キッチン

キッチンを移動するリフォームまとめ。レイアウト変更から大規模移動まで

キッチンを使いやすくリフォームしたい、と考えた時、キッチンを移動させたいと考える人も多いでしょう。

壁付けから対面、独立からオープンキッチンなどのちょっとした移動から、キッチンの場所そのものを移動させる大規模リフォームまで見ていきましょう。

キッチンの移動リフォームにかかる費用

キッチンを移動させる場合、キッチンの本体価格以外に下記の費用がかかってきます。

  • 排水管・ダクト・ガス・電気などの工事費用:15~30万円
  • 床や壁などの内装工事:4~25万円
  • 養生、廃材処分など:10~50万円

移動距離が伸びれば伸びるほどこれらの費用は上がります。キッチンのリフォームを検討する時は、本当に移動が必要なのかよく考えてから決定してくださいね。

場所によってはそもそも配管が伸ばせないということもあります。マンションの場合は特に移動できる距離に限界があるので注意しましょう。

中でも特に問題になるのは配水管です。配水管は水を流すために勾配を付けて設置する必要があります。勾配をつけるためには床下に一定の高さが必要になります。キッチンの移動距離が長くなると勾配がつけにくくなり、移動ができないことも。また、排水管を伸ばすことで水漏れのリスクも高くなってしまいます。

一軒家でもマンションでも、まずは移動したい場所をリフォーム会社に相談してみてください。

マンションでキッチンリフォームをお考えの方はこちらの記事もどうぞ。

キッチンのリフォーム、マンションだとどこまでできる?費用や事例をご紹介! マンションのリフォームは戸建てに比べると自由度が下がります。 キッチンのリフォームの場合もそれは同じ。マンションのキッチン...

リフォームよりキッチンの移動が目的の場合、既存のキッチンをそのまま使えないかと考える人もいると思います。既存のキッチンをそのまま移動させることも可能ではありますが、あまりおすすめしません。

キッチンは消耗品です。いつかまたリフォームをしなくてはいけないですし、本体を交換しなくてもリフォーム費用は大きく変わらないからです。まだ数年しか使っていないという場合は検討してもよいかもしれませんが、基本的には新しいキッチンに交換する方がよいと思いますよ。

レイアウト変更に伴う移動リフォーム

まずは、今ある場所から大幅に移動させずに、向きを変える、ちょっとだけずらすというケースから。

ちょっと動かしただけでも生活動線が変わり、使い勝手が劇的に改善されることも。キッチンを壁付から対面にするなど、レイアウトを変えるときも移動リフォームになります。

少し動かすだけでしたら排水管・ダクト・ガス・電気などの工事費用が発生しない場合もありますので比較的安価で済むでしょう。マンションでもリフォーム可能なことが多いです。

実際にキッチンをちょこっと移動させたリフォーム事例を紹介していきますね。

Y様邸|LIXIL

費用:70万円

壁付きだったキッチンを対面に変更した事例です。壁紙、床も変更しているのでガラッと雰囲気が変わっていますね。

壁付のL字型キッチンを対面にリフォームした事例です。収納スペースも増え、すっきりしたキッチンに。

静岡県 Tさんのリフォーム実例|SUUMO

費用:800万円(フルリノベーション)

築30年のマンションをスケルトンリフォームした事例です。ペニンシュラタイプのオープンキッチンは向きを変え、アイランドキッチンになりました。

独立型で暗かったキッチンをアイランド型に変更。将来はカフェを経営したいという夢も見据えたリフォームです。

高齢の両親と猫と一緒に暮らすためバリアフリーを意識したリフォームをされた事例です。スケルトンリフォームをされていますが、キッチンは壁付けから対面への移動ですよ。

どんなレイアウトのキッチンにしたい?キッチンのタイプについて詳しくはこちら。

対面キッチン、アイランドキッチンetcキッチンのタイプ別特徴まとめ キッチンのリフォームをする時、どんなキッチンの形にしようか悩みますよね。 対面キッチン、アイランドキッチン、L型など、キッ...

キッチンの場所そのものを移動させる大規模リフォーム

続いては大規模リフォームについて見ていきましょう。

キッチンの場所を移動させる場合は既存のキッチンの場所、移動させる場所の最低でも2か所内装リフォームなどが発生するので費用は一気に上がります

実際にはキッチンだけを移動させるというよりも、家の全体的なリフォームの際にキッチンも移動させるというケースが多いですね。

キッチンを移動させたリフォームについて見ていきましょう。

I様邸|LIXIL

費用:133万円

洋室だった部分をキッチンに変更した事例です。北側だったのですが、対面にしているので暗さは気にならないですね。

キッチンの隣にあった和室を含めて広々としたLDKにリフォームした事例。キッチンは壁付からペニンシュラタイプに変更し移動もしています。

和室をなくし、LDKを大幅にリフォームした事例です。奥様のご要望でL字型のキッチンにカップボードを組み合わせてU型に。

こちらもLDKを大幅リフォームし、キッチンも移動した事例です。みんなが自然と集まる広々としたLDKが完成しました。

壁付だったキッチンを大幅に移動させて対面に。ナチュラルで明るい雰囲気のLDKになりました。2階部分はスケルトンリフォームしています。

階を移動させるリフォームはできる?

戸建ての場合、キッチンを1階から2階、2階から1階など階を移動させたいと考える人もいるでしょう。

階をまたぐリフォームは配管工事が複雑になる可能性が高いので、費用が高額になります。階の移動をしたいけれど、できるだけ費用を抑えたいという方は今ある場所の真上、もしくは真下に設置すると比較的抑えることができますよ。

日当たりの良さを気に入って購入した一軒家ですが、1階は日当たりが悪かったということで1階と2階を入れ替えた事例です。場所は元の場所からそれほど動かしていません。

Y様邸|LIXIL

費用:120万円

1階にあったキッチンを2階に移動。L字型のキッチンなので存在感がありますね。収納も多くとっているので使いやすくなりました。

こちらは全面リフォームをした際に、キッチンを2階から1階に移動させています。キッチンからすぐに洗面、浴室にも行けるので家事がしやすくなりました。

まとめ

キッチンを移動させる場合、移動距離が長いとその分費用も高くなる可能性が高いです。特にマンションの場合は大幅な移動はできないこともありますので事前に確認しましょう。

キッチンのレイアウト変更などに伴い少しだけ移動させる場合は、排水管・ダクト・ガス・電気などの工事費用が発生しないこともあります。

キッチンを移動させるとどうしても費用がかさむので本当に移動させた方がいいのか慎重に検討してみてください。

リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!