外壁

外壁の苔は掃除で除去できる?苔ができる原因は?

外壁の緑色の苔念願のマイホームを買って数年。気が付いたら外壁が汚れている!掃除しようとしたら苔のようなものが!とショックを受ける人も多いのではないでしょうか。

特に今までマンション暮らしだった人にとっては、外壁の掃除というのは未知のものですよね。

外壁に苔が生えてしまった場合、自分で除去することはできるのでしょうか?また苔の生える原因と生やさないための予防策についても見ていきましょう。

苔の除去は自分で出来る?掃除方法は?

コンクリート壁のひび割れと苔気が付いたら外壁にうっすら緑色の苔。まずは自分で何とかできないかな?と考えますよね。ですが、高いところなどは特に、どうやって掃除をしたらいいのか分からない人も多いでしょう。

そうやって放置している人も多いかもしれませんが、そのままにしておくのはNGです。放っておくとどんどん増殖してしまうので見た目が悪くなってしまうのはもちろん、家の寿命にも関わってきてしまうんです!

苔は水分を含み、保水する力があります。つまり、苔が生えていると建物は常に湿っている状態。壁面に水が染み込んでいってひび割れが起こったり、崩れやすくなったり、耐久性が下がってしまう原因になるです。耐久性が下がった壁ですと地震があった時などに心配ですよね。苔が生えたからといってすぐに壁がダメになるわけではありませんが、長年の蓄積で壁に影響が出てしまいます。

また、放っておけば放っておくほど掃除は大変になりますので、気が付いたときに対処するのがベストです。

自分で出来る外壁の掃除方法は大きく分けて3つあります。

  • ブラシで掃除する
  • 高圧洗浄機を使用する
  • スプレーで除去する

それぞれの掃除方法を見ていきましょう。

ブラシで掃除する

まずはブラシで掃除する方法です。比較的汚れが少ない場合はこちらの方法がおすすめです。

用意するものは

です。商品によって値段は変わりますが、5,000円ほどあれば用意することが出来ますよ。

手順は以下の通りです。

  1. 外壁に水をかける
  2. 洗剤をぬるま湯で薄める
  3. 薄めた洗剤を付けてブラシで掃除する
  4. 水で洗い流す

水をかけるだけで落ちる汚れもありますが、落ちない部分はブラシでこすりましょう。家の面積や汚れ具合によってかかる時間は変わってきますが、1日がかりになってしまう場合もあると思います。

ブラシで力を入れすぎてしまうと外壁を傷めてしまうので注意してください。力を入れすぎず、やさしく洗うのがポイントです。ただし伸縮ブラシを使うと力の入れ加減が難しく、全面同じようにきれいにするのは難しいかもしれません。

また、専用の洗剤ではなく、クレンザーなどを使用すると壁の劣化につながるのでNGです。

高圧洗浄機を使用する

洗剤とブラシを使っても落ちない場合は、家庭用の高圧洗浄機を使用するという手もあります。

高圧洗浄機は10,000円から30,000円で購入することができます。

ちょっと費用は高くなりますが、繰り返し使うことができることを考えると妥当な値段かと思います。

まずは水のみで洗浄してみてください。これでも大抵の汚れを落とすことができます。水だけで落ちない場合は先ほどご紹介した苔取り用の洗剤を使用してください。

高圧洗浄機を使用すれば、洗剤とブラシを使うよりも汚れが落ちやすく、作業も楽です。ですがデメリットもあります。

  • 音が大きい
  • 周辺に水が飛んでしまう

という理由でご近所トラブルになる場合もあるんです。隣の家と近い場合は注意が必要です。

また、高圧過ぎると外壁を痛めてしまうことがあるので、調整ができる場合は低めの圧力から試してみてください。業務用の高圧洗浄機では圧力が強すぎるので、家庭用のものを使用してくださいね。

スプレーで除去する

こちらのスプレーは外壁に吹きかけるだけで、苔を除去してくれるという効果があります。水洗いも必要ないので楽ですよね。

2階など手の届かないところは伸縮性のワイパーがついたモップにスプレーを噴射し、壁に塗るようにするといいですよ。

こちらの方法だと4,000円程度で苔を除去することができます。しかも放っておけばいいので手軽でいいですね。

ただし、苔はすぐに落ちるという訳ではありません。1日で落ちるという場合もあるようですが、基本的には2~4週間。場合によっては数カ月後に落ちるということもあります。

塗布してすぐに雨が降ってしまうと効果が出ないこともあります。中々落ちなさそうな場合は塗布してから1~2週間後にもう一度塗布すると効果がアップします。

2回行うという手間はありますが、まずはスプレーを試してみるのがよいと思います。

汚れがひどい場合は業者に依頼!

