外壁

外壁のひび割れの補修費用はどのくらい?自分で修理できる場合もある?

外壁の大きなひび割れ自宅の外壁に気が付いたらひび割れが!このままにしておくのは良くない感じがしますが、補修をするとどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

大きなひび割れは基本的に業者に依頼することになりますが、自分で補修できるひび割れもあるんですよ。

今回は外壁のひび割れの種類や原因、そして補修にかかる費用について見ていきましょう。

外壁のひび割れの種類と原因

外壁のひび割れ(クラック)には種類があります。種類によって補修の方法も変わってきますのでまずはどのような種類があるのか見ていきましょう。

外壁のひび割れには2種類ある!

まず、外壁のひび割れは大きく分けて2種類あります。

  1. 壁の表面(塗膜)に出来るもの
  2. 建物内部の構造の状態から塗膜に現れてくるもの

1は塗装に出来ているだけですので建物の内部は問題のない状態です。

ですが、2の場合は外壁材などにもひび割れが起こっている状態です。内部の状態が外に出てきているので、目に見えている部分以外にもひび割れが起こっている可能性があります。建物の強度が下がっている可能性もあるので放っておくと危険です。

ひび割れの種類はどう判断する?

ひび割れには大きく2種類あるというのが分かりました。どちらのひび割れなのかは、ひび割れの幅で判断することができます。ひび割れの状態や原因によって分類されているので見ていきましょう。

ヘアークラック

0.2mm以下(0.3mm以下とする場合もあり)の細かいひび割れのことです。髪の毛のように細いことからヘアークラックと呼ばれます。

経年劣化などにより表面の塗膜が乾燥しひび割れてしまった状態です。幅も狭く、表面のみのひび割れのため、雨水などが内部に侵入する心配はありません。

他には塗膜の乾燥時間が不適切であるなど施工の不備によってできる場合もあります。新築購入や、リフォームの直後に出来た場合は施工会社に連絡しましょう。

表面のひび割れはヘアークラックのみです。その他はすべて建物の内部に原因があるひび割れです。

乾燥クラック

モルタル材の外壁にできやすい幅の狭いひび割れ。モルタルとは、セメント・骨材(砂)・水を混ぜて作る外壁素材です。乾燥させ、硬化した後に塗装をしていきます。ですが、乾燥過程で収縮し、それが原因となってひび割れすることがあります。新築から数年で出来ることも。

縁切りクラック

こちらもモルタルの壁にできやすいひび割れです。モルタル材などの場合、通常一気に壁一面を仕上げます。ですが部分的にやり直したり、途中で中断したりするとそのつなぎ目の部分からひび割れが起こります。

構造クラック

内部側からの影響でひび割れが起こっている状態です。幅は0.3mm以上、深さが5mm以上の場合、構造クラックの可能性が高いです。

建物の構造的な欠陥があった場合や、地震、地盤沈下などの影響で発生します。建物の基礎の強度が低下しているので放っておくと建物を支えられなくなる可能性があります。

開口クラック

窓やドアなど開口部分の近くに出来るひび割れ。構造クラックの一種とも言われています。斜め方向にひび割れが出来ることが多いです。

地震などの影響で窓やドアなどの隅が歪み、その影響でひび割れが発生します。

外壁のひび割れは業者に依頼するべき?

外壁をチェックするヘルメットをかぶった専門業者の人外壁のひび割れには様々な種類があることが分かりました。ひび割れの種類によってすぐに補修が必要なものとまだ大丈夫なものがあります。

すぐに補修するべきひび割れとは?

基本的に0.3mm以下のヘアークラックの場合は、雨水が内部まで浸透することはないのですぐに補修をしなくても大丈夫です。ただし、ひび割れが進行していないのか定期的にチェックしておいた方がいいでしょう。

ひび割れが幅1mm以上になったら、雨水などが内部に入り込んでしまう可能性が高いです。放っておくと内部の構造体が腐ってしまい大規模な補修が必要になります。はやめに補修をしましょう。

特に3mm以上になるとかなり進行しているので、早急に補修を行いましょう!

DIYで補修出来るひび割れは?

壁のひび割れというと業者に依頼しなくてはいけないという感じがしますが、自分で補修できる場合もあります。

ただし、自分で補修するのは幅1mm以下の細いひび割れだけにしておきましょう。それ以上のひび割れは家の構造部分にも影響が出ている場合があります。ひび割れの状態は素人では判断がつきにくいです。一度業者に診てもらってから、自分で補修するか、補修を依頼するか判断したほうが安心ですよ。

細かいひび割れの補修は1,000円ほどで出来ますので、DIYに自信がない人でもまずは試してみてはいかがでしょうか?

外壁のひび割れ
外壁のひび割れは自分で補修できる?DIYの方法は?新築を買ってまだ数年しか経っていないのに、外壁にひび割れが!見た目はもちろん気になりますが、このまま住んでいて大丈夫なのかと心配になる人...

業者に依頼すると費用はどのくらい?

外壁補修の費用はいくらぐらい?外壁のひび割れを放っておくと家の寿命にも関わってきます。1mm以上のひび割れの場合は、業者に依頼して補修してもらいましょう

業者に依頼するとなると費用はどのくらいかかるのかというのが気になりますよね。

ひび割れの補修は、

  • 壁の面積
  • ひび割れの状態
  • 塗装の種類
  • 足場の必要性

などによって費用が変わってきます。

ひび割れの補修だけで済む場合もあれば、コーキング(外壁の隙間を埋めるゴム状のパッキン)の打ち換えや外壁の塗装が必要になってくる場合もあります。また、外壁の耐久性を高めるため、洗浄を行うこともあります。

それぞれ費用の目安を記載しますので参考にしてください。

ひび割れ修理のみ 数万円から十数万円
コーキング(シーリング)の打ち換え 20~80万円
外壁の塗装 80~150万円
高圧洗浄 2~5万円
足場代 15~20万円

場合によっては高額な出費になってしまうこともあります。ですが放っておくと危険なひび割れもありますので早めに修理しましょう。

外壁のひび割れの補修工事は、リフォーム会社や工務店などで行うことができますよ。業者の探し方はこちらのページを参考に。

【決定版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情
【保存版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情このページでは絶対に後悔したくない人のためのリフォーム会社の失敗しない選び方と、同時に必ず知っておかなければならない建築業界のウラ事情に...

まとめ

外壁のひび割れは

  • 表面の塗装がひび割れているもの
  • 建物の内部の状態によって表面がひび割れたもの

の2種類があります。表面のみのひび割れの場合はあまり心配ありません。

ですが建物の内部からくるひび割れの場合、補修が必要になります。放っておくと家の内部に雨水などが侵入し、腐ってしまう恐れがあります。

ひび割れはDIYで補修できるものもありますが、素人では内部の状態を判断しにくいのでまずは業者に診断してもらいましょう。

業者でひび割れの補修を行った場合、費用は状態によって大きく変わります。数万円で済む場合もあれば数百万かかることも。出費は大きいですが放っておくともっと大規模な補修が必要になってしまいます。気が付いたときにしっかり補修しておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!