キッチン

対面キッチン、アイランドキッチンetcキッチンのタイプ別特徴まとめ

キッチンのリフォームをする時、どんなキッチンの形にしようか悩みますよね。

対面キッチン、アイランドキッチン、L型など、キッチンのタイプは様々あります。たくさんあるのでどれがどのタイプなのか、あやふやになっている方もいるかもしれませんね。

今回はキッチンのタイプの解説とそれぞれの特徴をご紹介します。あなたにとって使いやすいキッチンはどんなタイプなのか考えてみてください。

キッチンのタイプ

キッチンのレイアウトの選び方は3種類あります。

  1. リビングから独立しているか
  2. 対面か非対面か
  3. キッチンの形

それぞれを組み合わせて自分に合ったキッチンを作っていくことになります。

1,独立型・オープン・セミオープン

リビングからどのように見えるかどうかは3つのタイプに分かれます。

独立型

独立タイプのキッチン

3方向が壁に囲まれたキッチン。クローズドキッチンとも呼ばれます。キッチンが1つの部屋のように独立した空間になっています。

リビングなどからキッチンの様子が見えないので作業に集中しやすいです。キッチンのニオイや汚れがリビングに届かないのもポイント。ですがちょっと孤独になるというデメリットもありますね。凝った料理を集中して作りたい方などにはおすすめのタイプです。

オープン型

オープンタイプのキッチン

オープン型=対面キッチンというイメージがあるかもしれませんが、そうとは限りません。オープン型はリビングやダイニングとの間に仕切りがなく、一体化した間取りのことです。昔ながらのキッチンもじつはオープン型ですね。

リビングや他の部屋の様子が見えやすいのがメリットです。配膳も楽ですね。ですが、ニオイや汚れが部屋に広がってしまうというデメリットも。

さらに、リビングから丸見えになるので整理整頓が苦手な方には不向きです。

セミオープン型

セミオープンのキッチン

セミオープン型はオープン型のように部屋の一部にキッチンがありますが、壁や吊戸棚などを使って少し間を仕切ります。

キッチンからリビングが見渡せますが、リビングからキッチンの死角もあるので見せたくない物はみせないで済みますよ。また、ベビーゲートなどを使えば子どもやペットの侵入を防ぐことも可能。見守りもできて侵入を防げるので、小さなお子さんがいる方におすすめのタイプです。

最近では一番多いタイプではないでしょうか。我が家もこのタイプです。

シロ
シロ
人気はやっぱりセミオープンだよね!上の写真は対面式(ペニンシュラタイプ)のI型になるよ。

2,対面か非対面か

続いて対面か、非対面か。

対面キッチンとはどういうキッチンなのかというと、リビングのほうに向かって設置されているキッチンのことを言います。壁に向かっているキッチンは非対面ですね。

対面キッチンは2種類に分かれます。

ペニンシュラタイプ

キッチンの脇を壁に付けたキッチンのことです。セミオープンにしたい場合はこちらがおすすめです。

ペニンシュラタイプの方が省スペースで設置でき、費用も抑えられますよ。

アイランドキッチン

キッチンが壁に接していない、島のようになっているキッチンのことです。カフェやバーのようにオープンな空間にしたい方におすすめです。

広いキッチン、リビング空間に設置することが多いです。

シロ
シロ
アイランドはカッコいいけど、大きな空間がないと中々難しいよね…。丸見えになるから片付け苦手な僕には無理だ…。

3,キッチンの形を選ぶ

続いてキッチンの形について。

キッチンの形は

  • I型
  • Ⅱ型
  • L型
  • U型

というタイプに分かれています。キッチンの形はキッチンの使いやすさに大きな影響があります。それぞれの特徴は次の章でご説明しますね。

同じI型でも独立型にするか、オープンにするかによって印象は大きく変わってきます。どの組み合わせが自分にとって使い勝手がいいのか考えてみてくださいね。

キッチンの形の違い

I型、L型、アイランドキッチンなど、キッチンの形によってどんな特徴があるのか見ていきましょう。

I型

リフォーム費用の相場:50~150万円(参考

I型のキッチンとは、シンクやガスコンロが一列に並んだキッチンのことです。最もメジャーなタイプのキッチンですね。

省スペースでも設置できますし、費用も比較的安価です。I型のキッチンは種類も豊富ですよ。リビングに向けて設置すれば対面キッチンになります。

I型=安いというイメージがあるかもしれませんが、壁付から対面に変更するなど移動を伴う場合は費用が少し高くなります

こちらのブログではI型のキッチンからI型のキッチンにリフォームした体験談が載ってますよ。

Ⅱ型

リフォーム費用の相場:120~170万円(参考

Ⅱ型のキッチンはI型の進化系。I型が2列になっているタイプです。1列はカウンターのみでもⅡ型といいます。作業スペースが大きくとれるのに比較的狭いスペースでも設置可能なのがポイントです。料理やお菓子作りが好きという方におすすめのタイプです。

ちなみに我が家はキッチンは壁付、カウンターを部屋側に設置し、セミオープンのペニンシュラタイプの対面キッチンにしています。壁付の方が部屋にニオイや汚れが届かないと思いこのタイプにしましたが、結果的に費用も安く抑えられましたよ。

Ⅱ型を使っている方の参考になるブログが見つからなかったので少し私の感想を。Ⅱ型はやはり作業スペースが広くなるので使い勝手がいいです。収納スペースも広くなるのですっきりしたキッチンにしやすいと思いますよ!

ちょっと分かりにくいのと、生活感がありありで申し訳ないのですが、我が家のキッチンはこのような感じです。

筆者キッチン1 筆者キッチン2

キッチンはガスコンロ、シンク、冷蔵庫が三角形になるように配置されていると使いやすいと言います。ですから片方にシンク、もう片方にガスコンロにするセパレートキッチンにすると使い勝手がよくなりますよ。(とはいえ実際は片側はカウンターという家庭が多いと思います)

シロ
シロ
キッチンの形はもちろんだけど、シンクやコンロ、冷蔵庫の位置を考える方が実は毎日の使い勝手には重要なのかも…?

L型

リフォーム費用の相場:54万円~200万円(参考

L型のキッチンは、ガスコンロ、シンク、冷蔵庫が自然と三角形になる間取りが多く使い勝手がいいキッチンです。どちらかの面をリビングに向ければオープンキッチン、セミオープンキッチンにもなりますよ。

ですがL型はI型やⅡ型に比べて広いスペースが必要になります。食器を置くスペースがなくなったり、リビングが狭くなってしまったりということもありますので、全体のバランスを考えて決定してください。

L型キッチンを使っている方のブログはこちら。

U型(コの字型)

リフォーム費用の相場:250~300万円(参考

U型(コの字型)タイプは、文字通りU字のように3面使用するキッチンのことです。こちらも三角形にレイアウトしやすいので使い勝手のいいキッチンです。作業スペースも広いので料理好きな方にはうれしいですね。

ですがL型よりもさらに一列増えるのでかなり広いスペースが必要になります。

こちらのブログではU型キッチンの収納について書かれているので参考にしてみてください。

まとめ

キッチンレイアウトに関する用語は多いので分かりづらいですよね。

まずは『独立』『オープン』『セミオープン』の3種類。

続いて対面か非対面か。対面の場合は『ペニンシュラタイプ』『アイランドキッチン』の2種類があります。

そして、I型、Ⅱ型、L型、U型という形に分かれています。

どのタイプが使いやすいのかはキッチンの使用頻度や家族構成、家全体の広さによっても変わってきます。自分にはどんなタイプのキッチンがいいのかじっくり考えて見てくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!