引越情報

仮住まいが見つからない時はどうする?探し方のコツは?

自宅を大幅にリフォームする際、一時的に仮住まいをしなくてはいけないこともあります。

ですが数カ月だけの仮住まいはなかなか見つからないことも多いです。今回は仮住まいの探し方について見ていきましょう。

リフォーム中の仮住まいがなかなか見つからない理由

リフォーム中、仮住まいの賃貸物件を探そうとしてもなかなか見つからないということが多いと思います。

仮住まいをする期間はだいたい短くて1カ月程度、長くても半年くらいですよね。短期間ですと一般的な賃貸物件はなかなか借りることができません。賃貸物件はだいたい2年契約ですもんね。

貸す側はなるべく長く住んでくれる人に貸したいと思っているので、仮住まいの短期間では断られてしまうことが多いんです。

また、一般的な賃貸物件借りられたとしても

  • 敷金(家賃の2か月分程度)
  • 礼金(家賃の2か月分程度)
  • 仲介手数料(家賃の1か月分程度)
  • ハウスクリーニング代

などがかかります。例えば家賃10万円の場合、初期費用で50万円以上かかってしまうんですね。仮住まいにこの出費は痛いです。ですが、仮住まいには仮住まいにあった物件があるので、次でご紹介しますね。

リフォーム中の仮住まい。費用と流れを見てみよう! 全面リフォームなど大幅なリフォームを行う場合、一時的に仮住まいに住む場合もありますよね。ただでさえリフォームでお金がかかりますが...

仮住まいの探し方

仮住まいを探すときは普通に賃貸物件を探す時とは少し異なります。まずは短期間借りられる物件を探しましょう。

仮住まいにおすすめの物件とは?

1,ウィークリー・マンスリーマンション

一般的な賃貸物件ではなく、ウィークリーマンションマンスリーマンションを利用するのがおすすめです。

ウィークリーマンション、マンスリーマンションというのは文字通り、週単位、月単位で借りることのできる賃貸住宅です。家賃は一般的な賃貸物件よりも割高ですが、敷金・礼金などがありません。なので全体の費用で考えると割安になることも多いですよ。

契約時の諸経費で5万円ほどはかかりますが、それでも一般の賃貸よりはだいぶ初期費用が安く済みますよね!

ウィークリーマンション・マンスリーマンションのまとめ
  • 短期間利用が当たり前なので探しやすい
  • 家賃は賃貸より高め
  • 家具家電付きの物件もある
  • 単身用が多く、ファミリーでは手狭になることも

2,公共住宅

UR賃貸、県公社などの公共住宅も仮住まいにおすすめです。公共住宅は短期専門というわけではありませんが、短期賃貸もできるのです。

仮住まいにお勧めな理由は、礼金と仲介手数料がないということ。敷金は2か月分かかりますが退去時に全額戻ってくることがほとんどですよ。ただし、家賃も安く人気ですので空きがない場合もあります。

公共住宅のまとめ
  • 短期賃貸専門ではない
  • 初期費用は敷金のみ。敷金も戻ってくることが多い
  • 一般的な賃貸物件より家賃が安い
  • ファミリー向け物件が多い
  • 人気なので空きがないことも
  • エリアが限られる

3,仮住まい探し専門業者

仮住まいを探してくれるサービスもあります。サービス地域が限定されますが、利用可能な地域であれば一度チェックしておくといいと思いますよ。

仮住まいコンシェルジュ(関東・中部・関西・九州)
テンポラリーハウス(東京・神奈川・千葉)
リロの仮住まい(東京・神奈川・千葉・埼玉)
仮住まいサポートネット(関西)

また、ハウスメーカーでリフォームをする場合は、メーカーの所有する物件を仮住まいとして貸してくれる場合もあります。仮住まいが見つからない場合は相談してみましょう!

荷物は最低限に!

仮住まいに引っ越しをする場合、いつもと同じ生活をしようと思うと広い部屋を借りなくてはいけなくなります。仮住まいは今住んでいる家よりも狭くなるケースが多いので全部の荷物は入らないことも。

また、荷物が増えればその分家賃や引っ越しの費用もかさみます。数カ月間割り切って最低限のものだけを仮住まいに持って行く方がよいでしょう。

荷物を最低限にするには

  • リフォームしない部屋があるのならその部屋に置いておく
  • 荷物預かり・トランクルームを利用する(詳しくはこちら
  • 断捨離をする(詳しくはこちら

という方法があります。仮住まいを探すのと同時に荷物の精査も始めておきましょう。

リフォーム中の仮住まい。費用と流れを見てみよう! 全面リフォームなど大幅なリフォームを行う場合、一時的に仮住まいに住む場合もありますよね。ただでさえリフォームでお金がかかりますが...

短期間の場合ホテルを使うという手は?

仮住まいが短期間の場合、ホテルを利用するのはどうなのでしょうか?

ホテルの場合、

  • 1日単位で借りなくてはいけない
  • 自炊ができないので食費もかかる

というデメリットがあり、賃貸物件を借りるよりも割高になります。

  • 光熱費がかからない
  • 初期費用がかからない
  • 掃除の必要がない

などのメリットもありますが、デメリットの方が大きいです。家族みんなで済むには手狭というのもありますね。

ホテルを仮住まいにするのはどうしても他の物件が見つからない場合の最終手段だと考えておきましょう。

まとめ

一般的な賃貸住宅で仮住まいを探すとなかなか見つからないことが多いです。

仮住まいには

  • ウィークリー・マンスリーマンション
  • 公共住宅

などを利用するのがおすすめです。

地域によっては仮住まい探し専門のサイトがあったり、リフォーム会社やそのグループ会社で仮住まいを紹介してくれる場合があったりするので相談してみるのもおすすめです。

また、仮住まいは最低限の荷物だけ持って行くと費用を抑えることができます。トランクルームなども検討してみましょう。

リフォームのための引っ越しの段取り!いつ頃始めればいい? 自宅を大規模リフォームする際、一時的に仮住まいに引っ越ししなくてはいけなくなることもあります。 リフォームの準備で忙しい時...
リフォームのための引っ越しには荷物預かりサービスがおすすめ! 全面リフォームをする際、仮住まいに住まなくてはいけないこともあります。仮住まいには必要最小限だけの荷物を持ち込むと費用が抑えられ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!