窓・ドア周り(玄関・鍵)

室内ドアのリフォーム!引き戸から開き戸、開き戸から引き戸に交換する費用は?

室内ドアの引き戸や開き戸が使いづらいと思ったらリフォームを検討してみましょう。

スペースにもよりますが引き戸から開き戸、開き戸から引き戸に変更することも可能ですそれぞれの交換費用と事例もご紹介しますので、参考にしてみてください!

室内ドアの種類を変更するリフォームがしたい!

今ある室内ドアを「引き戸から開き戸にしたい」「開き戸から引き戸にしたい」と思っている人も少なくないと思います。

建物の作りやスペースにもよりますが、ドアの種類は変更できるケースが多いです。引き戸、開き戸にはそれぞれ特徴があります。まずは特徴を知ってからリフォームを検討してみてください。

引き戸の特徴

引き戸とは左右に開くドアのことです。引き戸の中でも

  • 片開き戸(片方に開閉、壁にドアをスライドさせる)
  • 引き違い戸(戸が2枚あり、左右に開閉できるタイプ)
  • 引き分け戸(2枚の戸を左右に開いて真ん中を開閉するタイプ)

があります。最もメジャーなのは片開き戸で、一番省スペースで設置できるのも特徴です。

引き戸のメリット

  • 戸を開いていても邪魔にならない
  • 車椅子などでも通りやすい

引き戸には下にレールがあるタイプと、上にレールがあるタイプがあります。上にレールがあるタイプですと、段差がなくフラットなので車椅子でも移動しやすいです。

引き戸のデメリット

  • 機密性が低い

特に、上にレールがあるタイプは気密性が低くなります。

引き戸はプライベートな空間に使うのは不向き。一番多いのはバリアフリーにする目的で設置する人が多いですね。ふすまをリフォームして引き戸にする人も増えていますよ。

他には2部屋として使ったり、広げて1部屋として使ったりしたい場所(リビングと隣の和室など)に使用するケースが多いです。

シロ
シロ
バリアフリー目的で引き戸にする例は多いね!

開き戸の特徴

室内ドアで最も使用されているのは開き戸です。一般的なドアですね。

開き戸のメリット

  • 気密性が高い
  • 種類やデザインが豊富

開き戸のメリットは気密性が高く、プライベートな空間を作るのにおすすめです。また、最も使用されている室内ドアなので種類も豊富にありますよ。

開き戸のデメリット

  • 室内や廊下にドアの開閉スペースが必要
  • 出入りする時に前後の動きが必要になるので車椅子などは不便

開き戸の場合、ドアを開くと室内もしくは廊下に開けておかなくてはいけません。たいしたことではないと思われるかもしれませんが、電気のスイッチやコンセントの場所によっては使いにくくなってしまうこともあります。リフォームの際は注意しましょう。

開き戸はどこでも使用されますが、個人の部屋やトイレなどプライベートを守りたい場所に設置するのがおすすめです。

シロ
シロ
あんまり開き戸のする事はないけど、寝室なんかは引き戸より開き戸がいいね。

開き戸から引き戸に変更するリフォーム費用の相場

開き戸から引き戸に変更する場合の相場は以下の通りです。

  • 片引き戸:10~25万円
  • 引き違い戸、引き分け戸:25~40万円参考

選ぶドアの種類によってももちろん費用が変わりますが、ドアの種類を変更する場合工事費用も高くなることが多いですよ。

場合によっては壁を壊してドアをスライドするスペースを作らなくてはいけないことも。壁を壊す場合、やはり費用はあがりますね。バリアフリーにする場合はドアを大きくする必要があるので壁は壊すことになると考えておきましょう

また、壁が壊せない場合もあります。大規模な工事になるとその分費用もかさみ、40万円以上になるケースもありますよ。ただし、こればかりは実際に見てもらわないと分からないので、まずは見積もりを出してもらって検討してはいかがでしょうか。

実際に開き戸から引き戸にリフォームした事例を紹介しますので、参考にしてみてください。

段差を解消して扉も引き戸に!動線も改善したバリアフリー設計!|ホームプロ

費用:450万円(全面リフォーム)
工期:1カ月(全面リフォーム)

車椅子で過ごせるように、段差をなくし、ドアはすべて引き戸に変更された事例です。全面リフォームの一環としてドアもリフォームされています。

こちらはドアの大きさは変えずに引き戸に変更しています。費用は7万円と相場より安いですね。工期が1日で住んでいるのも安くなった要因の1つでしょう。

こちらも相場より安く5万円で引き戸にリフォームされています。というのも既存のドアをそのまま使用して引き戸にしているんです。費用を抑えたい方は既存のドアを使えないか業者に確認してみるというのも手ですね。

こちらはトイレをリフォームし、ドアを引き戸に変更した事例です。内装も同時に行うと工事がスムーズですね。

引き戸から開き戸に変更するリフォーム費用の相場

引き戸から開き戸に変更する場合はだいたい13万~60万円ほどかかります。

引き戸から開き戸に変更する場合も、工事費用がどれくらいかかるかによって価格が大きく変わります。引き戸から開き戸にすると、既存のドアよりも小さくなるケースが多いです。そのため、壁を作る工事が発生することが多いです。

同じ大きさのドアに変更する場合は費用や安く抑えられますよ。

引き戸から開き戸にした事例は少ないのですが1件ご紹介しますね。

スッキリ広々な浴室と洗面所にリフォーム|ホームプロ

費用:170万円(風呂、洗面所含む)
工期:1日

お風呂のドアを引き戸から開き戸に変更した事例です。洗面所とお風呂のリフォームも同時に行いました。

まとめ

種類を変えずにドアのみ変更する場合は、ドアの本体価格が工事費用の多くを占めます。ですが開き戸から引き戸、引き戸から開き戸、とドアの種類を変更する場合はその他の工事費用の方が高くなるケースが多いです。

既存のドアと同じサイズのドアでしたら工事費はそれほどかかりませんが、ドアのサイズを変更すると壁を壊す、壁を作るという作業が出てくるからです。場合によっては壁を壊せないケースもあります。まずは見積もりをとってどんな工事が必要になるのか確認してみてください。

同じ種類のドアに変更する場合はこちらへどうぞ。

室内ドアの交換費用はどのくらい?引き戸の場合の値段は? 経年劣化で開け閉めがしにくくなったり、子どもやペットのイタズラでボロボロになってりまったり、室内ドアを交換する場合、費用はどのく...
このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!