が、2016年に引き続き2017年度も実施されることが決定されました。

 

住宅のリフォームに関する補助または減税制度には今までも様々なものが実施されてきましたが、今回は2017年度に行われるエコリフォームに対する補助制度の詳しい内容について説明していきます。

エコリフォームとは

エコリフォームとは、地球環境に配慮するために住宅の省エネ性能を高めるために行われる改修工事のことを言います。

 

エコリフォームを行う際に重点となるのは、玄関や窓などの開口部、屋根、外壁、床、天井といった箇所の断熱性です。住宅を高気密・高断熱とすることで冷暖房効率を上げ、結果、電力の使用量を抑え環境にもお財布にも優しい住宅となります。

 

エコリフォームを行い住宅の性能を上げ耐久性を高めることは、長期的に見てエネルギーの使用量を減らすだけではなく、無駄な建て替えや住宅の取り壊しによるゴミを削減できるなど国にとってもメリットの大きいものです。

 

次の項では、国から受け取れるエコリフォームの補助金について詳しく紹介していきます。

エコリフォームで補助金を受け取るために

エコリフォームで補助金を受け取るために

 

平成28年度10月の補正予算成立により、住宅ストック循環支援事業に於いて住宅の省エネ化を目的としたリフォームを対象として国からの支援を行うということが決定されました。

 

このエコリフォームによる補助金を貰うためにはいくつかの要件を満たす必要がありますので、この制度の詳しい内容について見ていきましょう。

◇エコリフォームに対する支援の概要

(1)要件

補助金を貰うためには以下の要件をすべて満たす必要があります。
[imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 住宅の断熱工事や住宅の設備エコ改修工事と併せて、次のいずれかの工事を行うこと
    ①バリアフリー改修工事
    ②エコ住宅設備の設置(太陽熱利用システム、高効率給湯器、節水型トイレ、高断熱浴槽、節湯水栓)
    ③木造住宅の劣化対策工事
    ④耐震改修工事
  • 補助金額が合計5万円以上になること

[/imglist]

(2)補助額

エコリフォームによる補助金額は最大で30万円、併せて耐震改修を行う場合には最大45万円が受け取れます。補助金額は、リフォーム箇所により細かく設定されています。
[imglist icon=”arrow2″ color=”black”]

  • 開口部の改修・・・・・3,000円~25,000円/箇所
  • 外壁の改修・・・・・・120,000円
  • 屋根・天井・・・・・・36,000円
  • 床の改修・・・・・・・60,000円
  • エコ住宅設備の設置・・24,000円
  • バリアフリー工事・・・6,000~30,0000円
  • 住宅の劣化対策・・・・3,000円~120,000円
  • 耐震改修・・・・・・・150,000円
  • リフォーム瑕疵保険・・11,000円/契約

[/imglist]
大まかに、工事個所と補助金額についてはこのような内容です。詳しい工事ごとの補助金一覧は以下のリンクを参考にしてください。

 

[normal_box color=”black” border=”b2″]【参考】住宅ストック循環支援事業補助金[/normal_box]

(3)補助金交付までのスケジュール

補助金の交付申請の受け付けは、平成29年1月18日から平成29年6月30日まで予定されています。

 

補助金を申請する際、工事は平成29年12月31日までに完了する予定である必要があります。また、工事を行う業者が平成28年11月1日以降に補助事業者としての登録を行ってから工事に着手していなければならず、それ以前に契約・工事を行ったものについては無効となります。

 

補助金の申請はリフォームする住宅の居住者ではなく、施工業者と工事発注者が協力して行うこととなっています。その為この補助金を受けたい時は、リフォームを行う業者に事前にその旨を伝えておき、申請してもらうようにしましょう。

まとめ

国で行っている住宅の補助金については、同じような内容でも毎年のように制度が変更されています。

 

以前に住宅のリフォームを考えていた時に行われていた制度も、実際に工事が始まる頃には内容も補助金額にも違いが出ていることが考えられますので、補助制度を使用したい時には最新の情報に精通した業者に依頼するようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!