開口部(窓・玄関・ドア)

二重窓(内窓)キットを使ってDIY!賃貸でも断熱効果アップ!

家の暑さ、寒さ対策や結露対策には二重窓(内窓)が有効です。ですが、賃貸では勝手に二重窓を取り付けることができないので無理、とあきらめている方もいるでしょう。

じつは簡易キットでDIYすれば、原状回復できるので賃貸でも二重窓にできるんですよ!二重窓のDIYキットとはどんなものなのか見ていきましょう。

二重窓とはどんなもの?効果は?

二重窓は二重サッシ、内窓と呼ばれることもあります。

既存の窓の内側にもう1枚窓を設置することで、窓と窓の間に空気の層ができます。これが外の熱を遮断してくれるので断熱効果があるのです。冬の寒さ対策、夏の暑さ対策、結露にも効果がありますよ。

さらに防音や防犯にも効果が期待できるんですよ。

二重窓の効果について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

内窓(二重窓)にリフォームするとどれくらい効果がある?光熱費は安くなる? 家の中が寒い時、窓に内窓(二重窓・二重サッシ)を付けるだけでも暖かくなるといいますよね。 ですが実際温度がどのくらい変わる...

簡易キットなら賃貸でも二重窓にできる!

二重窓を設置したいけれど、「賃貸だから無理!」と諦めている人もいるでしょう。賃貸の場合、リフォームをして本格的な二重窓を作ることはできませんが、簡易的なタイプであれば原状復帰できるので賃貸でも設置が可能なんです。

自分で材料を集めてDIYすることも可能ですが、キットを使えばさらに簡単に二重窓を作ることができます。

簡易キットとはどんなもの?

DIYで出来る二重窓は、基本的にガラスではなく、ポリカーボネート中空板やプラダンボール板を使います。これはキットでなくても同じ。ガラスを使うとかなり大掛かりになってしまうのでDIYでは使用しません。

ただし、ガラスではないので透明度は落ち、半透明という感じになってしまいます。外の景色を見たい方にはちょっと不向きですがご了承ください。

キットにもよりますが、二重窓DIYキットにはだいたい下記のような内容になっています。

  • 窓枠(フレーム)
  • 窓面
  • レール
  • 両面テープ
  • ノコギリ

これだけで二重窓が作れてしまうので普段DIYをしない方には特に助かりますよね。窓枠は両面テープで張り付けるだけなので建物を傷つけません。

DIYは簡単にできるの?

簡易キットとはいっても窓を作るわけですから、上手くできるかな?と心配な方もいるでしょう。DIYの手順を見てみましょう。

あくまで参考に。実際の手順は購入した商品の説明書をご覧ください。
  1. 二重窓を設置したい窓のサイズを測り、そのサイズよりも大きい窓面のキットを購入する。
  2. 既存の窓枠に合わせてキットの窓枠、窓面をカットする。
  3. 窓枠を既存の窓に貼り付ける

これだけです。

楽天市場の口コミを見ても女性でも2~3時間程度で設置できたという声が多かったですよ。逆に難しくて付けられなかったという声は見当たりませんでした。価格も数千円からなのでこれは付けてみたくなりますね。

カットするのが大変そう、という方はサイズオーダーで取り付けるだけのタイプがおすすめです。

これなら貼り付けるだけなので簡単ですね!

二重窓のキットは比較的小さな窓用の商品が多いですが、こちらのシリーズは掃き出し窓(出入りできる大きな窓)で使用できるタイプです。サイズも豊富にあるのでぴったりのサイズが見つかるといいですね。

費用はちょっと割高ですが、サイズオーダーできるタイプなので組み立ても楽ですよ。

キットを使ったDIYの方法はこちらの動画でも紹介されています。参考にしてみてください。

簡易的な二重窓でも効果はある?

手作りの二重窓はリフォームで付ける本格的な二重窓と同じ断熱効果とはいえません。やはり簡易タイプですので断熱性は下がってしまいます。効果はどのくらいなのでしょうか。

先ほどご紹介したキットの取り付け方を紹介している動画では、温度に7℃も差があったとのことです。簡単なDIYで7℃も違うのなら嬉しいですよね。

他にも二重窓をDIYした方の声を紹介しますね。

温かさを感じている人が多いですね。風呂場や洗面所などの小さな窓でしたらDIYしやすいのでいいですね。

実際に温度の違いを実感されている方もいます。9℃も差があるというのはすごいですね。

この方は光熱費の違いを実感されていますね。DIYなら数千円から二重窓が設置できるので、光熱費ですぐに元が取れそうですね!

まとめ

DIYで二重窓を設置する方法について見てきました。キットなら必要なものが全部そろっているので初心者でも簡単にできますね。

両面テープで接着するタイプなら取り外しても現状回復できるので賃貸でも設置できますよ。

持ち家の方でやはりDIYは大変そう、もっと効果高い方がいいという方はリフォームを検討してみてください。

リフォームで内窓(二重窓)を付ける費用はどのくらい?補助金は出る? 家の窓に内窓(二重窓)を取り付けると断熱効果が高まり、快適に過ごすことができます。結露対策、防音対策にもなるので設置を検討してい...
リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!