トイレ

トイレをバリアフリーリフォームしたい!費用はどのくらいかかる?

家族の介護が必要になった、老後に向けてなどバリアフリーリフォームをしたいと考えた時、トイレはもっとも重要なポイントになると思います。

やはり毎日使用する場所ですし、使いやすさが重要になってきますよね。今回は、トイレのバリアフリーリフォームはどんなことができるのか?また費用について見ていきたいと思います。

トイレのバリアフリーリフォームの内容と費用

一言でトイレのバリアフリーリフォームといっても、内容は様々。

具体的には

  • ドアの交換
  • 手すりの設置
  • トイレ本体の交換
  • 床の交換
  • スペースの拡張
  • トイレの場所を移動させる

などのリフォームをされる方が多いです。1つずつ見ていきましょう。

ドア

まずは出入り口をバリアフリー化しなくてはいけません。特に車椅子を使用する場合、今までのドアでは中に入れないということもあるでしょう。

ドアをバリアフリーリフォームする場合、引き戸に変更されるケースが多いです。また、出入り口に段差がある場合、段差も解消させます。

費用は、

  • 開き戸から引き戸へ変更:4~10万円
  • 段差の解消:2,000円~10万円

費用参考:ゆとりフォーム

というのが目安です。かなり料金に差があるので、まずは見積もりを依頼することをおすすめします。

ドアのリフォームについて詳しくはこちら。

トイレをバリアフリー化したい!ドアはどんなタイプがいい? バリアフリーリフォームすることが多い場所の1つにトイレが挙げられます。毎日何度も使用する場所ですから、快適に使用できるというのは...

手すり

バリアフリーのトイレといえば一番に思い浮かべるのは手すりではないでしょうか。

手すりを設置する場合の費用の目安は1~5万円(参考)です。ただし、手すりの設置に伴い、壁を強化する場合はさらに費用が掛かり5~10万円(参考)追加になる場合もあるのでご注意ください。

手すりのリフォームについて詳しくはこちら。

トイレをバリアフリーリフォームして手すりを付けたい!適切な位置は? トイレをバリアフリーリフォームして手すりを取り付ける場合、取り付ける位置が重要です。誤った場所に設置すると立ち座りがしにくい、ペ...

トイレ本体

続いてトイレ本体の交換。

まず、和式の場合は洋式に変更する必要があります。

その他、

  • センサーで自動洗浄するタイプ
  • 大きなボタンのタイプ
  • 車いすのまま使用できるタイプ

など多機能なトイレに変更するとさらに使いやすくなります。予算に合わせて検討してみてください。洗浄ボタンの場所も手が届きやすい場所に設置するだけで使いやすさは大きく変わってくるんですよ。

費用は

  • 洋式から洋式へ変更:10~30万円
  • 和式から洋式に変更:20~50万円

価格参考:ライフルホームズ

というのが目安です。もちろん、高性能なタイプを選べば費用は上がります。

【トイレの種類】選び方のポイントは?タンクレスとの比較も! トイレをリフォームする時、どんな種類がいいのか迷ってしまいますよね。最近はタンクレスなどもあるので余計に迷ってしまうのではないで...

見落としがちな部分かもしれませんが、バリアフリーリフォームをするのなら床材にもこだわってみてはいかがでしょうか。

転倒を防止するために、滑りにくさを重視した床材がおすすめです。また、体が不自由な方が使用するとどうしてもトイレが汚れやすくなるので防汚、抗菌加工の床材もよいでしょう。

床材の交換費用の目安は2~10万円(参考)です。

スペースの拡張

トイレをバリアフリー化するには一般的なトイレより広い面積が必要になってきます。特に、車椅子のまま中に入れるようにするとなると既存のトイレのスペースではだめなケースが多いです。

ですからトイレの面積を拡張するリフォームをする人もいますよ。

バリアフリーに必要な面積について詳しくはこちら。

トイレをバリアフリー化させるにはどのくらいの広さが必要? トイレをバリアフリー化させようと思った時、今のトイレで広さは十分なのかどうか悩む人も多いと思います。介護に必要な広さはどのくらい...

トイレのバリアフリーリフォームの内容と費用を見てきました。紹介したのは個別の費用ですので、いくつかまとめると少し安くなるという場合もあります。見積もりを依頼して検討してみてください。

トイレの場所を移動

既存のトイレをリフォームするのではなく、寝室の近くなどにトイレを移動させるという方もいます。もしくは新設してもいいですね。一からトイレを作ればバリアフリー設計で作りやすいですよね。

トイレの移動費用は30~50万円(参考)です。ただし、移動に伴い、他の場所のリフォームも必要になるケースが多いので実際の費用はもっと高くなるでしょう。

トイレを移動させるスペースがある場合、家全体のリフォームを考えている場合は検討してみても良いのではないでしょうか。

トイレを移動させるリフォームについて詳しくはこちら。

リフォームでトイレの向きや位置を変える、場所を移動させる際の費用と注意点 一日に何度も使用するトイレ。最も使用頻度の高い自宅のトイレに、使いにくさや不便を感じている方は実は多いです。狭くて用を足す際の動...

