開口部(窓・玄関・ドア)

勝手口は玄関より狙われやすい?防犯対策をしっかり行おう!

家の勝手口はキッチンなどから直接出入り出来て便利なものですが、防犯面で考えるとあまりよくありません。最近の戸建てでは減ってきているそうです。

勝手口はなぜ狙われやすいのかと、防犯対策について見ていきましょう。

勝手口は玄関よりも危ない!?

勝手口は買い物帰りに荷物を直接出し入れしたり、ゴミ出しなどに便利に使われていると思います。ですが、勝手口は玄関ドアよりも泥棒に狙われやすい場所になってしまいます。

理由は以下の通り。

  • 玄関や他の開口部よりも人目につきにくい(死角になっていることが多い)
  • 施錠し忘れが多い
  • 玄関ドアよりもシンプルなドアのことが多い

さらに、人通りの少ない路地に面していたり、勝手口の前に塀や壁がある場合は要注意です。

そのままにしていると侵入しやすい開口部になってしまうので、しっかり防犯対策を行いましょう!

すぐにできる勝手口の防犯対策

まずはグッズなどを使って簡単にできる防犯対策を見てみましょう。

補助錠を取り付ける

勝手口の鍵はシンプルな構造の鍵が多く、ピッキングの被害に遭いやすいです。ですからドアに付属している鍵に加え、もう1つ補助錠をつけることで防犯対策になります。

鍵が2つ付いていれば、鍵を開ける時間は2倍以上かかります。侵入に時間がかかればそれだけリスクが高くなるので諦める傾向があるんですよ。「1ドア2ロック」といって1つのドアに2つ以上の鍵をつけることが防犯に効果的なんです。

サムターンカバーをつける

ドアの不正解錠の手口の1つに、ドアの隙間から針金や特殊工具を入れて内側から鍵を開けるサムターン回しという手口があります。ピッキングしにくい鍵でもこの手口ですと簡単に施錠できてしまうんです。

これを防ぐためには、専用のカバーをつけると効果的です。ホームセンターなどで購入でき、気軽に取り付けられますよ。

センサー付きライトを設置する

勝手口付近に人が近づくと光る、人感センサーライトを設置すると防犯対策になります。家の中にいても気が付くだけでなく、光ったことで犯人がびっくりして逃げていくというケースもあるでしょう。

ライトではなく、アラームタイプも。

リーベックス(Revex) チャイム 人感センサー アラーム 警告音 防犯 来客 GC250 ホワイト

防犯砂利を設置する

勝手口の近くに防犯砂利を巻いておくという手も。

砂利といっても防犯のために作られたものなので、歩くだけで掃除機のような大きな音が出ます。センサーライトと同じく、びっくりして逃げていくかもしれません。

ただし人が通れば音がなってしまうので、遅い時間に勝手口から出入りする場合は避けた方がいいですね。

防犯砂利はホームセンターなどでも購入可能です。

防犯カメラを設置する

他には、防犯カメラを設置するという手も。カメラがあると分かるだけで侵入を諦めることもあります。また、万が一被害に遭っても犯人の特定につながりやすいですね。

防犯カメラは業者に設置してもらうこともできますが、自分で設置することも可能。ワイヤレスタイプなら設置がしやすいですよ。

複数個所に設置するのなら、セットで購入するとお得です。

ドアにガラスがある場合はガラスの対策も!

勝手口のドアは上部がガラスになっていることもありますよね。ガラスを割って侵入されてしまうことがあるので、ガラスの対策もしておきましょう。

ガラスに防犯フィルムを貼るとガラスが割れにくくなり、侵入を防ぐ効果があります。

created by Rinker
ノムラテック(Nomuratec)
¥2,864
(2024/03/03 21:03:52時点 Amazon調べ-詳細)

ただし、ガラスのあるドアが防犯に弱いのは確かです。防犯ガラスに交換するという手もありますが、それならドアの交換を考えてみてもよいかもしれませんね。

本格的な対策ならリフォームも!

続いて、もう少し本格的なリフォームを見ていきましょう。費用や時間は少しかかってしまいますが防犯効果は高くなりますよ。

防犯性の高い鍵に交換する

費用:25,000円~40,000円程度(参考

先ほどもお話した通り、勝手口の鍵シンプルなピンシリンダー錠などが多いです。ピンシリンダー錠はピッキングされやすいので、防犯性の高い、ディンプル錠や暗証番号やスマホで解錠できる電子錠に交換するとよいでしょう。

防犯性の高い鍵についてはこちらの記事もどうぞ。

玄関ドアの防犯性を高めるなら鍵はどの種類がいい? 防犯対策として、玄関ドアの鍵をもう1つ追加したり、交換しようと考えている人は多いと思います。 いざ、交換しようと考えてみる...

防犯性の高いドアに交換する

費用目安:100,000円~200,000円(参考

隙間風が空いていて寒い、ガラス窓があるなどという場合、ドア自体を防犯性の高いものに交換するという手もあります。

最近の勝手口のドアは防犯も意識した造りになっています。格子が付いているなどガラスを割っても侵入しにくいデザインのものが多いですよ。

最初から以下のような機能がついていドアも。

  • ダブルロック
  • デッドボルト(こじ開け防止のロック)の採用
  • セキュリティーサムターン(サムターンの取り外しが可能)の採用
  • 防犯合わせガラスを使用

防犯性だけでなく、断熱性も高くなっていますので快適に過ごすことができそうですね。

勝手口のドアを交換した事例はこちら。

既存のドア枠は残し、ドアのみを交換した事例。カバー工法という工法で費用や作業時間を抑えられます。カッコイイ勝手口になりましたね。

こちらは防犯のために勝手口のドアを交換。開き戸から引き戸タイプになりました。

こちらは通風できるタイプのドアに交換した事例。ドアを閉めていても風を取り入れられるのはいいですね。

勝手口を塞いで壁にする

費用目安:100,000円~150,000円(参考

勝手口をあまり活用していないのなら、塞いで壁にしてしまうという手もあります。出入りはできなくなりますが、一番の防犯対策になりますね。

勝手口のドアは断熱性も低いことが多いので、壁にしてしまえば断熱性が上がり寒さ対策にもなりますよ。

勝手口を壁にリフォームした事例はこちら。

全体的に塗装もし、つなぎ目が分からなくなっていますね。

こちらは寒さ対策で勝手口を塞いでいますが、キッチンも広くなりました。

こちらは勝手口を窓にリフォームしています。壁ではなく、窓なので採光ができていいですね。

まとめ

勝手口の防犯対策を見てきました。

勝手口は玄関よりも人目に付きづらく、防犯対策も甘くなっているので侵入されやすい場所になってしまっています。

無施錠になっていることも多いのでまずは少しの間でも徹底的に施錠しましょう。

補助錠の設置やセンサーライトの設置など簡単にできる防犯対策もありますのでぜひ取り入れてみてください。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です