キッチン

キッチンをリフォームして食洗器を導入したい!!ビルトインで後付けもできる?

毎日の食器洗いの時間、面倒だと感じる人も多いでしょう。省略のために食洗器を導入する人もどんどん増えてきています。

導入してみたい!とは思っても、導入するのにどのくらいの費用が掛かるのかなど気になりますよね。今回はキッチンをリフォームして食洗器を取り付ける費用や食洗器の種類を見ていきます。

食洗器の種類

食器洗浄機、通称食洗器には大きく分けて2つのタイプがあります。

シンクの脇などに置く据え置きタイプとキッチンの一部に埋め込むビルトインタイプです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

据え置きタイプ ビルトインタイプ
メリット
  • 設置や買い替えが楽
  • 賃貸でも設置可能
  • 比較的安価
  • シンクや作業スペースが広く使える
  • 音や振動が気にならない
  • 食器の出し入れが楽
  • 洗浄力や耐久性も強い
デメリット
  • シンクなどに置くので作業スペースが狭くなる
  • 音や振動が気になるケースが多い
  • 洗浄力が弱い
  • 少人数向けが多い
  • 初期費用が掛かる
  • 賃貸では取り付け不可

メリット・デメリットを見るとビルトインタイプの方が性能がいいことが分かりますよね。据え置きタイプはあくまで簡易的という感じがします。持ち家で引っ越しの予定がない方は多少初期費用が掛かっても使い勝手のいいビルトインタイプがおすすめですよ。(実際どのくらいの費用が掛かるのかは後半で)

システムキッチンのリフォームをする際にオプションで取り付けることができますよ。今まではビルトインタイプの食洗器を取り入れるにはシステムキッチンごと交換しなくてはいけなかったのですが、既存のスペースを使ってビルトインタイプを導入することも可能になりました。

シロ
シロ
うちは古いキッチンで据え置きタイプを使ってるけど、かなり場所取るし音うるさいし、できればビルトインを導入した方がいいね…!

食洗器の取り付けリフォーム

続いて、食洗器の取り付け方法を見ていきましょう。工事は必要になるのでしょうか?

据え置きタイプの場合

据え置きタイプの食洗器はタンク式分岐水栓というの2種類の水の供給方法があります。

タンク式というのは文字通り、本体にタンクが付いていて水を供給して使うタイプです。こちらは工事不要で電源とアースさえ差し込めば使用可能です。

分岐水栓というのはこちらです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥8,373
(2021/04/21 04:50:28時点 Amazon調べ-詳細)

既存の水栓を分岐させ、食洗器に水を送る部品です。こう見ると難しい工事が必要な感じがするかもしれませんが、自分で取り付けることも可能です。工事を依頼すると10,000円ほどかかってしまうので(参考)この費用が浮くのは嬉しいですよね。

分岐水栓の取り付け方はこちらのページが参考になりますよ。できそうだと思う方はぜひトライしてみてください。

ビルトインの場合

ビルトインタイプの場合は工事が複雑になるので業者に依頼しましょう。

設置の工程は以下の通りです。

  1. 食洗器を設置する場所のキャビネットを撤去
  2. 給排水管を分岐する
  3. 給排水管と食洗器をつなぐ
  4. 本体を設置する脚ユニットを設置し、食洗器を固定する
  5. 電源を入れる

ビルトインタイプの場合、システムキッチンの内部で給排水管や電源とつなげなくてはいけません。近くにコンセントがない場合、電気工事が必要になることもあります。また、キャビネットの加工工事が追加される場合もありますよ。まずはリフォーム会社などに見積もりを出してもらいましょう。

キッチンに食洗器を導入する費用は?

食洗器を導入するのは本体価格+工事費用が掛かります。据え置きタイプ、ビルトインタイプそれぞれどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

商品によっても費用は大きく変わりますのでいくつか商品も紹介していきますね。

据え置きタイプの場合

据え置きタイプの場合以下の費用がかかります。

  • 本体価格:3~7万円(参考
  • 分岐水栓:5,000円~15,000円(参考
  • 工事費用:10,000円程度(参考

合計で4万円~95,000円程度です。据え置きタイプの場合は自分で取り付ける方も多く、その場合工事費用は掛かりません。タンク式の場合は本体価格のみなので3~7万円ですよ。

工事を依頼する場合、据え置きタイプの場合はリフォーム会社ではなく、購入した電気店や、便利屋などに相談するといいでしょう。

おすすめの食洗器はこちらです。

最近ではビルトインが主流になり、据え置きタイプの食洗器は縮小傾向です。大手メーカーで取り扱っているのはPanasonicくらいなんです。

Panasonicの食洗器は評判がいいので残るべくして残ったという感じですね。こちらの食洗器は50度以上のお湯を使って洗浄するストリーム除菌洗浄を採用。頑固な汚れもしっかり落ちます。5人家族の1日分の食器を一度に洗えるほどの大容量なのもポイント!

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥27,980
(2021/04/21 04:50:29時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは3人用の食洗器。名前の通りコンパクトなタイプです。サッと洗うスピーディーコースなどもあるのでこまめに使用したい人にもおすすめです。

こちらは分岐水栓とタンク両方が使える2WAYタイプです。一度に洗える食器の目安は16点と少ないので、1~2人暮らしの方におすすめです。

シロ
シロ
選択肢は少ないけど、安く導入できるのがメリットだね!

ビルトインタイプの場合

ビルトインタイプの場合は、業者が取り付けるケースが多いので、本体と工事費がセットになっている場合が多いです。新規で取り付ける場合は工事費込みで約9~50万円、交換の場合は8~40万円というのが相場です。(参考)やはり据え置きタイプより高いですね。食洗器のグレードによって費用は大きく変わってきますよ。

また、場合によって

  • 給排水管工事
  • コンセントの増設
  • 食洗器付近の収納の交換

などが追加になる場合もあります。+1~8万円かかることも。工事費用がどうなるのかは家の状態によって変わってくるので業者に相談してみましょう。

ビルトインタイプのおすすめの食洗器はこちら。

食器の出し入れのしやすいスライドオープンタイプの食洗器です。フライパンなどの大物も余裕で入るのが魅力的。

汚れ具合や食器の量によって洗剤の量を自動調節してくれる機能も。ものすごい高額という訳ではないですが多機能でいいですよね。

リンナイの食洗器は「タワーウォッシャー」という独自のシステムを採用しています。ノズルが360度回転し、上下にも伸びるので小物などもしっかり洗えるのがポイントです。

食器の出し入れもスムーズですよ。

初めにシャワーミストをかけてから洗浄するので付けおき洗いのような効果が期待できる食洗器です。

内部のカゴが色分けされていたり、腕に負担をかけずに開閉できるので年配の方やお子様が使用する家庭にもおすすめです。

シロ
シロ
他に有名どころだとミーレがあるね。値段が高いけど評判はいいから一度チェックしてみるといいかも。

まとめ

食洗器は大きく分けて据え置きタイプとビルトインタイプの2つに分かれます。

ビルトインタイプは取り付け工事が必要で初期費用がかかりますが、性能や使い勝手を考えるとビルトインタイプがおすすめです。実際、据え置きタイプは縮小傾向になっていてビルトインタイプが主流になっています。

持ち家で引っ越す予定がない方はビルトインタイプを導入してみてはいかがでしょうか。システムキッチンのリフォーム時はもちろん、現在は食洗器の取り付け工事のみも可能ですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!