トイレ

マンションでもトイレの増設はできる?代わりにできることは?

バリアフリーにしたい、朝が混みあうなどの理由でトイレを増設したいと考える人も多いですよね。

ですがマンションの場合でもトイレの増設はできるのでしょうか?トイレの増設の可否と、できない場合の対処法について見ていきましょう。

マンションでトイレの増設は難しい?

一軒家だけでなく、マンションでもトイレを増設したい、と考える人はいます。ですが、マンションでトイレの増設はなかなか難しいケースが多いです。理由は大きく分けて2つ。

1.管理規約で禁止されている

マンションは、一軒家と違いリフォームできる場所に制限があります。まずリフォームできるのはマンションの専有部分のみですが、専有部分ならどこでも自由にリフォームできるという訳ではありません。

トイレの増設だけでなく、大規模なリフォームをする際は管理規約を確認、管理会社に相談してからリフォームを始めるようにしましょう。中にはトイレの増設を禁止されていたり、移動もできないというケースもあります。

マンションのリフォームがどこまでできるかについてはこちらの記事もご覧ください。

マンションはどこまでリフォームできる?間取り変更なども大丈夫?中古のマンションを買って自分の好きなようにリフォームしようと考えている人は多いと思います。 ですが、マンションの場合どこまで自分の...

2.給排管スペースの問題

トイレの増設で問題になってくるのはトイレ本体よりも給排管です。

マンションの場合、上の階から下まで給排水をする必要があります。上下の階をまたいで「立て管」があり、ここから横枝管でトイレやお風呂、キッチンの給排水を行っています。

横枝管は専用部分ですが、立て管は共有部分ですので移動はできません。どこにトイレを設置しても立て菅まで給排水しなくてはいけないのです。水流を保つためには傾斜をつけて設置する必要があります。

つまり、配管までしっかり考えて設計されているので移動するのが難しい。ましてや増やすスペースなどないという場合が多いのです。

設置するとしても大幅な移動はできず、既存のトイレの近くに設置するケースが多いですよ。

これは素人では判断が難しいのでリフォーム会社に相談しましょう!会社によっても対応が変わってくるので、水回りに強いリフォーム会社を選ぶことをおすすめします!

【決定版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情
【保存版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情このページでは絶対に後悔したくない人のためのリフォーム会社の失敗しない選び方と、同時に必ず知っておかなければならない建築業界のウラ事情に...

マンションでトイレの増設をしたという事例もなくはありません。こちらも参考にしてみてください。

トイレの増設が可能であっても間取り変更を伴うので、かなり大掛かりなリフォームになります。費用や手順についてはこちらの記事をご覧ください。

リフォームしてお悩み解決!トイレの増設を行う際の費用と注意点 子供が生まれて大きくなってくると、自宅の間取りに不自由を感じることがあります。トイレも不満が出やすい箇所の1つではないでしょうか...
シロ
シロ
やっぱりマンションでトイレの増設はかなり厳しいね…。工事も大掛かりになりやすいし、他の方法を検討するのがいいかな。

トイレの増設ができない場合はどうする?

マンションの規約や、給排管の問題でトイレの増設ができない場合、他の対処方法はないのでしょうか。

ポータブルトイレという手段も

トイレが混みあっているという理由や、部屋の近くにトイレを設置したいと考えていた人はポータブルトイレという手もあります。

簡単に言うと、おまるのような設計で汚物は処理しなくてはいけません。ですが配管のことを考えなくていいのでどこにでも設置できますよ。

高齢の方や、退院してきたばかりの方のために購入されている方が多いようです。1人でもトイレに行きやすいように部屋の一角、ベッドの脇などに設置されていますよ。視界が気になるようならパーテンションで区切ってもいいですね。

また、1つあると災害時などにも使用できますよ!

こちらは座面の高さなどを調節できるタイプです。ひじ掛けもありますのでご高齢の方におすすめです。

シロ
シロ
一時的に増やしたいならポータブルトイレはありだね。

既存のトイレをバリアフリーリフォーム

バリアフリーのトイレを増築したいと考えていた人は、既存のトイレをリフォームするという手もありますね。

  • トイレのスペースを広くする
  • 開き戸から引き戸にする
  • 手すりを付ける

などがバリアフリーリフォームです。

トイレの位置があまり動かせない場合でも、トイレ全体のスペースを広くすることは可能な場合もあります。スペースはそのままでも使い勝手のいいトイレにすることが可能です。事例を紹介するので参考にしてみてください。

こちらは手すりのみ設置した事例です。安心して体重をかけられる手すりがあるだけでも違いますよね。

トイレ本体の交換とクロス、床の張替えを行った事例です。手すりとハンドグリップの付いたトイレにしたので手すり単体でつけるよりもお得ですね。

こちらはトイレのスペースはそのままですが一度解体して一からリフォームされています。やはり引き戸になると使い勝手がいいですね。

まとめ

マンションの場合トイレの増設はできないことが多いです。

  • 管理規約で禁止されている
  • 給排管が設置できない

というケースが多いんですよ。まずは管理会社に確認。OKだった場合、リフォーム会社に相談してみましょう。

増設できない場合はポータブルトイレを使用するか、既存のトイレをリフォームして使いやすくするという方法があります。検討してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!