三世代同居・二世帯住宅

二世帯住宅を建てたい!完全分離型の費用相場は?

二世帯住宅を建てたい!完全分離型の費用相場は?

同じ建物内に親・子・孫が同居する二世帯住宅。親世帯と子世帯がお互いをサポートし合える、光熱費や税制面で節約ができる等のメリットがあります。

色々と便利な二世帯住宅ですが、実際に建てようとすると費用が気になります。「二世帯分だから、建設費用も普通の家の2倍かかるのでは…?」と不安に思っていらっしゃるかもしれません。

ご安心ください!通常の一戸建てもそうであるように、価格帯の幅は広く、二世帯だからと言ってものすごくお金がかかるという訳ではありません。ここでは二世帯住宅の建設費の相場と、価格帯別の建築事例をご紹介します。

二世帯住宅とは?

二世帯住宅とは

高まる二世帯住宅の人気

高齢化や共働き夫婦の増加などの社会的背景により、二世帯住宅への関心が高まっています。親世帯と子世帯の同居により、親世帯には「防犯性の向上」「力仕事や困難な作業など手伝ってもらう」などのメリットがあり、子世帯には「家事・育児のサポート」「経済的負担の軽減」などのメリットがあります。

双方にとって魅力的な二世帯住宅ですが、家族の関係性や生活スタイルによって最適な間取りが異なります。二世帯住宅は、親世帯と子世帯が家の中のどこまでを共有して生活するかにより「完全同居型」「部分共用型」「完全分離型」の3タイプに大きく分けられます。

二世帯住宅の種類

完全同居型

個人の居室や寝室を除いたスペースと設備(リビング・キッチン・お風呂・トイレなど)を、全て二世帯で共有・共同使用するスタイルです。

部分共用型

家の中の設備を一部共有するタイプです。例えば「玄関は1つで他の設備は全て世帯ごとに分かれている」や、「キッチンとトイレは各世帯で別々に使うが、他は共有」など、様々なバリエーションがあります。

完全分離型

生活のスペースを世帯ごとに完全に分け、それぞれが独立して住宅機能を持っているタイプです。お互いにプライバシーを守ることができますが、他のタイプより建設費用がかかる傾向にあります。

完全分離型は更に、フロアごとに世帯の生活スペースを分ける「上下分離型」、玄関を入って左右に生活スペースが分かれている「左右分離型」、完全に別の建物が庭や通路でつながっている「2棟分離型」の3パターンに分かれます。

完全分離型新築の建設費用

二世帯住宅を新築する場合、完全同居型であれば通常の住宅と費用はさほど変わりません。しかし完全分離型となると設備は全て2世帯分ですので、単世帯用の住宅の1.5~1.8倍の費用がかかるとされています。

単世帯用住宅の新築費用相場が30万~50万円/坪(土地代除く)ですので、完全分離型の二世帯住宅の坪単価は50~80万円が相場であると言えます。

一般的な広さ(30坪、100㎡)の住宅であれば、新築費用は1500万~2500万円かかると考えておきましょう。

完全分離型二世帯住宅の事例

完全分離型二世帯住宅の事例

2000万円台

延床面積12㎡、上下分離型(LINK

敷地面積22坪の狭小地で、ビルトインガレージや収納もしっかり確保。玄関は別だが、1階の親世帯の洗面室から子世帯に行き来することができる。

延床面積47㎡、上下分離型(LINK)間取りはこちら→LINK

玄関は共用、広い土間のある1階が親世帯、2階が子世帯の生活エリアになっている。和風の家屋にモダンな設備を合わせ、どの世代も落ち着く雰囲気に。

3000万円台

延床面積99㎡、上下分離型(LINK

親世帯と子世帯の生活時間帯が異なるため、寝室や浴室が上下で重ならないよう間取りに配慮。プライバシーを保ちつつ生活が楽しめる工夫がされている。

延床面積7㎡、上下分離型(LINK

玄関を分け、2階の子世帯には外階段から直接出入りできる作りに。扉は全て引き戸にし、高齢者と小さな子供にも暮らしやすい家となっている。

4000万円台

延床面積50㎡、左右分離型(LINK)間取りはこちら→LINK

10人家族それぞれに個々のスペースを確保して建物の規模が大きくなった分、居住性や動線が悪くならないよう間取りや設備の位置に配慮している。

延床面積39㎡、上下分離型(LINK

エレベーターを設置し、3階を親世代のフロアに。プライバシーを保ちつつ開口部を大きく取り、開放的でありながら落ち着く室内となっている。

5000万円以上

延床面積57㎡、上下分離型(LINK

和・洋・モダンをミックスしたスタイリッシュな空間。室内からフラットに続くウッドデッキを設けたことで、屋外の空気を身近に感じることができる。

まとめ

お互いの世帯のプライバシーを保ちつつ、ほどよくつながる完全分離型の二世帯住宅。同居のメリットを最大限に活かしたタイプであると言えます。

しかし完全分離型の二世帯住宅にも無数の間取りがあり、家庭ごとに最適な住宅は異なります。通常よりも高い建設費を払うのですから、どちらの世帯にもなるべくストレスがなく、楽しく生活できる家にしたいですよね。

満足のいく家を建てるには、工事会社としっかりプランを練ることが重要です。こちらのページでは無料で複数の注文住宅会社からプランと見積もりの提案が受けられます。

しっかりと相談できる工事会社を見つけて、満足のいく住まいづくりを実現させましょう!

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!