リフォームローン

リフォームローンの審査がゆるい金融機関もある?落ちた時の対策方法は?

大きな金額を借入する必要があるリフォームローンでは、審査の通りやすさは借入する上でとても大切な基準となります。銀行や金融機関によって、同じ信用情報でも借り入れできる場合と出来ない場合があるのはなぜなのでしょうか?

今回は、リフォームローンの審査にまつわる情報についてご紹介します。

リフォームローンの審査が通りやすくなるコツは?

リフォームローンの審査の通りやすさには借り入れする金額の大小も関わってきますが、それ以外にもいくつか気にしておきたいポイントがあります。

①現在の職業について

まず大切なのは、借り入れする本人の収入源です。自営業よりも安定した会社員の方が審査が通りやすいでしょう。

また、勤続年数も大切なポイントです。出来れば3年以上の勤続年数が望ましく、長ければ長いほど金融機関にとってはお金を貸すことができる、信用できる人であるという評価になります。

もちろん、収入自体も審査基準に関わってきます。借入する金額が大きい場合には、本当に現在の収入で返済できる見込みがあるのか?という部分も判断材料になるでしょう。

②信用情報について

信用情報とは、個人が今までもったクレジットカードや借り入れ情報を細かく登録してある情報のことを言います。

実際に借り入れしているものでなくとも、使用してないクレジットカードを何枚も持っていることで審査に落ちてしまうこともあるようです。これは、クレジットカードについているローン枠を使用していなくとも、ローンとしてカウントする銀行もある為です。

一番重要なのは、今までにローンを借りてしっかり返済をしてきたのか?という情報です。ここで返済が滞っていた事実があった場合には、審査に通るのは厳しくなるでしょう。

③完済時の年齢

完済時の年齢が若いほど、審査には通りやすくなります。つまり、返済期間をできるだけ短く設定すると比較的審査には通りやすくなると言えます。

リフォームローンの審査が甘い金融機関もある?

同じ金額を借入する場合でも金融機関によって審査に通るか通らないかは金融機関によっても異なります。

審査が通りやすい・通りにくいに差が出る理由は?

審査が厳しくなる理由

一般的に審査が通りにくいといわれているのは、大手都市銀行や地域で一番の地方銀行です。

例えば、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行。地方銀行ですと横浜銀行、千葉銀行、京都銀行などは審査が通りにくいといわれています。

大手銀行はそれだけローンの申し込みを希望する人も多いです。ですが、さすがにすべての人に貸すわけにはいかないのでローンが厳しくなるといわれています。

審査がゆるい理由

審査が比較的ゆるいといわれているのは

  • 東京以外に本店がある都市銀行
  • 大都市圏にある地方銀行
  • インターネット銀行
  • 他の業態からの新規参入銀行
  • 信用金庫

です。

例を挙げてみると

都市銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行
地方銀行:静岡銀行、北日本銀行、北洋銀行
インターネット銀行:住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行

などは比較的審査がゆるく、ローンが通りやすいといわれています。また、信用金庫は地域密着型ですので普段から取引のあるところや、お住まいの地域の信用金庫がおすすめですよ。

当然必ず通るというわけではないですが、心配な方はこれらの銀行を検討してみるといいでしょう。

それにしてもなぜ審査の通りやすさに差が出るのでしょうか?

審査がゆるいといわれている銀行は大手銀行に比べると利用者も少なく、「利用者を増やしたい」という思いがあります。ですから、ローンが通りやすいといわれています。

ただし、インターネット銀行は対面がない分書類だけで判断するので、逆に審査が厳しい場合もあります。金利も低いですが利用条件が厳しいケースもあるのできちんと確認してから審査の申し込みをしましょう。

金融機関を選ぶコツ

メイン口座を持っている銀行を利用する

給料の振込や公共料金の支払いなどメインで利用している銀行でローンを申し込むと審査が有利になる場合があります。また、金利が低くなるケースもあるので、まずは普段利用している銀行のローンを調べてみるのがおすすめです。

複数の金融機関に審査を申し込まない

審査が通るか不安だからと言って複数の金融機関に審査を依頼するのはNGです。審査を申し込むと個人信用情報の履歴として残ってしまうので、あまり多くの履歴を残さないほうが良いでしょう。

リフォームローンに落ちた時の対策方法

リフォームローンに落ちてしまっても、なぜ審査に通らなかったのかというのは教えてもらえません。ですから何をどうすればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。

リフォームローンの審査が通らなかった場合にできる対策方法を見てみましょう。

他社での借り入れ状況を見直す

リフォームローンの他に住宅ローン、車のローンなど他のローンがあるとその分審査が通りにくくなります。例えば車のローンが後1年で終わるなどという場合はリフォームの時期を遅らせるという手もありますね。

また、今までローンの返済が遅れたことがある場合は、その時の理由と今後の対策方法が説明できると心証がよくなります。

不要なクレジットカードを解約する

冒頭でもお話しした通り、クレジットカードをたくさん持っていると実際に借りていなくてもクレジットカードのローン枠をローンとして換算されてしまうことがあります。

不要なクレジットカードは解約したほうが有利になります。

夫婦の収入を合算させる

勤続年数や他社の返済などに問題がなくても、借入金額が年収に比べて大きいと審査には通りません。逆にいうと年収が増えれば借入額も増えます。

夫婦でローンを組むのには「収入合算」という方法があります。あくまでローンを組むのは一人ですが収入だけを合算させることができます。合算できる方法は合算者の収入の1/2~全額など金融機関によって異なります。合算者はパート勤務でも収入合算することができる金融機関もありますよ。

合算者は連帯保証義務がありますが、基本的に返済の義務はありません。住宅ローンを組む時なども収入合算を行う人が増えているんですよ。

収入合算は金融機関によって条件が異なりますので、借り入れを使用としている金融機関で問い合わせしてみてください。

まとめ

リフォームローンの審査が通るか通らないかは本人の信用情報に大きく左右されます。また、金融機関によっても審査がゆるい、厳しいという違いがあります。一般的に大手の都市銀行や地域ナンバーワンの地方銀行などは審査が通りにくい傾向にあります。審査が不安な方は金融機関選びも慎重に行いましょう。

審査に落ちてしまった場合は

  • 他社の借り入れを見直す
  • 不要なクレジットカードを解約する
  • 夫婦の収入を合算させる

などの対策で審査に通るようになることもあります。ただし、審査は個人信用情報に残ってしまいますので、できるなら事前に出来る対策は行い、万全な対策で審査を申し込みましょう!

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!