収納

リビング学習の収納ってどうしてる?スッキリ見えるのに使いやすくするコツは?

最近、リビング学習をするご家庭が増えています。

リビングは家族みんなが生活する場所。お客様が来ることもあるのであまり生活感は出したくないですよね。

リビング学習をすると、勉強道具をリビングに置くことになると思いますのでどうしてもごちゃごちゃしがち。インテリアを重視しすぎると使いにくかったり、使いやすさを重視するとごちゃごちゃして見えたり、なかなか難しいところ。

子供が使いやすく、インテリアを損なわないリビング収納について見ていきましょう。

リビング学習の収納には何を入れる?

収納のコツを見る前に、リビング学習の収納には何を入れるのか考えてみましょう。何を収納するのかはご家庭や間取りなどによっても変わってきます。

子供部屋など別の場所にも収納がある場合

別の場所にも学用品の収納場所がある場合、リビングに収納する物は最低限でOKですね。

  • 教科書
  • ノート
  • 筆記用具

など。

この場合、リビングに学習スペースを作らなくてもバッグやワゴンなどに勉強道具を入れ、勉強する時にリビングに移動させることもできます。

学用品を収納する場所がリビングのみの場合

リビングにすべて収納する場合は、今使っている教科書や筆記用具などのほかに

  • ランドセル
  • 絵の具
  • 習字道具
  • 辞書
  • 過去のプリント類

なども収納することになるでしょう。すべてを1つにまとめる必要はないですが、専用のラックなどがあった方が子供が自分で管理できるのでおすすめです。

リビング学習の収納ポイントと事例

続いて、リビング学習の収納のポイントを実際の事例とともに見ていきましょう。

デスクと一緒に収納

こちらはリフォームで学習スペースを作った事例。デスク周りにしっかり収納も作られています。

こちらはデスクの上に棚、下にはかごを並べて収納にしています。統一感もあっておしゃれですね。

この方はサイドテーブルを学習ワゴンとして使われています。収納力ばっちりで使い勝手もよさそうですね。

机もこれからという方は、こんなラックもおすすめ。ローテーブルと収納が1つになってコンパクトにまとまっています。リビング学習以外にも様々な使い方ができるのもいいですね。

持ち運びできる収納

この方はワゴンに収納されていますね。リビング学習グッズが多いならワゴンは使い勝手が良さそう。

この方は布バスケットにワイヤーネットなどをつけて持ち運べるリビング学習セットを作っています。

こちらはIKEAのバスケットにざっくり勉強道具を収納されています。ざっくり収納なのですぐにしまえますし、勉強が終わったら別の場所に移動させることもできますね。

他にも持ち運べる収納にはこんなものがあります。

こちらは筆記用具やノートまで一緒に入るポーチです。

created by Rinker
¥3,960
(2022/10/04 09:22:07時点 楽天市場調べ-詳細)

どこでも勉強できる学習台。中は収納になっています。

プリント類から筆記用具までまとめて収納できるボックス。閉めるとバッグのような見た目で学用品には見えませんね。

ランドセルと一緒に収納

こちらは上の段にランドセル、下の段に勉強道具を収納しています。扉付きなので中身が見えなくていいですね。

こちらはキャスター付きのラックの一番上にランドセル、下に学用品を収納しています。キャスター付きなので移動もしやすいのがいいですね。

この方はキッチンワゴンをランドセル収納兼勉強道具入れにされています。

分類して収納

こちらはIKEAの新聞ラックをラベリングして、教科ごとに教科書をまとめられるようにしています。カウンターに直接つけているので取り出しやすいですね。

この方はニトリのファイルボックスを使って分類されています。白のケースで統一されていてスッキリして見えますね。

こちらは無印良品のポリプロピレンケースを使って分類されています。横にして入れるので取り出しやすそうですね。

DIYで作ったリビング学習収納アイデア

リビング学習能収納グッズはDIYされている方も多いです。DIYすれば使いやすくインテリアにも合うという理想的な収納を作ることができますね。

こちらの方は収納付きのデスクをDIYされています。本格的ですね!

こちらはつい立てにもなる収納をDIYされています。裏面は好きなものを飾れるようになっていておしゃれですね。

こちらはソファの下のデッドスペースを利用した収納。家具に合わせてジャストな収納を作れるのもDIYならでは。取っ手もついているので使いやすいですね。

この方は机の上に置く収納をDIYされています。机の大きさを考えて作られていますね。

この方はランドセルラックをDIYされています。ドアの色などにマッチしていていいですね。

まとめ

リビング学習の収納は使いやすさと片付けやすさそしてインテリアを壊さないというのがポイントです。色を統一したり、外から見えないように工夫するとスッキリ見えますね。

様々なアイデアがありますので、ご自宅に合ったものを取り入れてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!