その他未分類

ゼネコン、ハウスメーカー、工務店の違いって?家を建てるなら、どこを選べばいい?

ゼネコン、ハウスメーカー、工務店の違いって?家を建てるなら、どこを選べばいい?

 

日本で建設を手掛ける企業は、「ゼネコン・ハウスメーカー・工務店」の大きく3つに分けられます。なんとな~くのイメージはあるかもしれませんが、具体的な違い、分かりますか?実際に家を建てようと思ったら、どこに依頼すればいいのでしょう?

 

ゼネコン・ハウスメーカー・工務店それぞれの違いや特徴についてご紹介します。

ゼネコン・ハウスメーカー・工務店の定義

住宅を建設する会社は、「ゼネコン・ハウスメーカー・工務店」の3つに大別されます。しかし厳密な線引きは難しく、ゼネコンのようなハウスメーカーもあればハウスメーカーのような工務店も存在します。ここでは一般的な定義をご紹介します。
[imglist icon=”check1″ color=”black”]

  • ゼネコン
  • 「General Contractor」の略で、総合建設業を指す。建築・土木に関連する事業を総合的に行う企業のこと。ゼネコンの中でも特に歴史が古く売上が高い「鹿島建設・清水建設・大成建設・大林組・竹中工務店」の5社をスーパーゼネコンと呼ぶ。

  • ハウスメーカー
  • 独自に設計・開発した住宅を自社設備で生産し、販売を行う企業。全国に店舗があり、住宅展示場やモデルハウスを使った大規模な営業活動をしている会社が多い。

  • 工務店
  • 地域密着型の建設業者で、主に戸建住宅の施工を行う。個人やハウスメーカーから仕事を受注し、各部門の専門工事業者(大工、左官、鳶など)を手配・マネジメントし、工事全体の監督を行う。[/imglist]

    ゼネコンが建てる住宅の特徴

    ゼネコンが建てる住宅の特徴

     

    スーパーゼネコンは主に公共の設備(道路や橋など)規模の大きい商業施設(ショッピングモールやテーマパークなど)を扱うため、個人の住宅を建設することはまずありません。しかし比較的規模が小さいゼネコンは個人の戸建住宅の設計・建築を行う場合もあります。

    メリット

    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 自由度が高い
  • 建設する住宅に決まった仕様がなく、予算に合わせて自由に設計・建築することができます。

  • 土木関連の技術が高い
  • 建設業と土木業を総合的に行う企業ですので、地盤改良が必要な場合や変形地などの特殊な土地でも対応してくれます。[/imglist]

    デメリット

    [imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 個人客が歓迎されない
  • 大規模な建造物を手掛けることが多いため、単価の低い個人客を歓迎しない会社もあります。

  • 業者により品質にばらつき
  • 自由度が高い分、住宅の品質が設計士の技量に影響を受けます。また工事中の管理体制も自社完結なので、企業によりチェック機能が異なります。[/imglist]

    ハウスメーカーが建てる住宅の特徴

    ハウスメーカーが建てる住宅の特徴

     

    ハウスメーカーが建てる住宅は、工法や規格があらかじめ決まっています。決まった材料を大量に仕入れ、住宅をパターン化することで住宅本体の価格を下げています。複数のパターンから希望のものを選ぶセミオーダーのようなもので、決められた企画から外れれば外れるほど費用は割高になります。

    メリット

    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • クオリティが一定
  • 土地の制約がない場合は割安
  • 工期が短い
  • 完成イメージが湧きやすい
  • 住宅ローンが組みやすい
  • 保証やアフターフォローが充実
  • [/imglist]

    デメリット

    [imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 自由度が低い
  • 特殊な土地が苦手
  • 見積が分かりにくい
  • [/imglist]
    [normal_box color=”black” border=”b2″]ハウスメーカーが建てる住宅についての詳細はこちら:

    憧れの注文住宅を建てたい!ハウスメーカーと工務店、どんな違いがあるの?[/normal_box]

    工務店が建てる家の特徴

    工務店が建てる家の特徴

     

    工務店によって工法の得手不得手はありますが、決まった仕様がなく希望通りの家が建てられます。地域密着型で長く営業を行っている会社は信用もあり、その地域の中で過去に施工した住宅を見つけられることも多くあります。

    メリット

    [imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 特殊な土地でも家が建てられる
  • 工事中の対応が細やか
  • 最初から最後まで同じ人が担当してくれる
  • 見積が分かりやすい
  • [/imglist]

    デメリット

    [imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 完成イメージが掴みにくい
  • デザイン性に乏しい
  • [/imglist]
    [normal_box color=”black” border=”b2″]工務店が建てる住宅についての詳細はこちら:

    憧れの注文住宅を建てたい!ハウスメーカーと工務店、どんな違いがあるの?[/normal_box]

    まとめ

    住宅を建設する企業は様々で、一括りにすることは難しいのが現状です。どの会社にも得手不得手があり、建てたい家の形式を得意とする会社を選ぶことが重要だといえます。

     

    家を建てる際、どの会社に依頼したとしても現場で施工を行うのは地域の工務店です。どんな設計・工法の家でも、クオリティの高い家が建つかどうかは実際に家を建てる職人の技量次第。

     

    どの建設会社に依頼しようか迷ったら、まずは現場に一番近い工務店に相談してみてはどうでしょうか。実績があり、信頼できる工務店を探して、納得のいく家づくりにしましょう!

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    error: Content is protected !!