リフォームローン

リフォームローンの金利の相場はどのくらい?適正なプラン選びで返済負担を減らそう!

リフォームローンの金利の相場はどのくらい?適正なプラン選びで返済負担を減らそう!

 

住宅に関わるローンはその金額の大きさから、ほんの少しの金利の差が返済総額の大きな差に繋がってしまいます。自分の生活に合った適正なローンのプラン選びをする上で、金利は大切な情報の一つです。

 

今回は、リフォームローンの相場はどのくらいなのか、どういったプランを選べば返済の負担を減らしていけるのかについてお話していきます。

リフォームローンの金利は高い?それとも低い?

リフォームローンと聞くと、その名称だけで住宅ローンよりも金利が高いイメージを持ちがちです。しかし実際には、ローンを組む際のプラン内容と金融機関によって金利はまちまちなようです。

 

金利が高くなるローンの内容としては・・・
[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 担保が必要ない
  • 借入期間が短い(10年以内)
  • 大手銀行の窓口対応のリフォームローン

[/imglist]
といったような条件が挙げられます。

 

逆に金利が低くなるローンの内容では・・・
[imglist icon=”check1″ color=”orange”]

  • 担保が必要
  • 団体信用生命保険や火災保険への加入が必要
  • 借入期間が長い
  • ネットや郵送のみで手続きが完了するもの

[/imglist]
このような特徴が見受けられます。

 

また、ローンの金利を低くする方法もいくつかあります。
[imglist icon=”arrow3″ color=”orange”]

  • 固定金利ではなく変動金利を選ぶ(※金融情勢によってどちらが有利なのかは変わります)
  • 省エネや耐震リフォームをする場合には、それらによって金利を優遇してくれるプランのある金融機関を選ぶ
  • JAやろうきんなどの組合員になってからローンを組む

[/imglist]
こういった工夫でも金利を低く抑えることは可能ですので、リフォームローンを組む場合にはじっくりと各金融機関のプランを比較検討する必要があります。

気になる金利の相場は?

リフォームローンの金利相場はどのくらい?

 

では肝心の金利の相場についてですが、金利は変動なのか固定なのか、担保の有無によっても変わりますので様々なパターンでご紹介します。

 

[normal_box color=”orange” border=”b2″]◆変動金利の相場・・・3.00%~4.50%

 

◆固定金利の相場・・・4.00%~5.00%

 

◆担保有りの相場・・・1.00%~3.00%

 

◆金利優遇有りの相場・・・2.00%~3.00%[/normal_box]

 

リフォームローンの金利は高い方から「全期間固定>変動>金利優遇有り>担保有り」というように並べることができます。

自分に合ったリフォームローンの選び方

最後に、タイプ別にみるリフォームローンの選び方についてご紹介します。金利だけではなく借入金額や期間、借り入れ方法なども念頭に入れ、バランスのいいローンを選ぶ参考にしてみて下さい。

借入金額が少ない方は

借入する金額が少ない方は、審査が早く金利も低いネットバンクのリフォームローンや、ネットだけで手続きが完結するタイプのローンを選ぶとお得に借り入れが可能です。

 

例)イオン銀行の「イオンアシストプラン」や三菱UFJ銀行の「ネットDEリフォームローン」等

 

[normal_box color=”green” border=”b2″]【参考】

リフォームローンの内容を知りたい!イオン銀行のリフォームローンを徹底解説!

リフォームローンの内容を知りたい!三菱東京UFJ銀行リフォームローンを徹底解説![/normal_box]

 

デメリットとしては借入期間が短いことがある他、場合によっては金利が割高になることもあることが挙げられます。よくプランを検討し不明な点は金融機関に問い合わせるなどしてじっくり考えてから申し込むことをお勧めします。

とにかく早急に資金が必要な方は

とにかくすぐに資金が必要で、短期間で審査が完了するリフォームローンを検討している方は、クレジット会社によるリフォームローンをおすすめします。

 

例)オリコの「マイティエール リフォームプラン」等

 

[normal_box color=”green” border=”b2″]【参考】

リフォームローンの内容を知りたい!オリコのリフォームローンを徹底解説![/normal_box]

 

金利は高めで借入期間も短くなりますし、借り入れできる金額も少ないというデメリットはありますが、他の金融機関よりも審査に要する期間が短く、すぐに資金調達が可能です。

なるべく低い金利で借り入れしたい方は

出来るだけ低い金利で、返済総額を少なく抑えたい方には公的機関のリフォームローンや、有担保型のリフォームローンがおすすめです。

 

例)住宅金融支援機構のリフォームローンやりそな銀行の大型リフォームローン等

 

[normal_box color=”green” border=”b2″]【参考】

リフォームローンの内容を知りたい!住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のリフォームローンを徹底解説!

リフォームローンの内容を知りたい!りそな銀行のリフォームローンを徹底解説vol.2[/normal_box]

 

こちらは借り入れ要件などが細かいので、申し込みの際には借入要件を満たしているのかどうか再度確認が必要になります。

まとめ

リフォームローンの金利は、様々な角度から比較検討することが出来るということが解りましたね。

 

後悔なくリフォームローンを借りる為には、勢いや独断ではなく家族や金融機関の職員、リフォームの工事業者等から色々な意見を取り入れて自分に一番合うプランで借り入れすることをおすすめいたします。

 

[normal_box color=”black” border=”b2″]リフォームローンを一覧で比較するならこちら:

リフォームローンの金利を比較しよう!ローンのよくあるQ&Aも解り易く解説!

大手リフォーム会社の比較はこちら:

リフォーム会社は大手が安心!?主要10社を比較![/normal_box]

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!