子供部屋・赤ちゃん部屋

子供部屋の床に敷くマット、何を選べばいい?年齢別のおすすめをご紹介!

近年は住宅の洋室化が進み、フローリングの部屋が中心になってきています。丈夫で衛生的なフローリングですが、子供がいるご家庭では「転んで怪我しないかな?」「走り回って床を傷つけないか不安」「騒音が気になる」というお悩みがあるのではないでしょうか。

そうしたお悩みの予防策として床にマットを敷きたいけど…でも種類も価格もいろいろ、どれを選んでいいか分からない!という方のために、人気のあるマット各種の特徴やデメリット、年齢別におすすめの商品をご紹介します。

子供たちが安心・安全に生活できるよう、ぜひ参考になさってください。

子供部屋のマットを選ぶポイント

子供部屋や子供が生活するスペースにどんなマットを敷けばいいのか、悩むことも多いと思います。年齢によってもぴったりのマットは異なりますが、ここでは子供が使用するマットにあると望ましい共通のポイントをご紹介します。

  1.  衛生的かどうか
  2. クッション性が高い
  3. 肌触りが良い
  4. 明るいデザイン

1. 衛生的かどうか

子供はとにかく汚します。食べ物や飲み物をこぼしてしまったり、お絵かきをしていて紙からはみ出してしまったり…。年齢が小さいうちは寝ていておねしょしたり、突然嘔吐したりすることもよくあります。

子供が使用するマットは、汚れてもサッと拭くことができる「汚れに強い」ものか「丸洗いできる」ものであれば安心です。

また中綿の入ったものや起毛のあるものは埃やダニが心配です。防ダニ・抗菌加工があるもの、遊び毛が出にくいタイプを選びましょう

2. クッション性が高い

年齢が低いうちは転びやすく、大きくなってくると走り回るのが子供です。クッション性の高いものであれば転んで頭を打っても大丈夫、走り回る騒音も軽減されます。

また子供は床に座ったり寝転がったりすることも多いので、体が痛くなりにくいもの、床の冷たさが直に伝わってこないものが快適です。

3. 肌触りが良い

前述のとおり、子供は床に座って長時間遊んだり寝転がったりします。フローリングに直接肌が接すると、夏はベタベタ、冬はひんやりしてしまいがち。肌触りのいいマットで、夏はサラサラ、冬は暖かく過ごさせてあげたいですね。

4. 明るいデザイン

子供が使用するマットは機能性が重要ですが、部屋の雰囲気を変える役割もあります。部屋の中が明るくなるような色や、子供が喜びそうなデザインを取り入れると、子供自身も喜んで使ってくれそうです。

各種マットの特徴と実用例

続いて、子供用のマットとして人気のあるものの特徴やメリット・デメリットをおすすめの年齢別に分けてご紹介します。

実際にそのマットを使用しているSNS投稿や商品例も併せて掲載していますので、どんなものをどんな風に取り入れればいいか、参考になるかと思います!

年齢はあくまでも「この年代の子供が使っていることが多い」という目安なので、お子さんの年齢と違っていてもお悩み解消にぴったりなものがあれば検討してみてください。

赤ちゃん・幼児におすすめのマット

1,ジョイントマット

スポンジやビニール素材のパーツを組み合わせて、好きな大きさにできるマットです。撥水性が高く、液体がこぼれてもサッと拭けるお手入れの簡単さと、100円ショップでも販売されている安価さが魅力です。

〈メリット〉

  • 比較的値段が安い
  • 水濡れや汚れに強い
  • クッション性が高い
  • 軽い

〈デメリット〉

  • パーツの境目やマット下にゴミ・埃が溜まりやすい
  • 家具などの跡がつきやすい
  • 擦り傷に弱い
  • 子供っぽい印象になる

明るく幼稚過ぎないデザインでインテリアに馴染みそうです。思い切った柄だと汚れや傷も目立ちにくいですね。

商品例

木目でインテリアに馴染みやすいデザインがいいですね。靴下で走っても滑りにくいところも高ポイントです。

2,コルクマット

樹皮でできたコルクシートにクッション材を組み合わせたジョイント式のマットです。自然素材なのでアレルギー症状が発生しにくく、サラッとした感触が特徴です。

〈メリット〉

  • 自然素材で肌触りが良い
  • 衛生的
  • クッション性が高い
  • インテリアに馴染みやすい

〈デメリット〉

  • パーツの境目やマット下にゴミ・埃が溜まりやすい
  • 家具の跡がつきやすい
  • 擦り傷に弱い
  • 紫外線に当たると変色したり表面が崩れたりすることがある

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ モンテッソーリのお部屋作り。 0歳児の時はこんな感じでした。 娘のスペースがはっきり分かるように、リビングにコルクマットを敷いています。 まだハイハイをしていたため、机と椅子、そして身支度用の棚は置かず、シンプルに絵本棚とおもちゃ棚のみ。 娘が1歳半になるまでは #ダンサーモビール も吊るしていました☺️ おもちゃは厳選した6個のみを1週間に一度ローテーションしていました。 おもちゃ箱にがさっと全部入れていた時より集中して遊んでくれるようになった気がします。 ・ #0歳児 #2歳児 #ワーママ #モンテッソーリ #モンテッソーリのお部屋づくり #おうちモンテ #子供部屋 #子供部屋収納 #おもちゃ収納 #教具棚 #モンテッソーリ子育て #キッズスペース #ベビースペース #子供服収納 #絵本棚 #環境作り #おかたづけ育 #お片付け育 #ムナリモビール #コルクマット