移動できない場合はポータブルトイレを使用するという手も。

マンションでもトイレの増設はできる?代わりにできることは? バリアフリーにしたい、朝が混みあうなどの理由でトイレを増設したいと考える人も多いですよね。 ですがマンションの場合でもトイ...

トイレをバリアフリーリフォームした事例

続いて、実際にトイレをバリアフリーリフォームした方の事例をご紹介していきます。費用も載せていきますので参考にしてみてください。

洋式から洋式へリフォーム

身体と心にも優しいトイレ|TOTO

費用:90万円
工期:9万円
リフォーム内容:トイレ本体の交換、人感センサー、壁床天井の変更、手すりの設置、段差の解消

ご高齢の方の一人暮らし宅のトイレリフォームです。立ちすわりがしやすいよう、手すりを設置。段差の解消をし、床をタイルからフローリングに変え寒さも軽減しました。

広々空間、段差もなくし、食事や入浴も一人でできる、自立生活を叶える住まいに|大和ハウスリフォーム

費用:不明
工期:2.5か月(全面リフォーム)
リフォーム内容:手すりの設置、スペースの拡張、ドア交換など

車いすで生活されている娘さんが高校生になったのを機に、全面バリアフリーリフォームした事例です。トイレは広々としたスペースを確保。ドアを引き戸に変更し、手すりも設置しています。

バリアフリーを考慮した将来のくらし|Panasonic

費用:400万円(洗面、浴室含む)
工期:21日
リフォーム内容:トイレ本体の交換、手すり設置、ドア交換、スペースの拡張、壁床の変更

車椅子でも移動しやすいことをテーマにしたリフォーム。明るくて広々としたトイレになりました。

車いすでも快適なトイレ|価格.com

費用:不明
工期:1週間
リフォーム内容:トイレ本体の交換、スペースの拡張、洗い場の設置、壁床の変更

こちらも車椅子でも使用しやすいようスペースを確保したトイレにリフォームしました。ちょっとした洗い場も設置しているので何かと便利ですよね。

介護の必要な方も立ち上がりやすい、補高便座つきのトイレ|ニッカホーム八王子ショールーム

費用:22万5千円
工期:1日
リフォーム内容:トイレ本体の交換

こちらは元々介護用のトイレだったのですが、リフォーム時にさらに使いやすいトイレになりました。立ち上がりがしやすいようやわらか補高便座を設置、自動洗浄機能も付いています。

和式から洋式へリフォーム

【快適なバリアフリートイレ空間】|TOTO

費用:80万円
工期:10日間
リフォーム内容:和式から洋式に変更、床材の変更、ドア交換、手すりの設置

簡易水洗の和式トイレを水洗の洋式トイレに変更。ドアの交換や手すりの設置も行い、使いやすいトイレに生まれ変わりました。

津市I様邸 和式から洋式トイレへのリフォーム事例|リショップナビ

費用:42万円
工期:2日
リフォーム内容:和式から洋式に変更、壁床の変更、段差の解消、手すりの設置、手洗いの設置

恒例のおばあさまのために和式から洋式に変更した事例です。ガラッと雰囲気が変わっていますが費用は意外と抑えられえていますね。

お年寄りにも優しいトイレを|価格.com

費用:20万円
工期:不明
リフォーム内容:和式から洋式に変更、ドアの交換

恒例の方でも使いやすいよう和式から洋式に変更しました。電源がなく、電気工事で苦労されたそうです。ドアは省スペースでも出入りしやすい折り戸を使っています。

高齢の身体にやさしい快適な洋式トイレ|ニッカホーム神戸西ショールーム

費用:173,000円
工期:1日
リフォーム内容:和式から洋式に変更、床材の変更

トイレ本体の交換と床材を変更した事例です。タイルの床だったため、板を張りクッションフロアに仕上げています。壁はタイルのままですがおしゃれな感じになりましたね。

バリアフリーで快適空間|ホームプロ

費用:43万円
工期:3日
リフォーム内容:和式から洋式に変更、壁床の変更、手すりの設置、段差の解消

2つあった内の1つが和式トイレだったため、洋式に変更した事例です。和式トイレの段差だけでなく、廊下との段差もなくしバリアフリーになりました。

まとめ

トイレのバリアフリーリフォームは、

  • ドアの交換
  • 手すりの設置
  • トイレ本体の交換
  • 床の交換
  • スペースの拡張
  • トイレの場所を移動させる

などが挙げられます。どこまでリフォームするかによって費用は大幅に変わりますね。

スペースの拡張、場所の移動などが加わると一気に費用は高くなります。どんなトイレにリフォームすれば使いやすくなるのかイメージして、リフォーム内容を検討してみてください。

リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!