窓・ドア周り(玄関・鍵)

玄関の引き戸の鍵はどんな種類がある?後付けもできる?

玄関のドアが引き戸、という家庭は今でも多いです。壊れたり、調子が悪い時はもちろん、そうでなくても防犯のために鍵を交換する人が増えています。防犯のためには交換の他に後付けでもう1つ設置するという手もありますね。

今回は引き戸の玄関の鍵の種類や交換の費用について見ていきますので参考にしてみてください。

玄関が引き戸の家はまだまだ多い!

引き戸は日本家屋で昔から使われてきたドアです。現在では開き戸が主流ではありますが、今でもまだ引き戸を使われている方は多いんですよ。

引き戸は無理に変えることはありませんが、引き戸の鍵を一度も変えたことがない、という方は要注意。古い鍵はどうしても防犯面で不安があります。古い鍵というのは簡単にピッキングされてしまうんです。かといって引き戸自体がダメ、ということはありません。引き戸の鍵でも最近のものは防犯効果も高くなっています。

さらに経年劣化した鍵は開け閉めがしづらくなってしまいます。開け閉めがしにくくなる前に交換することをおすすめします。

鍵の種類によって防犯性も変わってきますよ。鍵の種類についてはこちら。

玄関ドアの防犯性を高めるなら鍵はどの種類がいい? 防犯対策として、玄関ドアの鍵をもう1つ追加したり、交換しようと考えている人は多いと思います。 いざ、交換しようと考えてみる...

引き戸と引き違い戸の違い

引き戸と似たタイプのドアに引き違い戸があります。

引き戸:1枚のドアを左右どちらかに動かして開閉するタイプ

引き違い戸:2枚のドアを組み合わせて開閉するタイプ。左右両方開く。

という違いがあります。どちらも併せて「引き戸」と呼ぶことも多いですが、厳密には違いますので注意しましょう。

引き戸・引き違い戸で使える玄関の鍵の種類

引き戸と引き違い戸ではじつは鍵の種類も違います。

引き戸:戸先錠(左右どちらかの端に設置)

引き違い戸:召し合い錠(2枚のドアが重なるところに設置)

名前も見た目も似ていますが、使用できる鍵は変わってきますので注意してくださいね!

引き戸や引き違い戸の鍵にも現在は様々な種類があります。

  • ディスクシリンダー
  • ピンシリンダー
  • ディンプルキー
  • キーレスタイプ(ICカード、スマートキー、暗証番号タイプなど)

ディスクシリンダー、ピンシリンダーはピッキングされやすく、防犯性が低いのでディンプルキー、もしくはキーレスタイプがおすすめですよ!

鍵の種類について詳しくはこちら。

玄関ドアの防犯性を高めるなら鍵はどの種類がいい? 防犯対策として、玄関ドアの鍵をもう1つ追加したり、交換しようと考えている人は多いと思います。 いざ、交換しようと考えてみる...
玄関の鍵、リモコンやスマートキーなどのキーレスタイプはどうなの? 玄関の鍵といえば、鍵穴に鍵を挿して回すのが当たり前でしたが、最近ではキーレスタイプも多いです。 キーレスタイプの鍵は実際ど...

後付けできるタイプもある?

今使用している鍵の調子は悪くないけれど防犯効果を高めたい、という方は後付けできる鍵、補助錠を取り付けるのも1つの手です。「1ドア2ロック」といって1つのドアに2つの鍵があるだけで防犯効果は大きく高まるのです。

後付けできるタイプは工事不要で自分でも簡単に取り付けられる鍵も多いです。引き戸で使えるものはそれほど数が多いわけではないですが、インターネットでも購入することができますよ。

ドアの内側に付けるタイプの鍵です。玄関の引き戸以外に窓などにも使用できるタイプですよ。

こちらも引き戸で使える補助錠です。ドアの外側からも内側からも鍵のかけられる面付タイプですよ。

こちらも同じく面付きタイプの補助錠です。防犯効果の高いディンプルキーですよ。

補助錠の種類について詳しくはこちら。

玄関ドアの鍵は後付けもできる?賃貸でも使える鍵は? 防犯のために、玄関ドアの鍵を後付けしたい、と考えている人は多いと思います。元々ついている鍵と併せて2つあると防犯効果はグッとアッ...

引き戸の玄関の鍵を交換した事例

玄関の鍵は自分でも交換することができますが、引き戸や引き違い戸の場合、特に業者に依頼することをおすすめします。引き戸や引き違い戸は経年劣化によって立て付けが悪くなっていることも多いです。鍵を交換するだけでなく、ドアの調子も見てもらえるので業者に依頼した方が安心ですよ。

引き戸の交換費用の相場は?

引き戸の鍵の交換費用は、交換費用+部品代です。

シリンダーのみの交換:15,000円~30,000円
錠前ごと交換:25,000~40,000円

部品代は8,000円程度のものから最新の電子キーですと50,000円以上と費用は大きく異なります。ただし、あまり古い鍵の場合は部品がなく、錠前ごと交換しなくてはいけないケースも。

費用参考:生活救急車

引き戸の鍵を交換した事例と費用

最後に、引き戸の鍵を交換した実際の事例を紹介しますので参考にしてみてください。

防犯のために鍵を交換した事例です。この価格で防犯性が高まるのなら嬉しいですよね。

鍵を盗まれたということで交換した事例です。防犯性の高いディンブルキーに変更していますよ。

鍵が回らないということで錠前ごと交換した事例です。立て付けの悪さも改善しました。

鍵が壊れたということで交換した事例です。問い合わせをしてその日のうちに交換してもらったとのことですよ。助かりますね。

防犯のため、錠前ごと交換した事例です。20,000円程度で交換できるのは嬉しいですね。

まとめ

玄関の引き戸の鍵交換について見てきました。現在は引き戸の鍵も種類が様々あり、防犯性の高い電子キータイプなどもあります。

何十年も同じ鍵を使っているという方は防犯のためにも鍵の交換をすることをおすすめします。

今使っている鍵の調子が悪くなければ、もう1つ後付けで新しい鍵を取り付けるというのも防犯効果が高まりますよ。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!