開口部(窓・玄関・ドア)

シャッターと雨戸は後付けできる?取付けやすいのはどっち?

台風などの強風の時に窓を守ってくれる雨戸やシャッター。

ですが家についていないという人もいるでしょう。雨戸やシャッターはどんな窓でもリフォームで取り付けることができるのでしょうか。

雨戸、シャッターを取り付けるメリットから、実際に後付けした事例まで見ていきたいと思います。

雨戸やシャッターを後付けしたい!

雨戸やシャッターを後付けするメリットや、後付けできるのかどうかを見ていきましょう。

雨戸やシャッターを取り付けるメリット

雨戸やシャッターをつける大きなメリットは

  • 窓を雨や風から守ることができる
  • 防犯対策になる

というところでしょう。特に台風が来た時など、雨戸やシャッターがあると窓が割れるリスクがぐっと下がります

デメリットとしては

  • 閉めると真っ暗になってしまう
  • 家の外観が変わってしまう(特に雨戸)

というのが挙げられます。閉めると真っ暗になるのが当たり前でしたが、最近では通風、採光できるブラインドのような雨戸、シャッターもありますよ。

シャッターと雨戸には通風や採光ができるタイプも!事例を見てみよう! 台風などの防災時や、防犯に役立つシャッターや雨戸。ですが閉めてしまうと風や光が通さなくなるのがデメリットでしたよね。 最近...

雨戸やシャッターはどんな窓でも後付けできる?

雨戸やシャッターは基本的に後付け設置可能です。ただし、シャッターの方が様々な窓に対応できます。

まずは雨戸とシャッターの違いを簡単に説明すると

雨戸:1枚の板を2~3枚組み合わせて窓を守るもの。使用しないときは戸袋に収納
シャッター上部にあるシャッターケースに畳んで収納。手動と電動がある

雨戸は戸袋に収納するので戸袋のスペースがないと設置することはできません。ですからどの窓でも設置可能、という訳ではないのです。

対してシャッターは上部にシャッターケースが作れればよいので基本的に設置可能です。出窓や小さすぎる窓など設置不可能な場合もありますが、シャッターの方が設置できる可能性が高いでしょう。

開閉が楽、見た目がスッキリ見えるなどの理由から最近は雨戸よりもシャッターを取り入れる人の方が多いようです。

雨戸とシャッターの違いについて詳しくはこちらを。

雨戸をシャッタータイプにリフォームしたい!費用や事例を見てみよう! 雨や風から窓を守ってくれる雨戸。台風などの多い日本ではつけておきたいものですよね。それだけでなく、防犯の効果もあると言われていま...

マンションでも雨戸やシャッターは取り付けられる?

マンションの場合は持ち家であっても基本的に取り付けることはできません。マンションの窓は自分の家であっても共有部分にあたるため、自由にリフォームすることができないのです。

マンションによっては取り付けを許可してもらえる場合もあるようなので、どうしても取り付けたい場合は管理規約を読んだり、管理会社に相談してみましょう。

マンションのリフォームについて詳しくはこちら。

マンションはどこまでリフォームできる?間取り変更なども大丈夫?中古のマンションを買って自分の好きなようにリフォームしようと考えている人は多いと思います。 ですが、マンションの場合どこまで自分の...

雨戸・シャッターの後付け事例

雨戸やシャッターを実際に後付けした事例をご紹介していきますね。

雨戸の事例

LIXILの雨戸を後付けした事例です。スタイリッシュな雨戸でスッキリして見えますね。

2階の窓に雨戸を取り付けた事例です。1階の屋根がすぐ下にあるから足場を組まなかったのか、工事は1日で終わっています。

こちらは全面が窓で戸袋のスペースがなかったのですが、窓を1つつぶして雨戸を取り付けています。他の業者さんからは取り付けられないと断られていたそうなので、業者によっても取り付けられるかどうか変わってくるんですね。

こちらも戸袋のスペースがなく他の業者には断られたという事例。ですが、ち密な計算でスペースを確保し、雨戸を設置することができました。

こちらも壁一面が窓になっていますが、サッシはそのまま。後付け専用雨戸を取り付けた事例です。

シャッターの事例

こちらは雨戸設置希望だったのですが、戸袋のスペースがなくシャッターを取り付けています。

防犯のために電動シャッターを取り付けた事例です。窓よりもだいぶ大きなシャッターですね。実際に使用してみて防寒や防音の効果も感じられたそうです。

台風対策でシャッターを後付けした事例です。こちらは横引きシャッターと言って雨戸のように横に引いて閉めるタイプです。

1階の窓には元々シャッターが付いていて、2階のベランダの窓に手動のシャッターを後付けした事例です。2階でもベランダなら足場を組む必要がないので費用も比較的安く収まっていますね。

台風対策でシャッターを取り付けた事例。窓の上にシャッターケースのスペースがなかったため、ボックス下げ納まり(参考)というタイプのシャッターを使っています。室内から見るとシャッターボックスが窓にかぶって見えます。

こちらは外開きの滑り出し窓にシャッターを後付けした事例。外開きなのでシャッターは外から閉めることになりますが台風などの時に安心ですよね。

 

元々雨戸が付いていてシャッターに変更したという事例はこちらの記事をどうぞ。

雨戸をシャッタータイプにリフォームしたい!費用や事例を見てみよう! 雨や風から窓を守ってくれる雨戸。台風などの多い日本ではつけておきたいものですよね。それだけでなく、防犯の効果もあると言われていま...

まとめ

雨戸やシャッターの後付けについて見てきました。雨戸やシャッターはほとんどの窓で設置することができます。中には「設置できない」と言われることもありますが、業者を替えたら設置できたという例も少なくなかったです。少しの工夫で設置できる場合もありますので、まずはリフォーム会社に相談してみいましょう。

ただし、マンションの場合は規定で設置できないケースが多いので、まずは管理会社に相談してみてください。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!