その他未分類

マンションはどこまでリフォームできる?間取り変更なども大丈夫?

中古のマンションを買って自分の好きなようにリフォームしようと考えている人は多いと思います。

ですが、マンションの場合どこまで自分の好きにリフォームができるのかな?という疑問が出てくるでしょう。マンションの場合、一軒家のリフォームとはやはり違います。共有部分はもちろんリフォームできませんし、間取り変更にも限界が出てくるケースも。

今回はマンションリフォームはどこまで自由にできるのかについて考えてみましょう。

マンションリフォームはどこまで自由にできる?

マンションをリフォームする際は、どこまで好きにできるのでしょうか。リフォームした後にトラブルにならないように事前に確認しておきましょう。

リフォームできるのは専有部分のみ!

マンションには、「専有部分」と「共有部分」があります。

  • 専有部分:マンションの区分所持者が単独で使用できる場所
  • 共有部分:マンション所有者全員の財産

となります。この内、好きにリフォームができるのは専有部分のみです。外壁やマンションの出入口、集合ポストなどは共有部分というのはなんとなく分かると思いますが、自分しか使っていない部分でも共有部分はあります。

玄関のドア、サッシ、窓、ベランダ、専用庭など

自分しか使っていないのに・・・と思われるかもしれませんが、これは共有部分を専用使用しているに過ぎないのです。

玄関のドアやバルコニーなどは外に面しています。外に面した部分を変更してしまうとマンション全体の外観も変わってしまいますよね。ですから、外に面した部分は自由にリフォームできないと考えましょう

ただし、マンションによってはドアやサッシなどは変更できる場合もあるのでどうしても変更したい場合は管理会社に相談をしてみましょう。あとからトラブルになっては困るので、くれぐれも勝手にリフォームしないようにしてくださいね!

管理規約を確認しよう

では、外に面していない内側の部分だったら自由にリフォームしてよいのかというと、それもちょっと違います。やはり、集合住宅ですので一軒家ほどの自由度はありません。どこまでリフォームできるのかはマンションによって違いますのでまずは管理規約をしっかり確認しましょう。

特に注意したいのは音のトラブルです。床や壁の素材を変更することで遮音性が低くなり、上下や左右の部屋に音が響いてしまうことがあります。ですからマンションによっては壁や床の素材の性能レベルを規定していることがあります。他にも指定業者以外の立ち入り禁止、水回りの移動禁止などを規約にしているマンションもあるんですよ。また、リフォームする前に申請をしなくてはいけないというケースもあります。

管理規約を読んでみてもよく分からない場合は、こんなリフォームは可能かどうかと、管理会社に相談をしてみるのもいいでしょう。

間取り変更にも限界が!

自分の部屋の中である専有部分であれば、基本的には間取り変更も可能です。ただし、マンションの構造によってどこまで変更できるのかどうかは変わってきます。

マンションの構造は大きく

  • ラーメン構造
  • 壁式構造

の2つに分けることができます。

ラーメン構造の場合

中高層以上にマンションに多い、梁と柱で建物を支えるラーメン構造参照)の場合、室内の壁はほとんど取り外しができるので自由に間取り変更ができます。

ラーメン構造の場合柱、梁(はり)などが室内にあり、部屋が凸凹したつくりになってしまいます。ですが、最近ではベランダに柱や梁を出すなど室内の凸凹を解消している建物も多いです。

壁式構造の場合

壁式構造は、壁と床で箱型をつくり、建物を支える構造になっています。参照)壁で建物を支えているので取り外しができないものが多く、間取り変更にも制限が出てきます。

壁式構造のマンションは法令によって一般的に5階以下の建物と定められています。壁式構造の場合、柱や梁が室内にでることはありません

 

構造によって間取り変更ができるかどうかが変わってきますので、まずはマンションがどんな構造をしているのか確認しておきましょう。「柱や梁がない=壁式構造」とは言い切れませんが1つの目安にはなると思います。

また、床下の構造によって水回りをどこまで移動できるかも制限が出てきます。専有部分であっても、完全に自由にはいかない、ということは覚えておきましょう。

間取り変更を含むマンションの大幅リフォーム事例

続いて、実際にマンションで大幅リフォームをした事例をご紹介していきます。先ほどもお話しした通り、どこまでリフォームできるのかはマンションによって異なります。ですから事例の通りだったらリフォームしてOKということではありません。ですがここまで自由にできるマンションもあるということはお分かりいただけると思います。参考にしてみてください。

3DKのマンションをワンルームにリフォーム!

こちらの事例は、3DKの細かいしきりだったマンションの一室をワンルームにリフォームしました。開放的な空間でリゾートホテルのような部屋に生まれ変わりましたね。

リノベーションの知識を広げて自分好みのマンションに!

こちらの事例も3LDKから1LDK+WICと間取り変更を行っています。リノベーションについてしっかり調べて自分好みの一室が仕上がりました。

バリアフリー化でリビングとつながる寝室にリフォーム

リビングの横にあった和室を洋室にリフォーム。リビングと一体感のある寝室にリフォームしました。

4人の子供たちにそれぞれの個室を!

間取り変更のリフォームは、部屋数を減らしている事例が多いですがこちらは3LDKの部屋を5LDKに変更しています。4人の子供たちのそれぞれの個室と、4人で集まって遊べる空間もあるのがいいですね。

子どもたちが自由に遊びまわれる家

2LDK+納戸の部屋を3LDKに変更した事例です。LDKを大きく配置し、子どもたちが自由に遊べる工夫がたくさん施されています。

まとめ

マンションでリフォームをしていい場所は「専有部分のみ」です。単独で使用している場所でも玄関ドアやベランダなどは共有部分になりますので注意してください。基本的にリフォームができる場所は家の内側のみです。

家の内側であっても、完全に自由にリフォームできるわけではありません。どこまでリフォームできるのかはマンションの構造や規約によって変わってきますのでまずは確認しましょう。管理会社に相談をするのもよいと思います。

といっても事例を見ても分かる通り、マンションでも間取り変更を含む大幅リフォームは可能です。初めからリフォーム前提で中古マンションを購入する際は慎重に物件を選ぶようにしたいですね!中には中古物件探しからリフォームまで一括で行ってくれる会社もありますよ。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!