開口部(窓・玄関・ドア)

内窓(二重サッシ)とペアガラスの違いって?特徴と導入事例をご紹介!

外の気温に左右されず年中快適に過ごせる家にするには、開口部である窓の断熱性能が重要です。

断熱性の高い窓といえば、「二重サッシ(内窓、二重窓)」や「ペアガラス(複層ガラス)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。でも違いやそれぞれの特徴については、あまり知られていないかもしれません。

より断熱性が高いのはどっち?選び方の基準は?という疑問に答えるべく、特徴や価格の違い、実際に導入した事例をまとめました。窓の断熱性を高めたい!と考えている方は参考にしてみてください。

内窓とペアガラスの違い

まずは、内窓、ペアガラスとはどんなものなのか見ていきましょう。

構造

内窓(二重窓、二重サッシ):
窓枠の中に外窓と内窓の2つのサッシ設置されているもの。通常の窓の内側に内窓を設置する方法もあります。

ペアガラス(複層ガラス)※:
2枚のガラスの間に中間層を設けたガラス。中間層には乾燥空気や、空気より熱が伝わりにくいアルゴンガスを封入しているもの、真空状態にしているものなどがあります。

内窓というのは窓の仕組みのこと。ペアガラスはガラスの種類です。よく比べられることがある2つですが、指しているものが窓の仕組みとガラスの種類で全く別物。なので内窓のガラスをペアガラスにする、ということもできます

 

引用元:桜田工業株式会社

「ペアガラス」はAGC(旧社名 旭硝子)の登録商標で同名の商品も販売されていますが、複層ガラスの一般的名称として広く知られているため、ここでは複層ガラスの同義語として使用しています。

効果の違い

内窓

サッシが2つあるので断熱性が高く、遮熱効果もあるので寒さだけでなく、暑さ対策にも効果的です。窓だけでなくサッシの結露対策にも。

また、防音、防犯の効果も期待できますよ。防音ガラス、防犯ガラスなど使用するガラスによって効果もまた変わってきます。(ペアガラスを選ぶこともできます)

内窓の効果についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

内窓(二重窓)にリフォームするとどれくらい効果がある?光熱費は安くなる? 家の中が寒い時、窓に内窓(二重窓・二重サッシ)を付けるだけでも暖かくなるといいますよね。 ですが実際温度がどのくらい変わる...

内窓の種類についてはこちら

リフォームで内窓(二重窓)を付ける費用はどのくらい?補助金は出る? 家の窓に内窓(二重窓)を取り付けると断熱効果が高まり、快適に過ごすことができます。結露対策、防音対策にもなるので設置を検討してい...

メリットの多い内窓ですが、サッシが2つあるので開け閉めに手間がかかる、というのはデメリットになりますね。また、基本的に引き違い窓にしか設置することができません。

ペアガラス

断熱に効果があります。防音材の入ったもの、アルゴンガスが入ったものを選べば防音、遮音などの効果も期待できますよ。

ですが、内窓に比べると効果は薄いです。また、断熱効果があるのはガラス部分のみなのでガラスは大丈夫でもサッシに結露ができてしまうこともあります。

ペアガラスの特徴について詳細はこちらの記事をどうぞ。

https://home-renovation.jp/window-pair-glass-change-500

シロ
シロ
サッシ毎交換になると大掛かりだし、効果と費用で考えるなら内窓だね。

デザインで選ぶならどっち?

内窓の場合、インテリア性を考慮して様々なフレーム素材から選べる製品も多くあります。内窓を付けると雰囲気が一気に変わりますからね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フェニックストーヨー住器(株)(@phenix_toyo_1991)がシェアした投稿

ペアガラスにもすりガラス加工や柄のはいった製品があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

OOKABE GLASS(オーカベガラス)(@ookabe_glass)がシェアした投稿

デザインで選ぶとどちらがいいのかというのは好みになってしまいますが、どちらもデザイン性に優れた商品はありますよ。ただ内窓の場合サッシが二重になるので、スッキリ見せたいという方はペアガラスの方が良さそうです。

リフォーム方法や費用はどう違う?

