開口部(窓・玄関・ドア)

内窓(二重窓)にリフォームするとどれくらい効果がある?光熱費は安くなる?

家の中が寒い時、窓に内窓(二重窓・二重サッシ)を付けるだけでも暖かくなるといいますよね。

ですが実際温度がどのくらい変わるのか気になりますよね。今回は内窓の効果と光熱費について見ていきます。断熱以外の効果もたくさんあるんですよ!

内窓とは?

内窓とは二重窓、二重サッシと呼ばれることもあります。既存の窓枠の中にもうひとつ窓を設置したり、サッシごと交換することで窓を二重にするんですね。

家の中が寒いのは窓から入ってくる寒気の影響が大きいです。(実際の効果については次の章で)ですから窓からの冷気を軽減させることで家全体の断熱につながります。特に、窓が多い部屋や洗面所、お風呂など部屋に対して窓の割合が多いと内窓の効果は高くなります。

内窓には嬉しい効果がたくさんありますが、窓が二重なので開け閉めを2回しなくてはいけないというのがデメリットになりますね。

窓を断熱するには内窓のほかにペアガラスに交換という手もあります。内窓とペアガラスの違いについてはこちらの記事をどうぞ。

内窓(二重サッシ)とペアガラスの違いって?特徴と導入事例をご紹介! 外の気温に左右されず年中快適に過ごせる家にするには、開口部である窓の断熱性能が重要です。 断熱性の高い窓といえば、「二重サ...

内窓設置の費用についてはこちら

リフォームで内窓(二重窓)を付ける費用はどのくらい?補助金は出る? 家の窓に内窓(二重窓)を取り付けると断熱効果が高まり、快適に過ごすことができます。結露対策、防音対策にもなるので設置を検討してい...
シロ
シロ
ヒートショックを考えるとお風呂とか脱衣場は内窓付けときたいね…!

内窓の設置の効果はどのくらい?光熱費は安くなる?

家の中で一番熱の出入りが多い場所が窓です。ですから、内窓を設置することで家全体の断熱効果も上がります。

LIXILの実験では屋外が0℃の時、窓1枚の時の表面温度は約5℃、内窓を付けた場合は約15℃だったというデータもあります。内窓を付けただけで10℃も変わるというのはすごいですよね。さらに、光熱費が1カ月1,400円お得になったというデータも。

外気温、部屋の面積、室温、暖房の使用状況などによって断熱効果は変わってきます。光熱費についても一概には言えません。ですが例えばエアコン+電気ストーブ、ストーブ+ホットカーペットなど同時に2つ以上の暖房器具を使ってい場合、内窓を付けたら1つでよくなることが多いので光熱費が安く済みそうですよ。

もちろん、窓だけでなく壁にも断熱材を入れると断熱効果はアップします。他の断熱リフォームについてはこちら。

断熱工事にはどんな種類がある?壁、床、窓など場所別に方法を紹介! 色々と対策をしても、冬の寒さや夏の暑さが気になるなら、断熱工事を検討してみてはいかがでしょうか。断熱工事をすれば光熱費の節約にも...

リフォームで内窓を設置した方の口コミ

実際に内窓を設置している方の効果や光熱費についての口コミを見てみましょう。

この方は実際に温度を測ってみたんですね。効果が分かりやすいです。

具体的な数字はなくとも、効果を実感されている方はたくさんいますよ。

内窓を設置して、温かくなった、光熱費が安くなったという人が多いですね。我が家は壁に断熱材は入れたのですが窓は1枚なので内窓を付けたくなってきました。

ですが中にはこんな意見も。

内窓の種類によっても効果は変わってきそうです。どうせ工事をするのなら効果が高い商品を選んだほうが良さそうですね。

設置工事についてはこちらの記事をご覧ください。

リフォームで内窓(二重窓)を付ける費用はどのくらい?補助金は出る? 家の窓に内窓(二重窓)を取り付けると断熱効果が高まり、快適に過ごすことができます。結露対策、防音対策にもなるので設置を検討してい...
シロ
シロ
窓が一番熱を逃しやすい(夏は入ってきやすい)んだけど、壁・天井・床も関係するんだ。本格的に断熱するなら窓の次は床、天井を考えるといいね。

断熱性以外にもこんなメリットが!

内窓を設置すると、断熱性がアップしてあたたかくなる以外にもたくさんのメリットがありますよ!

1.結露の軽減

内窓を設置すると屋外と室内をしっかり隔ててくれるようになります。断熱効果が高まるので外気温の影響を受けにくくなり、結露も大幅に軽減します。結露をなくすために内窓を設置する人も多いですよ。

結露ができると掃除が大変ですし、そのままにしておくとカビなどの原因になってしまいます。結露を防ぐことで家が長持ちすることにもつながるんですよ。

この方は自分で内窓を付けているんですね。DIYで内窓を付ける方法についてはこちら。

二重窓(内窓)キットを使ってDIY!賃貸でも断熱効果アップ! 家の暑さ、寒さ対策や結露対策には二重窓(内窓)が有効です。ですが、賃貸では勝手に二重窓を取り付けることができないので無理、とあき...

結露について詳しくはこちら。

放っておくと怖い窓の結露!今すぐできる予防と対策【完全版】 あなたのおうちの窓、冬にうっすら水滴がついていることがありませんか?それは怖い結露です! 「窓が濡れるとどうして怖いの?」...

2.防音効果

内窓を作ることで窓と窓の間に空気層ができます。この空気層は音も遮断してくれます。

家の中の音が外に漏れてしまう心配も少なくなりますし、外の騒音も小さくなるのは嬉しいですね。車どおりが多い家などでしたら嬉しい効果だと思います。

中には防音のために内窓を付けた人もいますが、付けてから気が付いた嬉しい効果と感じている人が多いようです。

3.防犯効果

内窓を付けることによって、二重ロックになります。鍵が2つあり、窓が二重になっているだけで、一枚窓に比べて侵入までの時間がかかります。泥棒は侵入に時間がかかる家は避ける傾向にあるので防犯効果も高まるんですよ。

防犯に関しては効果を実感できるものではないと思いますが、安心にはつながりますよね。

窓の防犯について詳しくはこちら。

窓の防犯対策はどんなことができる?柵とシャッターはどっちがいい? 空き巣などの泥棒は、玄関よりも窓から侵入してくることの方が多いです。考えてみれば堂々と玄関から入ってくる泥棒はあまりいないですよ...

まとめ

内窓を設置するする効果について見てきました。内窓を設置している人は設置する前よりも暖かくなったと感じている人が多いようです。暖房器具の使い方にもよりますが、光熱費も安くなりそうですね。

内窓を設置すると断熱性以外にも結露の軽減、防音効果、防犯効果などのメリットがあります。ぜひ検討してみてください。

リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!