水回り

リフォームして洗面所のイメージを変えよう!機能的でおしゃれな壁紙とタイルをご紹介

リフォームして洗面所のイメージを変えよう!機能的でおしゃれな壁紙とタイルをご紹介

 

あなたのおうちの洗面所は、どんな洗面所ですか?

 

多くの方から「どんな洗面所って言われても…まぁ普通かな。」という回答が返ってくるかもしれません。家族みんなが一日の始めと終わりに必ず使う場所なのに、あまり注目を浴びることがない洗面所。そんなにこだわりがない人も多いのではないでしょうか。

 

しかし洗面所はお風呂と隣接しているため湿気がこもりやすく、壁や床のメンテナンスを定期的に行う必要があります。壁をリフォームするときがイメージチェンジをするチャンス!これまであまり気に留めていなかった洗面所が、素敵な空間に生まれ変わります。

 

ここでは、機能性・デザイン性に優れた壁紙やタイルをご紹介します。

洗面所の壁材に求められる特性は?

洗面所はお風呂に隣接していることが多く、湿気がこもりやすい場所です。しっかり換気しないとカビが発生することがあり、そのまま放っておくと家全体の劣化につながります。また洗面台付近は水がはねて汚れやすく、掃除が大変ですね。

 

洗面所の「湿気がこもりやすい」「汚れやすい」という悩みを解消するために、様々な機能を持った壁紙やタイルが多く開発されています。
[imglist icon=”arrow2″ color=”orange”]

  • 調湿機能…湿度を調節し、常に快適な湿度40~60%の範囲内に保つ機能
  • 防水機能…表面に撥水処理が施されており、下地に水が浸みこむのを防ぐ機能
  • 防カビ機能…カビの発生や広がりを抑える加工がされている
  • 抗菌機能…表面に抗菌処理を施し、壁についた菌が繁殖するのを防ぐ
  • 防汚機能…表面にラミネート加工がされており、汚れがつきにくく汚れがついても落としやすい

[/imglist]
洗面所に適した壁材である「壁紙」と「タイル」。両者にはどのような特徴・違いがあるのでしょうか。

壁紙・タイルそれぞれの特徴と費用

洗面所のリフォーム壁紙とタイルの特徴と費用

 

壁紙・タイルそれぞれの特徴と、洗面所の壁をリフォームする際にかかる費用の目安をご紹介します。

壁紙

壁紙の中でも、洗面所に適しているのはビニールクロスです。防水性が高く、防汚や防カビなど特殊な加工がほどこされた機能性クロスが多く開発されています。デザインが豊富で、選ぶ楽しみもあります。しかしビニールクロスは化学物質を含むため、アレルギー体質の方には注意が必要です。

 

製品自体が安価で施工も比較的容易なためリフォーム費用も安く済みます。材料費・施工費も含め、1,000円/㎡が相場です。高機能なクロスだと単価は上がりますが、多くの場合は壁の全面張替えでも5万円程度に収まります。

 

工期が半日~1日と短いのも嬉しいところです。

タイル

特殊な加工を施してなくても、タイルには元々「丈夫で耐用年数が長い」「防水性が高い」「汚れが落ちやすい」という特性があります。またサイズやデザインが豊富で高級感があり、1つ1つが微妙に違うのでハンドクラフトのような味わいがあることも魅力です。

 

目地に汚れがつきやすいイメージがありますが、最近は汚れにくい目地剤も開発されていてお手入れも楽になっています。

 

材料費・施工費は4,000~50,000円/㎡と幅があります。これはタイルの価格帯の幅が大きいためです。洗面所の全面張替えを行う場合、10万円以上かかることが多いです。(解体・下地処理料金含まず)壁紙と比較すると費用がかかるため、水がかかりやすい箇所やインテリアのアクセントになる箇所など、部分的にタイルを取り入れると費用を抑えることができます。

 

工期の目安は2~3日ですが、大きなタイルや特殊な張り方の場合はさらに長くなる場合があります。

洗面所におすすめの壁材はこれ!

洗面所のリフォームでおすすめの壁材

壁紙

[imglist icon=”check1″ color=”orange”]

防カビ機能付きの壁紙で、ホルムアルデヒド発散基準を満たしているため安心して使用できます。白を基調としているため、狭い洗面所でも明るくなります。モダンなハニカムデザインで、柔らかい濃淡があるため一見タイルのような表情があります。

 

防汚・抗菌・防カビ加工がされている高機能な壁紙です。プレーンなデザインでどんな洗面台・洗濯機とも相性バッチリ!清潔感のあるホワイトとナチュラルなアイボリーから、お好みの色味を選ぶことができます。

 

防汚・抗菌・防カビ機能付き。濃淡のあるグレーカラーで落ち着いた雰囲気の壁紙です。ダークトーンの洗面所や収納と合わせれば、洗面所がシックな空間になります。

 

防汚・消臭・抗菌機能のある壁紙です。ナチュラルな雰囲気が好きな方にピッタリな木目調。このカラーの他に、ブラウン(BB9514)とダークブラウン(BB9515)もあります。

 

防汚・抗菌・防カビ機能付き。主張しすぎない小花柄で、洗面所がフェミニンな空間になります。パウダールームのような洗面所にしたい場合は、ピッタリのデザインです。[/imglist]

タイル

[imglist icon=”check1″ color=”green”]

調湿・脱臭・有害物質吸着の加工がされた高機能なタイルです。汚れにくく、汚れてしまったとしても水拭きだけで汚れが落ちます。曲線がデザインされた優美なタイルで、落ち着いたトーンの4色展開です。

 

防汚機能付きで清掃性が高いタイルです。通常より更に傷がつきにくく、丈夫なのが特徴。デザインも豊富で、ホワイトだけでも16パターンあり、シンプルな無地から木目・石目などを取り揃えています。

 

チョコレートをイメージしてデザインされたタイルで、デザインもカラーも表面の光沢も、チョコレートそのものです。カラーはホワイトからダークブラウンまでチョコレートらしい5色展開。色や柄を混ぜて使えば、個性的でおしゃれな空間になります。

 

幾何学的なパターンに、角度によって色が変化して見えるメタル釉が施されています。立体感があり、アンティークな雰囲気でありながらもモダンさを感じさせるデザイン。タイル自体は6色展開で、使用可能な目地剤も多色展開されています。

 

ガラスと大理石を組み合わせた表情豊かなモザイクタイルです。ベージュ系の5色展開。大理石の高級感にガラスのアクセントが加わって、洗面所が重厚でありながらも遊び心が感じられる空間になることでしょう。

 

機能性に優れた壁材が多くありますが、あくまでも補助的な役割と捉えましょう。防カビ加工の壁材に変えたから絶対にカビが生えないというわけではなく、湿気やカビを抑制するためには換気や乾燥をしっかり行うことが重要です。[/imglist]

まとめ

洗面所をリフォームしておしゃれに快適に

 

洗面所にこんな壁材が使えるなんて!と、洗面所のイメージが変わったのではないのでしょうか。様々な機能・デザインの壁材があって、目移りしてしまいますよね。今の洗面所の雰囲気は変えずに機能性をプラスしたり、リビングなどにはなかなか取り入れられないデザインの壁材で冒険したり、リフォームは思いのままです。

 

しかし機能性を期待しすぎて思うような効果が得られなかったり、デザインに凝り過ぎて他の部屋とのバランスが取れなくなったり、というケースも現実にはあります。

 

リフォームが終わった後で「こんなはずじゃなかった…」とならないように、信頼できるプロに相談するのがおすすめです。実績があり提案力に優れた工事業者を探して、洗面所を特別な空間に生まれ変わらせましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!