防災情報

迫りくる台風、家の中への浸水を防ぐには!?自分でできる対策をご紹介

近年、温暖化の影響で台風や豪雨による浸水被害が増えています。「自分の家は大丈夫?」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

「まだ大丈夫だろう」と思っているうちに短時間でかなり水位が上がる場合もあり、雨が降り出してから準備するのではとても危険です。普段からしっかり準備をして、豪雨に備えましょう!

日頃からできる準備

台風が接近しているときではなく、普段からできる備えもあります。さっそくチェックしましょう!

浸水のリスクを知ろう

まず、自分の住んでいる地域の浸水リスクを知ることから始めましょう。住んでいる土地が、次の条件に当てはまる土地は要注意です。

  • 近くに大きな川がある
  • 低い土地
  • 過去に水害が起きたことがある

国や自治体が作成しているハザードマップで確認すると、より確実!川が氾濫したときに浸水が予想されるエリアと浸水の深さを調べることができます。

自分が住んでいる地域に浸水のリスクがあることを知ると、ドキッとするものです。危機感が生まれて対策にも身が入りますね。

排水経路の清掃

自宅付近の側溝に泥、砂、落ち葉、ゴミなどが溜まっていると、雨水が地下に排水されず玄関からの浸水の原因になります。

ベランダの排水溝や雨樋が汚れて詰まっていると、ベランダに雨水が溜まり窓やベランダのつなぎ目から壁や天井に浸水する可能性も!

きちんと掃除して、雨水の排水経路を確保しておきましょう。

浸水箇所を確認

家の中の浸水してくる可能性がある場所をチェックしておきましょう。

  • 玄関…玄関ドアと道路の高さが同じくらいの場合は要注意
  • ベランダ)…基礎が低い家では窓から浸水する可能性も
  • 駐車場…半地下は車が水没する可能性あり

自宅で浸水のリスクが高い箇所はどこか意識しておけば、台風や豪雨が迫ったときに迅速に対応できます。

浸水を防ぐ方法

いざ台風や豪雨で浸水する可能性が高まったときの対策をご紹介します。

土嚢・水嚢

土木工事などで使用する土嚢(どのう)を積み上げて、浸水を防ぎます。
土や砂を集めるのが難しい都市部では、土の代わりに水を使う水嚢(すいのう)もよく利用されています。

土嚢・水嚢は浸水を食い止めるのに効果があることが分かっています。

土嚢・水嚢袋がない場合は、家にある普通のビニール袋で代用できます。
レジ袋で作れば、お風呂の排水溝やトイレの逆流防止にも役立ちそうですね。

家庭用ゴミ袋を使った水嚢の作り方|FNNプライムオンライン
ゴミ袋に水を入れて、空気を抜いて口を結ぶだけ!

広範囲に水嚢を置きたいときは、ダンボールブルーシートを一緒に使う方法がおすすめ!水嚢が動かず安定しています。

防水テープ・シート

テープが貼り付けられる場所は、防水シートで開口部を覆って、浸水対策することもできます。洗って繰り返し使えることと、畳めばコンパクトに収納できるのも嬉しい点ですね。

ドアや窓の隙間に貼る防水テープも有効です。貼る箇所の水分を拭き取って、空気が入らないようしっかり密着させましょう。

止水板

駐車場や門扉など開口部が広いところには、板で水を堰き止める止水板が便利です。

シートタイプの止水板もあります。

大きな板状のもので代用することもできます。緊急時はベニヤ板や畳、戸板などで即席の防水ゲートを作って、浸水に備えましょう!

排水ポンプ

門扉や駐車場からの浸水対策をしていると、降った雨が庭に溜まってしまうことがあります。
家庭用の排水ポンプがあれば、庭に溜まった水を排水することができます。雨水には泥やゴミなども含まれているので、汚水用を使いましょう

浸水対策のタイミング

台風が来るのが分かっても、どのタイミングで水嚢を積んだりテープを貼ったりすればいいのか悩みますよね。浸水対策のタイミングの目安をご紹介します。

対策グッズは普段から準備

台風接近の直前は、浸水対策グッズが品薄になります。ビニール袋ブルーシートなどは普段からも役立つものですので、いざという時に切れていることがないよう、しっかり普段からストックしておきましょう。

浸水対策は雨が降り出す前に

既に水が溜まっている状況では水嚢や止水板の効果が半減する上、大雨の中での作業は危険です。防水テープも、濡れている面に貼ると効果が低下します。浸水対策は雨が降り出す前に完了しておきましょう。

ただ、玄関ドアや駐車場を塞ぐと、人や車の出入りができなくなってしまいます。家族全員が家の中に入って、外出の必要がなくなったタイミングで浸水対策しましょう。

避難も念頭において

あまりにもひどい豪雨の場合は、対策を講じていても浸水することがあります。その段階になると、周辺も避難が難しい状況になっているでしょう。

浸水対策はあくまでも「もしかしたら浸水するかも」という状況に備えてのもの。高い確率で浸水が予想される場合は、自宅以外の場所に避難することも頭に入れておきましょう。

まとめ

普通の日常生活を送っていると、まさか自分が住んでいる地域が、自分の家が浸水するとは思わないものです。

住んでいる地域の浸水リスクを知って日頃から備えておけば、いざというときに冷静に対応できます。大切な命を守るために、今から準備しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!