続いてリフォーム方法、費用について見ていきましょう。

内窓のリフォーム方法

費用の目安:8~15万円(参考
リフォーム時間:1時間~半日程度(参考

内窓のリフォームは

  • 既存の窓枠の内側に窓を取り付ける
  • ふかし枠を付けて内窓を取り付ける

という2種類の方法があります。

既存の窓枠に奥行きがない場合、窓枠の四方にふかし枠という枠を取り付けて内窓を設置します。ふかし枠が必要かどうかはリフォーム会社に相談してみてください。

一箇所の工事でしたらそれほど大変ではありませんが、家中の窓を二重窓にするとなると費用も時間もかかってしまいます。

内窓はどこの窓にでも取り付けられるという訳ではありません。設置できるのは基本的に引き違い窓です。内側や外側に大きく開くような窓(すべり出し窓)の場合内窓は設置できません。

原状復帰できる内窓なら賃貸でも!

窓は共用部なのでガラス・サッシの入れ替えはできないことが多いです。ですからペアガラスに変更することはできませんが、内窓ならDIYで出来る原状復帰可能なものもあります。大家さんに相談して設置してみるものありだと思いますよ。

二重窓(内窓)キットを使ってDIY!賃貸でも断熱効果アップ! 家の暑さ、寒さ対策や結露対策には二重窓(内窓)が有効です。ですが、賃貸では勝手に二重窓を取り付けることができないので無理、とあき...

ペアガラスのリフォーム方法

費用の目安:8,000円~15万円(参考
リフォーム期間:30分から半日程度(参考

ペアガラスに交換するリフォームは

  • ガラスのみ交換
  • ガラスと障子を交換
  • サッシ枠ごと交換

という3種類があります。障子というと分かりにくいですが、ガラスが入っている可動部分のこと。(額縁と言うと通じやすいかも?)ペアガラスはサイズさえ合えばどこの窓でも交換することが可能です。

内窓もペアガラスもサッシをそのまま使用する場合は1時間程度、サッシごと交換する場合は半日程度かかります。

シロ
シロ
アルミサッシの場合はサッシ毎交換したほうがいいよ。アルミ部分がかなり熱を通すから断熱効果も下がるし結露もしやすいからね。

内窓・ペアガラスのリフォーム事例

最後に内窓やペアガラスにリフォームした事例をご紹介します。参考にしてみてください。

内窓の事例

内窓を設置したリフォーム事例をご紹介します。

結露を起こしていた窓に内窓をつけて対策しました。既存の窓枠内にはめ込むタイプのため、出っ張りもなくスッキリした印象です。

結露や窓からの冷気に加えて騒音にも悩んでいましたが、内窓を付けてすっきり解消しました!

内窓を付けたことでひどい結露が解消し、冷暖房の効きがよくなりました。外の音も聞こえなくなり、防音効果も実感しています。

ペアガラスの事例

窓をペアガラスに変更したリフォーム事例をご紹介します。

真空ガラスにしてから、ひどかった結露が激減!毎日の窓拭きから解放されて、とても満足しているとのことでした。

ペアガラスにして心身の負担が軽減|AGC

施工期間:1時間半
費用:不明

家中の窓をペアガラスにして、結露だけでなく温度のバリアフリーも実現しました。快適で過ごしやすく、憂鬱な気持ちもなくなりました。

8枚が連なる大きな掃き出し窓をペアガラスに変更。窓が大きいほどより効果が実感できます。低予算で結露対策が実現しました。

まとめ

断熱効果の高い内窓とペアガラスですが、それぞれに特徴がありますよ。特徴をまとめると以下の通りになります。

内窓

ペアガラス

構造

窓枠の中に2つのサッシ 1つのサッシに2枚のガラス

機能

遮熱・断熱・防音・防犯 断熱

リフォーム方法

内窓の設置/窓枠ごと取替 ガラスの入替/ガラスと障子を交換/サッシごと取替

設置できる窓

基本的に引き違い窓のみ サイズがあればどの窓でも可能

費用の目安

8~15万円 8,000円~10万円

機能性の高さでいえば二重サッシですが、必ずしも二重サッシがいいという訳ではありません。メリットデメリットを比べてどちらがいいのか判断してみてくださいね。

リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!