三世代同居・二世帯住宅

二世帯住宅にリフォームしよう!気になるその相場は?

二世帯住宅にリフォームしよう!気になるその相場は?そろそろ親も年だし、同居を考える時期かなぁ・・・と思って二世帯へのリフォームを考えた時、現実に迫ってくるのは資金の問題です。用意できる資金の中で、納得のできるリフォームを実現させたいですよね。

二世帯住宅へのリフォームの相場はいくらなのか、どんなリフォームをするとどのぐらい費用がかかるのか詳しく見ていきましょう。

二世帯リフォームの相場はいくら?

二世帯住宅のリフォームにはどのぐらいの費用が掛かるのか?それは、リフォームの方法によって大きく変わるものです。

主に採用される3つのリフォーム方法による相場は、以下の通りです。

1,フルリノベーション

現在使用している住宅や、中古で取得した住宅をすべてリフォームするのがフルリノベーションです。

フルリノベーションで部分共有の二世帯住宅へのリフォームを行った場合、相場は1,000万円から1,500万円となっています。フルリノベーションは、住宅の梁や柱だけをそのままに、壁や屋根もすべてリフォームするため一軒の家を建てるのと同じだけの金額がかかります。

完全分離型二世帯へのリフォームなら、水回りや玄関も二つ必要なのでさらに金額は上がり、相場は2,000万円からとなります。

2,水回りの増設

世帯が増える分の水回りだけを増設するリフォームの場合、相場は300万円から500万円です。キッチンだけ、お風呂だけ、など単体で増設する場合には、150万円ぐらいと考えておきましょう。

水回りの増設には配管作業も必要ですので、それなりの金額がかかります。

3,バリアフリー工事

子世帯の住宅へ親を招くタイプの同居の場合、二世帯のリフォームにはバリアフリー工事も含まれてきます。

手すりの設置やスロープ、家の段差をなくす、トイレを広くする、ドアや玄関の間口を広げるなどの工事を行いますが、その相場は200万円ぐらいかかります。

二世帯リフォーム全体の平均費用

二世帯リフォーム工事全体での平均費用は600万円程です。部分的なリフォームの場合でも、設備を新設するだけではなく、既存の古い設備も新しく交換することが多いので、工事全体の平均費用は高めとなっています。

住宅設備で金額は変わる

住宅設備によって大きく変わる相場

大まかな相場は判りましたが、できるだけ費用を削ることもできます。二世帯へのリフォームで一番ウェイトを占める住宅設備選びによって、リフォームの金額は大きく変わります。

例えばキッチン一つとっても、下は40万円から上は200万円以上、メーカーやグレードによって価格はバラバラです。

親の住む一部屋にミニキッチンをつけるぐらいならとても安く済みますが、2階に立派なシステムキッチンを設置する場合、配管工事の費用も含めると100万円から150万円ぐらいはかかるでしょう。

トイレもスタンダードなものは10万円、最新の機能が付いたトイレなら40万円以上します。システムバスは60万円から200万円と、こちらも金額の振り幅は大きくなっています。

水回りを節約するだけで、リフォームの費用はぐんと抑えられそうですよね。

妥協続きのリフォームはNO!

このように、二世帯住宅へのリフォームは意外とお金のかかるものですが、費用を削るために妥協ばかりするのも、その後の生活へのストレスが増してしまうのでお勧めできません。

ここは絶対に譲れない!という部分については妥協せずにお金をかけ、こだわりがあまりない部分の費用をできるだけ削るという方法で我慢のないリフォームが可能です。

特に、家の中で長い時間を過ごす主婦や親にとっては、少しの我慢も毎日続けばとても大きなストレスとなります。

生活動線を考えて、お互いのプライバシーも尊重できるような工夫が必要です。家族みんなが心安らげるように、プライベートな空間をしっかり設けるといいでしょう。

まとめ

単世帯住宅のリフォームでも業者との綿密な打ち合わせは必要ですが、二世帯へのリフォームはさらにその重要度を増します。

二世帯住宅へのリフォームをする時には、自分たちの考えを汲み取ってくれる、信用できる業者を選ぶことが何より大切と言えるでしょう。

こちらのサイトでは複数の注文住宅会社に無料でプランと見積もりの提案を受けることができます。間取りや費用の相談ができるので活用してみてください。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!