その他未分類

工務店とハウスメーカーではどれくらいの価格差があるの?

憧れのマイホームを建てることにしたとき、誰しも「理想の家」と「現実の予算」の間で葛藤するのではないでしょうか。限られた予算の中で、希望をすべて叶えるのはなかなか難しいことです。「こんな家に住みたい」という希望を、最も安い費用で実現してくれる建設会社があれば、是非そこに依頼したいですよね。

家を建てる費用に関して、ハウスメーカーと工務店ではどちらが安価なのでしょうか。価格の相場やその理由、建設会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

注文住宅の価格相場

やっぱり安いのは工務店

一般的に、同じ条件・同じ間取りの家を建てると仮定した場合、企業により価格帯は異なりますが、ハウスメーカーよりも工務店の方が安く建てられる傾向にあります。

工務店と大手ハウスメーカーの坪単価を比較すると、かなりの差があることが分かります。

坪単価価格帯 平均坪単価
工務店 45万円~
ハウスメーカー 積水ハウス 55~70万円 83.88万円
大和ハウス 65~75万円 81.20万円
旭化成ホームズ 68~85万円 84.16万円

工務店よりハウスメーカーの方が高額になる理由について、詳細はこちら。

【決定版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情
【保存版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情このページでは絶対に後悔したくない人のためのリフォーム会社の失敗しない選び方と、同時に必ず知っておかなければならない建築業界のウラ事情に...

見積の体験談・口コミ事例

実際にハウスメーカーと工務店に見積もりを依頼した体験談をご紹介します。あくまでも個人的な体験によるものですが、参考になさってください。

<事例1> ハウスメーカーの家の価格が1000万円違う!

自作の間取りを元に新築の見積もりを依頼したところ、ハウスメーカーは5,000万円強、工務店は3,600万円弱だった。(工務店が1,400万円以上安い)

<事例2> ハウスメーカーの方が1,000万円くらい値段が高くなる

複数のハウスメーカーに新築の見積もりを依頼した。工務店が約1,800万円、ハウスメーカーは約2,800万円の金額になった。(工務店が1,000万円くらい安い)

<事例3> 注文住宅を工務店にて建設したときの体験談

ハウスメーカーに見積もりを依頼したところ、規格住宅で2,400万円を超えるものだった。最終的には工務店に依頼し、建物価格1,700万で新築することができた。(工務店が700万円以上安い)

どうして工務店のほうが安いの?

戸建住宅を建てるのに必要な費用のうち、ハウスメーカーの実質工事価格(材料費+工事費)は全体の70~80%です。残りの20~30%の内訳は、営業経費や研究開発費、モデルハウスの運営費用や宣伝広告費などです。

またハウスメーカーに住宅の建設を依頼したとしても、実際に施工を行うのは地元の工務店です。ハウスメーカーが工務店に支払う中間マージンが発生するため、工務店に直接住宅の建設を依頼するより高くなるのです。

こんなケースは工務店がおすすめ!

住宅を建てる際の様々な条件により、工務店に依頼した方が割安になるケースがあります。

土地の広さが狭い・広い

ハウスメーカーが商品として展開している住宅は、最もニーズが多い広さを基準にして規格化されています。住宅密集地などの狭小地に住宅を建てる場合、ハウスメーカーに依頼すると規格外となり割高になります。30坪未満の土地の場合は工務店に依頼した方が割安になります。

土地の形状が特殊

ハウスメーカーが建てる住宅は、きちんと整形された土地に建てることを前提としています。三角地など、特殊な形状の変形地では割高になることがあります。工務店は自由度が高いため、変形地や平らではない土地でも対応が可能です。

独自のこだわりがある

ハウスメーカーの注文住宅は、あらかじめ提示されている複数のパターンからデザインや建材を選ぶセミオーダー方式です。デザインをパターン化することで打ち合わせや工事に要する費用を削減し、資材を限定して大量購入することによりコストを下げています。従ってメーカーが呈示した選択肢以外のものを取り入れると、割高になってしまいます。

外観や間取りに対するこだわりがあり、設備や建材をじっくり選んで決めたいという方は、工務店に依頼した方がより安価な費用で納得の家づくりができるでしょう。

ハウスメーカーに頼んだ方がいいケースって?

特にこだわりがない

ハウスメーカーが建てる場合、注文住宅といえどもある程度プランが決まっており、規格外のものが選択できなかったり、割高なオプション料金がかかったりしてしまいます。

デザインや間取などに特にこだわりがなく、提案されたプランから選びたいな…と思っている場合は、ハウスメーカーに依頼するのがいいかも知れません。

中程度以上の品質の家を建てたい

工務店は会社により職人の技術に差があり、それを素人目で見極めるのは非常に困難です。ハウスメーカーの住宅はある程度規格化されており、工場で生産したものを現場で組み立てる工法の会社もあるので、職人の腕前に左右されず一定の水準が保たれます。

とりあえず安全で、性能が悪くない家に住みたいと考えている方は、ハウスメーカーに依頼した方が無難と言えます。

工務店でも工場生産したものを組み立てる工法がメインのところもあります。

お気に入りのハウスメーカーがある

ハウスメーカーは豊富な資本力を武器に、独自の建築方法を開発したりオリジナル設備を展開したりしています。それらはもちろんそのメーカーでしか手に入らないものですので、「これを是非我が家に取り入れたい!」という技術があれば、そのハウスメーカーに依頼するのがいいでしょう。

まとめ

同じ家を建てるにしても、条件によってピッタリな建設会社が異なります。自分が建てたいのはどんな家なのか、どうしても譲れないこだわりはどこなのかを明確にして、建設会社を選びましょう。

また家は長く住むものですから、建てるときの費用が安ければいいというものではありません。建築費を安くあげようとして住宅そのものの品質が下がり、その後のメンテナンス費用が多額になっては本末転倒です。自分や大事な家族が暮らす場は、安全で快適なものであってほしいですよね。

希望の住まいを適正価格で建てるためには、依頼する建設会社選びが非常に重要です。あなたにピッタリな建設会社を見つけて、理想の我が家を手に入れましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!