外壁

外壁塗装の相場が知りたい!塗料で変わるリフォーム単価

外壁塗装の相場が知りたい!塗料で変わるリフォーム単価

 

新築後およそ10年で必要とされている外壁塗装。怠ると住宅の安全性や居住性が大きく損なわれる原因になります。しかしいざリフォームを決心して調べてみると、塗料の種類も価格も様々。「あんまり高い塗料は予算オーバーだけど、一番安いのは何となく不安…。」「我が家にぴったりの塗料で塗装してほしいけど、選び方が分からない!」外壁リフォームを検討している方からは、そんな声が多く聞かれます。

 

そこで、現在主に使用されている塗料の種類と特徴を解説しながら、それぞれの単価をご紹介します。外壁リフォームの塗料選びの参考になさってください。

塗料の種類

塗料の種類と特徴

 

外壁塗装を行う上で、塗料選びは最重要事項とも言えます。現在外壁塗装で主に使用されている塗料の特徴と、各塗料の商品例をご案内します。

シリコン

シリコン系樹脂を主成分とし、塗料の中でもコストパフォーマンスが高く、汚れにくい特徴があります。50%以上のシェアを占める人気塗料で、耐用年数は10~15年です。シリコン塗料には水性(水性1液型)・油性(溶剤1液型)・油性(溶剤2液型)の3種類があり、用途によって使い分けます。

<商品例>

ラジカル制御型

塗膜の劣化原因となるラジカルの発生を抑制する機能を持った塗料で、ベースにはシリコンやウレタンが使用されています。開発されて間もない塗料ですが、シリコン塗料程度の単価で耐用年数が12~15年であるため、注目されています。

<商品例>

フッ素

フッ素樹脂を使用した塗料です。耐久性が非常に高く、高光沢のある美しい仕上がりを長く保つことができるという特徴があります。単価が高い一方で耐用年数が15〜20年と長く、従来は主にビルや大型建築に使用されることが多かったのですが、一般住宅での使用も増えています。

<商品例>

遮断熱

断熱塗料・遮熱塗料は熱を遮断する機能を持ち、室内の快適性を高め光熱費を節約できるというメリットがあります。断熱塗料は夏の暑さ・冬の寒さ共に室内に伝わるのを緩和しますが、遮熱塗料は夏の暑さにのみ効果を発揮します。耐用年数は商品によって異なります。

<商品例>

【断熱塗料】

【遮熱塗料】

光触媒

セルフクリーニング機能(塗料に含まれる酸化チタンが太陽光に反応して外壁に付着した汚れを分解、雨で洗い流す)を持つ塗料です。メンテナンスが楽なのに加え、およそ20年という耐用年数も魅力です。一方でカラーバリエーションが乏しい・太陽が当たらないと効果が出にくいという面もあります。

<商品例>

無機

鉱物やセラミックなどの無機物が配合された塗料で、気候の変化に強く、汚れにくいのが特徴です。商品によって耐用年数は様々ですが、20~25年と他の塗料よりも長い傾向にあります。価格が高く、塗膜がひび割れしやすいのがデメリットと言えます。

<商品例>

塗料別の単価

同じ種類の塗料であっても商品のグレードによって価格は様々ですが、一般的な価格帯での㎡辺りの単価をまとめました。

[exclamation color=”orange”]単価は塗料の材料費のみで、実際の工事費には足場代や養生費、作業代などの費用が加算されます。

外壁塗装の費用内訳について詳細はこちら:
外壁塗装の相場はどれくらい?延床面積30坪の事例をご紹介![/exclamation]

 

塗料別単価×耐用年数Table01

 

外壁塗料単価模式図01

 

概ね、耐用年数に応じて単価は上がっていく傾向にあります。4,000円/㎡を超える高機能塗料には、付加価値の高い商品も多くあります。

塗料を選ぶポイント

外壁塗料を選ぶポイント

予算で選ぶ

外壁塗装にあまり予算をかけられない、そんなに長く住む予定がないなどの場合はシリコン系塗料やラジカル制御型塗料がおすすめです。コストパフォーマンスが高いため、最も使用されている塗料です。とにかく安価で済ませたい場合は安価なアクリル系塗料・ウレタン系塗料も選択できます。しかし耐用年数が5~10年と短いため、こまめなメンテナンスが必要となります。

耐用年数で選ぶ

多少コストがかかっても長持ちする方がいいという方は、フッ素系塗料がおすすめです。単価は上がるもののメンテナンスの頻度が下がるため、長い目で見れば経済的です。また美しい外観に仕上がるため、デザイン性にこだわる方にもおすすめしたい塗料です。

機能で選ぶ

現在の住宅にお悩みを抱えている方は、機能に注目して塗料を選ぶ方法もあります。断熱性が低く冷暖房費を少しでも節約したい方には、遮断熱機能のある塗料がおすすめです。また普段のメンテナンスの負担を減らしたい、環境に優しい塗料にしたいと考えている方には光触媒塗料がぴったりでしょう。

まとめ

外壁塗装に使用される塗料について、種類と単価をご紹介しました。実際に塗料を選ぶ際には予算と耐用年数だけで決められるような単純なものではありません。外壁材の種類や状態、立地条件なども加味して塗料を選ぶ必要があります。

 

「よし、うちはシリコン系の塗料にしよう!」と決めても、無数のシリコン系の商品の中から、ご自身のライフスタイル・価値観・好みに合った塗料を見つけるのは至難の業ですよね。迷ったときには、外壁塗装の実績が豊富なプロに相談するのが一番!最適なプランを提案してくれます。外壁リフォームの第一歩は、塗装業者探しから。信頼できるパートナーを見つけて、満足度の高いリフォームを実現しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!