ハウスクリーニング道具自分で掃除をしてみたものの、上手くいかなかったという人も少なくありません。

例えば、高圧洗浄機を使うと汚れは落ちますが、使用した部分としていない部分で壁の色に差が出てきます。綺麗にしようと思うと外壁全体を掃除する必要があるんです。家の壁全体の掃除をするというのはなかなか大変ではないでしょうか。場所によってはどうしても届かないということもあると思います。

また、こまめに掃除をしていれば苔もすぐ落ちますが、長年蓄積した汚れを落とすのは大変です。

さらに、掃除をしても繰り返し苔が生えてくる場合は、内部まで苔が入り込んでいて、個人ではきれいに落とせないという可能性もあります。

こういった場合は、ハウスクリーニング業者などに依頼しましょう。

足場の組み立てや外壁の面積などによって費用は変わってきますが、だいたい30,000円から50,000円が相場です。自分で除去する場合と比べると費用もかさみますが、やはり仕上がりも違います。長年の汚れが蓄積している場合などは検討してみてください。

全国展開しているハウスクリーニング業者はこちらです。お近くに店舗がないかチェックしてみてください。

おそうじ本舗 | 店舗一覧
サニクリーン | TOPページ
おそうじ隊501 | 店舗一覧

外壁に苔が生える原因は?

うっすら苔が生えたレンガの外壁そもそも、なぜ外壁に苔が生えてしまうのでしょうか?

苔は風に飛ばされた苔の胞子が、外壁に付着することで発生します。そして水分や汚れ(苔の栄養分)を吸って成長していくのです。

苔はどこにでも生える可能性がありますが、苔が生えやすい壁、生えにくい壁が存在します。

  • 自然が多い
  • 風通しが悪い、湿度が高い
  • 直射日光は当たらないが明るい場所がある
  • デコボコが多い壁である

という状況の場合、苔が生えやすくなります。苔が生えやすい環境の場合、あらかじめ対策をしておくとよいでしょう。

苔を生やさないための予防策

新築で綺麗な住宅イメージ苔が生えないようにするには、まずはこまめに掃除をすることが大切です。苔やカビは高温に弱いため、45℃で死滅します。ですから、お湯に浸したタオルで月に1度ほど拭くと予防ができます。

とはいえ、年に1度ならまだしも、月に1度というのは結構な頻度ですよね。やろうと思っても続かないでしょう。私なら間違いなく続きません。。。(苔が発生しやすいのは梅雨の時期ですので、その前後に行うだけでも少しは違うかもしれません)

掃除の頻度を減らすには、業者にクリーニングを依頼したあと、光触媒塗料や 防藻、防カビ材入りの塗料を塗ってもらうという手もあります。塗料を塗っても絶対に苔が生えないということではありませんが、お手入れの頻度は少なくて済みますよ。

絶対に外壁に苔を生やしたくない!という場合は、思い切って苔の生えにくい壁にリフォームするという手もあります。

コンクリートやモルタルなどデコボコが多い壁は、凹みに苔の胞子や養分が溜まってしまうため、苔が発生しやすくなります。そして、掃除も大変ですよね。金属系のサイディングボードやタイルなどフラットな外壁にすると苔が生えにくくなります。

外壁を金属サイディングにするリフォームを行った場合は300万円ほどかかってしまいます。苔だけのために外壁をリフォームするというのは現実的ではないかもしれません。

ですが金属サイディングの壁は断熱性、防音性、耐震性に優れているなどのメリットもあります。耐震性に不安がある、家が寒いなどでお困りの方は検討してみるのも一つの手です。

まとめ

外壁の苔を自分で除去する方法は

  • ブラシで掃除する
  • 高圧洗浄機を使用する
  • スプレーで除去する

というものがあります。どれもメリット、デメリットがありますが、スプレーを使用する方法が一番楽で費用もかからないのでおすすめです。

ただし、外壁の掃除は思った以上に大変です。どうしても届かないところなどもありすべて均一にきれいにすることができないかもしれません。その場合はハウスクリーニング業者などに依頼してみましょう。費用はだいたい3万円から5万円ほどです。クリーニングをした後、防カビ入りの塗料を塗ってもらうと苔の予防にもなりますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!