外壁

外壁塗装の相場は3階建てだとどのぐらい?足場の費用で高くなる?

3階建ての外壁とサッシを下から見上げる近年、狭い土地でも満足のいく生活ができることから3階建ての住宅が人気を集めています。が、3階建てとなると外壁のメンテナンス費用はどうなのか?というのは気になるところですよね。

単純に、階層が増えれば増えるほど塗装の費用は跳ね上がってしまうのでしょうか?それとも、壁の面積分だけ少し増額されるぐらいなのでしょうか?

今回は、外壁塗装の相場は3階建てだとどのぐらいになるのか、その内訳についてもご紹介します。

なぜ、3階建ての外壁塗装費用は高くなるの?

3階建ての外壁塗装費用が高くなる理由3階建てのメンテナンスは2階建てよりも費用が多くかかりそう、という大方のイメージ通り、外壁塗装の面でも3階建ては割高になるケースが多いです。その理由は以下の通りです。

1,壁の面積が大きくなる

多くの場合2階建ての住宅よりも3階建てのほうが壁の面積は大きくなります。

例えば各フロアの合計床面積30坪の住宅の場合、壁の面積は2階建ての場合130㎡、3階建てだと150㎡が平均となっています。㎡当たりの単価が同じ業者に頼むと、3階建ては2階建てよりも費用が外壁面積の分高くなるということですね。

外壁の面積の平均は

  • 2階建て:約100~120㎡
  • 3階建て:約150~200㎡

です。平均して3階建ての方が外壁の面積が大きいということが分かりますね。絶対ではありませんが、2階建てより3階建ての方が面積が大きくなる分、多少価格は上がりやすくなります。

2,足場代が高くなる

壁面積は家によって違いがありますが、足場代は確実に2階建てよりも3階建ての方が金額が上がります。3階建ては2階建てに比べ1.5倍ほどの高さになります。といっても、金額が1.5倍になるということではないのでご安心ください。

足場代の相場は1㎡あたり900円から1,200円です。3階建ての場合高さがある分、足場をしっかり組まなくてはいけません。家の大きさにもよりますが、2階建ての場合大体20万円ほどが足場代の相場です。3階建ての場合プラス3万円ほどかかることが多いです。

足場の費用は建物の外周×足場の高さ×足場の単価で計算されます。(家よりも1辺あたり0.5mほど離して立てるので外周は+4m、高さは+0.5m)2階建ての平均的な高さは6m。3階建ての場合は8.5mです。高さの差は2.5mほどですのでそこまで費用が上がる訳ではないのです。

3階建ての外壁塗装の費用の相場は?

リフォームにかかる費用では、3階建ての戸建ての外壁塗装を行う場合、実際どのくらいの費用がかかるのでしょうか?相場を見てみましょう。

塗料の種類でも費用は変わる!

外壁塗装はその塗料の種類でも相場金額に大きな違いがあります。現在主流のシリコンだと単価は2,000円ほどですが、高機能なフッ素塗料や熱遮断塗料を使うと4,000円ほどになります。選んだ塗料によっては価格が倍も違ってくるんですね。

延べ床面積30坪3階建ての平均150㎡で塗料分だけを計算すると・・・

  • シリコン塗料      2,000円×150㎡=300,000円
  • 熱遮断塗料       3,500円×150㎡=525,000円
  • フッ素塗料       4,000円×150㎡=600,000円

となります。

外壁塗装は塗料の種類によって大幅に単価が変わる!特徴と単価のバランスが重要! 外壁塗装をする際、どんな塗料を選ぶのか悩む人は多いと思います。どんな色にしようかというのも迷うところですが、じつは重要なのは色よ...

高機能の塗料を使うとその分費用はかさみます。かといって安い塗料を使うのがよいかというと一概にそうとは言えません。その理由は後ほどご説明しますね。

3階建ての外壁塗装費用の合計はどの位?

