水回り

ランドリースペースの広さはどのくらい必要?干しっぱなしでも快適に使える広さは?

共働きの世帯が増えたことなどから、毎日部屋干しするというご家庭が増えています。それに伴い、新築やリフォームなどで部屋干しのためのランドリースペースをあらかじめ設置する人も。

毎日部屋干しするのなら、ランドリースペースがあると便利です!では、ランドリースペースにはどのくらいの広さが必要なのでしょうか?

ランドリースペースは何をする場所?

ランドリースペース(ランドリールーム・ユーティリティスペース)とは、

「洗う」「干す」「畳む」「アイロンがけ」「収納」など、洗濯の一連の流れを行うことができるスペース

部屋干し需要に伴い、ランドリースペースを設置する人が増えています。

「部屋干しのスペースがない!」「なかなか乾かない!」という問題を解決するほか、家事動線を短くし、時短にもつながりますよ。

ランドリールームの間取りについて詳しくはこちら。

ランドリールームで部屋干し問題解消!使いやすい間取りは? 最近は、天気に関係なく毎日部屋干し、というご家庭も増えています。それに伴い、ランドリールームを設置する人も増えていますよ。 ...

ランドリースペースの広さは2畳から3畳がおすすめ!

では、ランドリースペースにはどのくらいの広さが必要なのでしょうか。

家族の人数や洗濯物の量にもよりますが、四人家族の場合、2畳程度は用意したいです。(参考)洗濯機や作業台、収納などを設置するとなるとこのくらいの広さは必要になってくるんですね。

狭いところに洗濯物が密集していると乾きにくくなり、生乾き臭の原因にもなってしまいます。ですからある程度スペースに余裕がある方がいいでしょう。

とはいえ、洗濯物を干さない時は使用しないスペースですので、あまり広すぎてももったいないです。家族の人数に合わせて2畳~3畳程度で検討してみるのがおすすめです!

洗濯物を早く乾かすコツについてはこちらの記事もどうぞ。

部屋干しでもカラッと乾く干し方&エアコン・除湿機・扇風機の効果的な使い方!

ランドリールームのポイントについて詳しくはこちら。

ランドリースペース(ルーム)の失敗談は実は少ない!?後悔しないポイントは? 最近では新築やリフォームの際に設置する人も増えているランドリースペース(ルーム)。憧れている人も多いのではないでしょうか。 ...

洗面所にランドリースペースを作る場合の広さは?

ランドリースペースを独立して作るのではなく、洗面所の一角にランドリースペースを作るという人も多いです。

洗面所の一角に作る場合の広さは、洗面所のスペース+1畳あるといいですね。だいたい洗面所は2畳程度。ランドリースペースを合わせると3畳ほどで作られる人が多いですよ!

既存の洗面所に洗濯物置き場や作業台にできるスペースがあるので、干すスペース分だけ広く、と考えましょう。

洗面所にランドリースペースを併設した事例はこちらの記事で紹介しています。

ランドリールームで部屋干し問題解消!使いやすい間取りは? 最近は、天気に関係なく毎日部屋干し、というご家庭も増えています。それに伴い、ランドリールームを設置する人も増えていますよ。 ...

廊下にランドリースペースを作る場合は?

廊下をランドリースペースにする場合は、廊下の広さを他のルートでも行き来できるようにするという工夫をしている人が多いです。洗濯物を干している時は他の場所を通って移動するとストレスがないですもんね。

もしくは、ベランダに向かう廊下など、普段使わない廊下をランドリースペースにしている人もいますね。

通常、廊下の幅は75cmから90cmほどです。洗濯物干しを置いてしまうと結構ギリギリになるでしょう。かといってスペースを広くしてしまうと使っていない時もったいないですから、広くするよりも動線で工夫をしてみましょう

廊下をランドリースペースにした事例はこちら。

廊下の一角にランドリースペースを設置した事例。ウォークインクローゼットの隣なので収納も楽ですね。

上層階の廊下をランドリースペースにした事例。洗面所のすぐ横なので使い勝手もいいですよ。

洗濯物を干すために、ベランダに続く廊下を作った事例。ベランダにはほかの部屋からも行き来が可能です。外干ししていて急に雨が降ってきた時も取り込みが楽ですね。

狭いスペースしか確保できない場合はどうする?

ランドリースペースは2畳から3畳あるのが理想的ですが、どうしてもそんなにスペースが取れない、という人もいるでしょう。

スペースが取れない場合は、以下のような工夫をしてみてください。

縦の空間を利用する

階段のスペースを利用する

階段上の天井スペースを利用して洗濯スペースにする、とい方法です。吹き抜けの階段の場合は風通しもいいですし乾きやすいですよ。

昇降式の物干しを利用する

昇降式の物干しを設置し、洗濯物を上に挙げれば下にスペースができます。下のスペースで作業をしたり、下には床置きの物干しを置いて干すということもできますよ。

「干す」専用スペースにする

ランドリースペースは「洗う」「干す」「畳む」といった、洗濯の一連の流れを行うスペースです。ですがスペースが限られる場合、洗うのは洗面所、畳むのは部屋など従来の場所のまま、干す専用のスペースにしてしまうという手も。

全部一緒にできたら時短にはなりますが、一番のポイントは部屋干しでも早く乾かすこと。まずは「干す」ことに重点を置いてみてはいかがでしょうか。

便利グッズを利用する

最近では部屋干し用の便利グッズがたくさん発売されています。省スペースで使える便利なアイテムもたくさんあるので併用してみてはいかがでしょうか。

https://home-renovation.jp/category/sink-basin-area

まとめ

ランドリースペースの広さは2畳から3畳が理想です。洗濯物を干さない時は使わないスペースになってしまいもったいないので、あまり広すぎるスペースにはしないほうがいいでしょう。

スペースが確保できない場合は、干す専用のスペースにしたり、洗面所や廊下など兼用のスペースにするなど工夫をして見てください。

ランドリースペースはあると便利ですが、ランドリースペースのせいで他の部屋が狭くなってしまったり、使い勝手が悪くなってしまうと本末転倒です。何を重視したいのか考えて設置してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!