開口部(窓・玄関・ドア)

リフォームで内窓(二重窓)を付ける費用はどのくらい?補助金は出る?

家の窓に内窓(二重窓)を取り付けると断熱効果が高まり、快適に過ごすことができます。結露対策、防音対策にもなるので設置を検討している人も多いでしょう。

ですがやっぱり気になるのは費用ですよね。リフォームで内窓を設置する場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。補助金についても見てみましょう。

内窓をリフォームで取り付けるのにかかる費用

内窓を設置する費用の目安は一箇所あたり5~12万円です(参考)。

意外と安い!と思われるかもしれませんが、家中の窓を内窓にする場合はかなり費用がかさみます。また、既存の窓枠がそのまま使えるかどうか、窓の大きさや窓の性能によっても費用は変わってきます

もちろん、費用は安く済むに越したことはありませんが、安いガラスを選んだらあまり効果が感じられなかった、という人も。一度設置すると簡単には変更できないのでよく検討して使用するガラスを決めましょう。

内窓に使われるガラスの種類

内窓に使用されるガラスの種類を見てみましょう。

単板(一枚)ガラス

一般的なガラスです。特に機能を持っていないガラスでもガラスが2枚になることで空気の層ができるので断熱効果は期待できます

とはいえさらに断熱効果を求める方には機能的なガラスを取り付けることをおすすめします。

ペア(複合)ガラス

(参考商品)

ガラスとガラスを合わせて1枚のガラスにしたもの。ガラスの中に空気の層ができるので、断熱性が高まります。

内窓ではなく、既存のガラスをペアガラスに交換することで断熱対策をする方もいますが、内窓をペアガラスにすればさらに効果が期待できます。

寒さ対策、結露対策で内窓を付けたい方におすすめです。

ペアガラスについて詳しくはこちら。

窓をペアガラスに交換リフォームしたい!効果や費用はどのくらい? 結露対策として取り入れる方が多いペアガラス。交換リフォームをするのに費用はどのくらいかかるのでしょうか。 交換方法は大きく...

防音ガラス

(参考商品)

内窓に防音効果を期待している方におすすめのガラス。ガラスとガラスの間に特殊の防音材を挟み込んでいます。

防音性は高いですが、断熱性に関しては普通の1枚ガラスと同じですね。

遮熱高断熱複層ガラス

(参考商品)

部屋に入る日差しと紫外線をカットしてくれるガラスです。断熱ガラスと似ていますが、特に暑さに効果が高いですよ。暑さ対策で内窓を設置しようとしている人や西向きの窓におすすめです。

高断熱複層ガラス

(参考商品)

ペアガラスの一種でさらに断熱性に優れたガラスです。ガラスとガラスの間にアルゴンガスというガスを含んでいる商品がほとんどです。ペアガラスはガラスとガラスの間に空気の層ができますが、アルゴンガスが入っていると空気よりも熱を通しにくいため、断熱効果がアップします。

寒い地方の方や、すごく寒さを感じる家、窓の多い家などにおすすめです。

やはり高性能な商品ほど費用は高くなってしまうので何の目的で内窓を付けるのかによってガラスを選んでみてください。

シロ
シロ
今回はガラス部分をいくつか紹介したけど、サッシ(窓ガラスの枠になる部分)も重要だよ。

少しでも費用を抑えたいという方はDIYで内窓を設置するという手も。簡易的なタイプになはりますが、数千円で設置が可能ですよ。取外しもできるので気軽に設置できるのではないでしょうか。

DIYキットについて詳しくはこちら。

二重窓(内窓)キットを使ってDIY!賃貸でも断熱効果アップ! 家の暑さ、寒さ対策や結露対策には二重窓(内窓)が有効です。ですが、賃貸では勝手に二重窓を取り付けることができないので無理、とあき...
シロ
シロ
まずは簡単なキットで効果を試してみるのはおすすめだね!その上で見た目とか性能をアップするなら本格的に考えるといいよ。

リフォームで内窓を取り付けた事例

実際に内窓をリフォームで取り付けた事例を見ていきましょう。費用など参考にしてみてください。

既存のアルミサッシをそのまま使い、内側に樹脂製のサッシを取り付けました。2か所の窓に内窓を付けていますが、既存のサッシを使っていることもあり費用は抑えられていますね。

リビングと和室に内窓を設置した事例です。和室は障子を撤去して内窓を設置しました。どちらも大きな窓なので費用は高めですね。

リビングと洗面所に内窓を設置した事例です。洗面所に内窓を設置すると結露対策にもなりますね。水回りのリフォームも同時に行っています。

こちらは防音目的で内窓を設置した事例。2か所に内窓を設置し、ピアノの練習も気にならなくなりました。

結露がひどかったダイニングの窓に内窓を設置した事例です。上と下にある2か所の小窓に内窓を設置。所要時間は30分ほどでした。

補助金が出るのはどんなケース?

内窓を設置すると、省エネリフォーム減税の対象になることがあります。

内窓の条件は、既存のサッシの内側に樹脂製のサッシをつけること。内窓のガラスは何を選んでも大丈夫です。

ただし、それ以外にも条件があるので詳しくはこちらのページをご覧ください。

外壁リフォームで減税になることもある?減税内容と申請方法まとめ 外壁のリフォームを行うと、減税の対象になるケースがあります。耐震リフォームを行った場合や省エネリフォームを行った場合だけでなく、...

まとめ

内窓を設置するリフォームの費用や事例について見てきました。初期費用はかかりますが、その分快適に過ごせるようになることは間違いないでしょう。

選ぶガラスによって効果も変わってきますので、最適な内窓を選んでくださいね。

内窓の効果についてはこちら

内窓(二重窓)にリフォームするとどれくらい効果がある?光熱費は安くなる? 家の中が寒い時、窓に内窓(二重窓・二重サッシ)を付けるだけでも暖かくなるといいますよね。 ですが実際温度がどのくらい変わる...
リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!