子供部屋・赤ちゃん部屋

子供部屋を3人以上で使う場合のレイアウト!3人、4人兄弟の分け方は?

子供が3人以上になると1人1部屋用意するのは難しくなってくると思います。

1部屋、2部屋しかない子供部屋を3人以上でシェアする場合はどうしたらいいのでしょうか?

3人以上の子供部屋のレイアウト

まずは、3人以上の子供で1つの子供部屋を使っているレイアウトを見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あずたろう(@azutaro0930)がシェアした投稿

こちらは男の子3人兄弟のお部屋。三段ベッドを使って、机は横並びにしていますね。ナチュラルなデザインで統一されていてスッキリ見えます。

こちらは三人兄弟で6.5畳の部屋を使われているお宅。しかも一番上のお兄ちゃんは中学生です。小さな子供ではないのに3人で1部屋ですごせるのはすごいですね。ベッドの配置と収納にこだわりありです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

asms_home(@asms_home)がシェアした投稿

こちらは三姉妹。三段ベッドの一番上だけばらしてつかっているようですね。現在は子供部屋は遊び場&寝る部屋として使っていて、勉強は別の場所でされているようです。

最近はリビングに勉強スペースを作る方も多いので、子供部屋はとりあえずベッドだけ配置、というのでもよさそうですね。

学習机が3つ並ぶとそれだけで圧迫感がありますが、こちらのようなコンパクトな机は省スペースでいいですね。

3人以上でシェアするのは子供が小さいうち、もしくは三兄弟、三姉妹という全員同性の場合が多いですね。1部屋を3人以上でシェアするとどうしてもプライバシーは守りにくいので異性がいる場合は着替えや寝る場所だけでも別にすることを検討してみてください。

異性のきょうだいの部屋の分け方はこちらの記事でもご紹介しています。

子供部屋を二人で使う場合のレイアウト!男女の場合はどうする? 子供部屋は1人1部屋用意してあげたいところですが、住宅事情などでなかなか難しいことも多いと思います。 今回は子供部屋を二人...

子供部屋が2部屋しかないのに3人目が生まれたら?

子供は2人のつもりで2部屋用意していたのに3人目が生まれた、というケースも少なくありません。

子供部屋が足りない場合、

  • 和室や親の寝室、納戸などを子供部屋として使う
  • リビングを活用する
  • 子供部屋を2人と1人で分ける
  • 増築する
  • あえて個室を与えない

などの対処方法があります。

今回は2つの子供部屋を3人で使うレイアウトを見ていきます。他の部屋を子供部屋として使いたい方はこちらをどうぞ。

和室を子供部屋として使おう!畳や押入れも活かしておしゃれに! 子供部屋は洋室の方がいい、と思っている人が多いかもしれませんが和室もいいんですよ。 畳には程よいクッション性と吸音、遮音効...

2部屋を3人で使う方法

3人を2人と1人で分ける場合

  • 男女で分ける
  • 年齢で分ける

というケースが多いです。

同室の二人は広めの部屋を、個室の一人は多少狭くてもOKですよ。

年齢で分ける場合は全員同性のケースが多いです。一番上だけ別にする、もしくは一番下だけ別にすることになります。年が離れた方を別にするとスムーズだと思います。

年が離れている場合は、一番上が巣立ってから一番下に個室を与える、という人もいますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nmh_ome(@nmh_ome)がシェアした投稿

こちらは2歳差の3兄妹のお宅。姉妹で部屋をシェアして、男の子だけ別の部屋になっています。姉妹の部屋もクローゼットをしっかり分けているのでプライバシーは守られますね。

こちらは男の子2人、女の子1人のきょうだい。以前は3人一緒の子供部屋でしたが、今は女の子だけ別になっています。今までのレイアウトもアップされていて参考になりますよ。

こちらは家全体でドアはトイレと脱衣所にしかないというお宅。ですが家具などで仕切られているのでプライベート感はあります。一番上のお兄ちゃんは1人でロフト付きのスペース、下の二人は二段ベッドで同じスペースを使っています。

リフォームするなら人数に応じた子供部屋を作ろう!

狭い空間でも工夫して子供部屋を作られている方はたくさんいます。子供が3人、4人なると既存のお家では難しいかもしれませんが、リフォームで工夫して個室を作ったり、逆に全員で過ごせる空間を作っている方もいますよ!

変わったレイアウトのお家もありますが、事例をご紹介しますね。

全員で過ごせる部屋を作った事例

こちらは一部屋の子供部屋なのですが、それぞれ個人の空間があり、上はロフトになっています。形も変わっていますし、壁紙の色がそれぞれ違っていてなんともおしゃれですよね。

こちらは4人姉妹ですが子供部屋は1部屋。子供部屋は机と二段ベッド2台が置いてあり、勉強と寝るのがメイン。そのほかに遊び場になる広場とロフトが。これなら個室がなくても友達を呼びやすいですよね。

こちらはなんと3WAYの子供部屋。一部屋として使うこともできますし、将来的に3つに区切ることも可能。2つに区切れる子供部屋にしている方は割と多いですが3つというのは珍しいですよね。

小さくても個室を作った事例

こちらは4人のお子さんに子供部屋を作ることを目的にリフォームした事例。決して広い家ではないのですが二段ベッドで区切るという方法で4人それぞれの個室を作っています。

こちらは4人共用の勉強スペースとそれぞれの個室を作った事例。4人のうち2人は双子で双子は個室ではなく一部屋になっています。

勉強スペースに勉強関係の収納ができるスペースもあるので個室はベッドと収納棚のみでシンプル。ですが自分だけの空間があるのはうれしいですよね。

こちらは8.6畳の子供部屋に間仕切りを作って3部屋にした事例。壁紙などは各自で選んでいるので、自分好みの空間になっていますよ。上は完全に区切らずオープンになっています。

まとめ

3人以上のお子さんがいる家庭の子供部屋について見てきました。全員でシェアしたり、2人と1人で分かれたり、工夫して個室を作ったり。

どんな部屋がいいのかはご家庭によっても変わってくるでしょう。もちろん、全部希望通りにというのは難しいかもしれません。ですが、いろいろな方法があるのでご家族にとってベストな子供部屋を目指してくださいね。

スペースに余裕がある場合は、子供部屋を区切るという手も。こちらの記事も参考にしてみてください。

子供部屋に壁を作って分割するリフォームの費用は?壁を作る以外の方法も! 子供が小さいうちはみんな一緒の部屋でよくても、小学校高学年から中学生くらいになると個室を欲しがる子供も増えてくると思います。子供...
このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!