外壁塗装にかかるのは、もちろん塗料の料金だけではありません。他には外壁が150㎡から200㎡の場合、だいたい下記の料金が加算されます。

足場代 13万5千円~24万円
3階建て分の足場代追加費用 3万円
養生代 4万5千円~10万円
高圧洗浄 1万5千円~6万円
下地補修 3万円~6万円
付帯部分塗装 12万円~20万円
その他補修費用 約6万円
諸経費 1万5千円~15万円
塗料 30万円~60万円
合計 75万円~150万円

2階建ての場合、シリコン塗料を使用した場合で70万円ほどですのでやはり3階建ての方が少し高くなりますね。

家の面積や周辺の条件によっても異なってきますので、詳しい金額は業者に見積もりを依頼してみてください。

【決定版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情
【保存版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情このページでは絶対に後悔したくない人のためのリフォーム会社の失敗しない選び方と、同時に必ず知っておかなければならない建築業界のウラ事情に...

費用を抑えることはできる?

やはり3階建ての外壁塗装は価格が高めですが、何とか費用を削減しようと相場以下の価格で交渉をすると、人件費を削減するために職人の人数を減らしたり、最終的な塗装全体のクオリティにも影響が出るので、安易な値下げ交渉はお勧めできません。

他に費用を抑える方法としては塗料を安いものにするということが考えられると思います。ですが、長期的な目で見ると必ずしも安い塗料にすれば節約できるとは言い切れません

高機能の塗料はそれだけ長持ちするものも多いです。外壁塗装では必ず足場代の費用が掛かってきます。ですからリフォームの回数を減らすというのが長期的に見ると節約につながります。高ければ高いだけいいという訳ではありませんが、耐久性なども考慮して納得できる塗料を選ぶことをおすすめします。

また、足場を組む回数を減らすという面では外壁と一緒に屋根の塗装やベランダの修復も行うというのもおすすめですよ!

屋根のリフォームにかかる費用はどのくらい?目安金額と事例をご紹介! そろそろ屋根のリフォームを考えなければいけないという時期に来たとき、一番気になるのはその費用についてですよね。なるべくなら費用を...

3階建ての外壁塗装を行った事例

最後に、3階建てで外壁塗装を行った実際の事例をご紹介しますね。施工会社によっても違いはありますが、参考にしてみてください。

築14年のサイディング外壁のコーキング改修と外壁塗装

作業前に外壁をチェックし、高圧洗浄を行ってからコーキング改修、外壁塗装を行っています。外壁だけでなく、雨樋やベランダの塗装も行っていますね。足場を組むだけでも費用がかかるので気になるところは一気にリフォームするというのもいいですね。

3階建て モノトーンで塗り替え

こちらの事例では茶系の外壁をモノトーンに塗り替えています。どうせ外壁塗装をするのであれば今までと色を変えるとイメージも変わりますね。雰囲気を替えたいという人にはおすすめです。

なお、こちらの事例でも外壁だけでなく屋根の塗装、ベランダの防水加工も同時に行っています。

お隣様といっしょに工事でコスト削減|東大阪市

こちらは同時期に隣同士の物件を購入した2家族で同時に外壁塗装を行ったというケースです。あまりない事例かもしれませんが、2軒を囲むように足場を組むことができるので1軒ずつ行うよりも足場代の節約になります。

気心知れたお隣さんがいて、条件が合う場合は一緒に行ってみるのもおすすめです。

他には、下記のサイトでも3階の外壁塗装の事例を見ることが出来ますよ。

まとめ

3階建ての住宅は外壁の面積が大きい、足場代に追加費用が掛かるなどの理由から2階建ての住宅に比べて外壁塗装の費用が高くなる傾向にあります。

選ぶ塗料など条件によって異なりますが、150㎡から200㎡でだいたい75万円から100万円程度です。2階建てとの差は5万円ほどですので思ったほどの差ではないのではないですか。

少しでも費用を節約するには、一時的な費用を抑えるよりも長期的な目で見てメンテナンスをしていくことがおすすめです。外壁や屋根などはリフォームをするたびに足場代がかかってしまいます。ですから外壁と屋根の塗装をまとめて行ったり、長持ちする塗料を使用したりすると、結果的に節約になると思いますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!