雨漏り対策・修理

台風で窓やサッシから雨漏りが!!今すぐできる吹き込み対策をご紹介

普通の雨では何ともなくても、台風が来たときに窓から雨漏りすることがあります。ただでさえ恐ろしい台風なのに、雨漏りまでしてきたらとても不安な気持ちになりますよね。

家の中を濡らさないためにも何か対策を…と思っても、台風上陸の直前や最中に雨漏りグッズを買いに出かけるのは危険です。家にあるものですぐにできる対策をご紹介いたします。

窓から雨漏りする原因

普段の雨の日はなんともないのに、台風のときに急に雨漏りをするのはなぜでしょうか。普通の雨は上から下方向に降るため、隙間があっても上に屋根があれば雨漏りすることはありません。しかし台風の場合は強い雨風が真横から吹き付けますので、隙間があれば室内に雨水が侵入してきます。

〈窓の雨漏りの原因箇所〉

  • 窓枠のコーキング
  • 外壁のひび割れ
  • 窓上の庇
  • サッシの隙間

窓枠のコーキング

窓枠と外壁の間を埋めているコーキングに隙間があると、そこから雨漏りしてしまいます。コーキングの耐用年数は5~10年ですので、築年数がある程度経っている場合はひび割れなどの劣化がないかチェックしてみましょう。

外壁のひび割れ

窓付近の壁にひび割れがあると、そこから雨漏りしてしまいます。窓から雨漏りしているように見えても、窓から離れた外壁の隙間から雨水が入り、壁の内部を伝って窓から雨水が入ってきているというケースもあります。

窓上の庇

庇が取り付けてある外壁部分に亀裂があったり、コーキングの劣化があったりすると、そこから雨水が侵入します。見た目には特に問題がなくても、外壁と庇が接している部分の防水シートや防水テープの劣化や施工不良から、雨漏りを引き起こすこともあります。

サッシの隙間

引違窓の場合は、2枚のガラス窓が重なっている境目から雨水が漏れてくる場合があります。また施工時のミスで窓枠と窓のサイズが合ってなくて隙間が生じているケースもあります。

サッシのレールに空いている排水のための穴が塞がっていると、レールに水が溜まって雨漏りすることも。

台風前の雨漏り対策

台風が来ることが分かったら、窓からの雨漏りを防ぐために以下の対策を行いましょう。

劣化部分の応急処置

外壁やコーキング部分に目視で劣化を発見した際、すぐ修理業者に連絡するのが望ましいのですが、台風が来るまでに猶予がない場合は応急処置を施しましょう!

亀裂やヒビが入っている場合は、防水テープやパテで塞いでおけば、ひとまずは雨水の侵入を食い止めることができます。

防水テープの商品例

パテ材の商品例

今後のために用意しておくといいですね。防水テープやパテ材がない場合は、粘着テープ(ガムテープなど)で代用しましょう。

窓の保護

サッシの隙間やレールから雨水が入ってこないように、窓自体も保護しましょう。雨戸があれば安心ですが、雨戸が付いていない場合は内側からダンボールを窓に張り付けて、周囲をテープで固定します。こうすると雨漏りを防ぐと同時に、物が飛んできてガラスが割れた際の飛散防止にもなります。

ベランダの清掃

窓に問題がなくても、ベランダが汚れていると窓からの雨漏りの原因になります。ゴミが排水口に流れて詰まり、ベランダに雨水が溜まって雨漏りを引き起こす場合があるのです。ベランダをきちんと掃除して、雨水が入ってきても排水できる状態にしておきましょう。窓のサッシレールにもゴミが溜まっていないか同時にチェックしておきましょう。

もし雨漏りしてしまったら

いくら対策をしていても雨漏りしてしまう場合があります。いざ台風が来てから、窓から雨水が漏れてきてしまった!という場合には次の方法を試してみてください。

1,隙間を埋める

雨水が入ってきている隙間が目視で確認できれば、まずは塞ぐのが基本です。サッシの隙間などに雑巾や新聞紙を詰めて、濡れてきたらこまめに取り替えましょう。

2,防水テープを貼る

雨漏りしている箇所の水分や埃を拭き取り、水の流れに逆らうように下から上に向かって防水テープを貼り、雨水の侵入経路を塞ぎます。防水テープがない場合は、粘着テープでも代用可能です。

広範囲に貼ると雨水が別の箇所に流れ込んで雨漏りが発生してしまいますので、必要最小限に留めましょう。

3,ビニールシートを敷く

雨漏り箇所付近の床が濡れないよう、ビニールシートやゴミ袋を敷き、周りにテープを貼って固定しましょう。

4,給水シートを敷く

給水シートがあれば雨漏り箇所に貼って、雨水を吸わせます。ない場合は使い捨ての給油パッドやダンボール、オムツでも代用可能です。

給水シートの商品例

ダンボールを貼り付ける場合は、波打っている面が上下に来るように貼ると給水力がアップします。

↑この面が上下になるように貼ると、吸水力が高くなる。

窓からの雨漏り対策についてご紹介しましたが、それ以外の雨漏り対策はこちらをご参照ください。

雨漏りを見つけたらすぐに対策を!室内でもできる応急処置ただでさえ気が滅入る雨降り。今日はゆっくり家で過ごそうと思ったら…なんと家の中で雨漏りが! 「すぐに修理しないと!」と屋根に上がる...

まとめ

台風が来て窓から雨が吹き込んでくるとつい慌ててしまいますが、被害が広がらないよう落ち着いて対応しましょう。そして台風が去った後は、きちんと修理することが重要です。忘れてそのまま放置して、台風が来たらまた雨漏りする…ということを繰り返していると、建物自体がだんだん劣化してしまいます。

普段から建物のメンテナンスを怠らず、いざというときのために準備もしておけば安心です。今日から早速取り組みましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!