ワーママりぃ(@mama_editorsnote)がシェアした投稿 –

商品例

低ホルムアルデヒドで健康に配慮した商品です。丸ごと水洗いもできるので、汚れてもその箇所だけパーツを外してお手入れ楽々。

3,置き畳

マットの表面が畳状になったパーツを並べて使用します。置くだけで畳スペースが完成、子供をお昼寝させたり洗濯物を畳んだりするのにとっても便利!素材により特徴が異なりますので、目的に合わせて選びましょう。

〈メリット〉

  • 天然素材で肌触りが良い
  • 天然い草製ものは調湿機能がある
  • 和紙や化学素材の製品は水や汚れに強い
  • モダンなデザインのものもある

〈デメリット〉

  • ずれやすいので滑り止めが必要
  • 比較的高価
  • 重さがある
  • ダニ対策が必要
  • 天然い草製のものは水に弱い

View this post on Instagram

「ピンクの水玉柄の縁でガーリーなお部屋に!!」 カラー畳表と可愛い柄の縁でガーリーなコーディネイト。 素材の組み合わせ次第で、畳のある部屋と思えない個性ある空間を作ることができます。 ふとした瞬間に、我が子の可愛さを改めて実感することも。 そんな癒しの瞬間に優しく寄り添います。 ※ 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます #畳,#畳店,#台東区,#浅草橋,#浅草,#置き畳,#フロア畳,#ダイケン,#健やかダイケン,#セキスイ美草,#オーダーメイド,#東京都,#ユニット畳,#やわらかい畳,#柔らかい畳,#おしゃれな畳,#ヘリ無し畳,#国産い草,#熊本産天然い草,#畳職人,#琉球畳,#和モダン

A post shared by 「薄いんだけど柔らかい」金井畳店オリジナル置き畳 (@isao.okitatami) on

女の子の部屋にぴったりな可愛らしいデザインの置き畳です。必要な分だけ畳スペースを作れて、後から増減できるのも嬉しいですね。

商品例

送料無料 畳 arun ござ 置き畳 純国産 日本製 アラン たたみ 正方形 タタミ tatami 1枚入り ヘリなし リビング 畳マット フロア畳 敷マット ジョイント 敷きマット 畳スペース ユニット畳 フローリング 縁なし置き畳 8色から選べる フローリング畳 リビング敬老の日

国産のモダンなデザインの置き畳です。縁のないタイプなので、たくさん並べてもすっきりとして見えます。充実の8色展開も嬉しいですね。

小学生におすすめのマット

1,タイルカーペット

パネル状になったカーペットで、床の上に並べて使用します。厚みがあり、抗菌・防ダニ加工されている商品も多いので、活動的な小学生が使用するのにぴったりです。

〈メリット〉

  • クッション性が高い
  • デザインが豊富で高級感がある
  • 部分洗いが可能
  • 施工が簡単で敷き詰めやすい
  • ずれにくい

〈デメリット〉

  • 夏場は暑苦しい
  • 比較的高価

 

この投稿をInstagramで見る

 

インテリア王国さん(@interior_kingdom)がシェアした投稿

六角形の個性的なタイルカーペットです。カラーも豊富で、並べ方によって整然とした雰囲気になったり動きのある雰囲気になったりしそうです。

商品例

防汚・防ダニ加工が施され、遮音性・消臭性に優れた商品です。機能性が高いばかりではなくカラー・デザインも豊富で、グッドデザイン賞を受賞しています。

2,フローリング状のマット

フローリング材がマット状になったもので、フローリングマット・ウッドカーペット・フローリングタイルなどと呼ばれます。和室を洋室に変えたい場合、フローリングを傷や汚れから保護したい場合に使用します。

〈メリット〉

  • 水や汚れに強い
  • 傷に強い

〈デメリット〉

  • 畳の上に敷く場合はダニ対策が必要
  • 遮音性が低い

商品例

カッターで切れるので、変形の部屋でも敷き詰め可能。本物の木の質感に近づけた10色展開です。

中高生におすすめのマット

1,ラグ・カーペット

走り回ったり、床を汚したりすることも少ない中高生には、インテリアとしてのラグ・カーペットがおすすめです。勉強するときや、お友達と床に座っておしゃべりするときの足元の冷えを防止する役割も果たします。

〈メリット〉

  • 移動が簡単
  • 洗えるものは清潔
  • デザインやサイズが豊富

〈デメリット〉

  • 薄いものはずれやすい
  • 素材によっては埃や遊び毛が出やすい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryutaro Nagai 永井隆太郎さん(@ryuflat.interior)がシェアした投稿

商品例

さらっとした肌触りで、年中快適に使えます。裏に滑り止め加工、丸洗いOKも嬉しいポイント。男女問わないデザインもオシャレですね。

2,チェアマット

移動が多い椅子の下に敷いて、床への傷を防ぐ部分マットです。椅子の滑りを良くして、階下への騒音を防止する効果もあります。

〈メリット〉

  • 傷に強い
  • 手入れが簡単

〈デメリット〉

  • 滑り止め対策が必要
  • デザインが乏しい

 

この投稿をInstagramで見る

 

@rakuda37がシェアした投稿

商品例

曲線が美しい形状で、前後だけでなく左右への移動も考慮されています。裏面には滑り止め加工、パイルの長さも程よく調節されており、ストレスなく机に向かえそうですね。

マットを選ぶ際の注意点

1,毛足が長いものは避ける

表面のパイルが長いと、汚れが絡まって取りにくい・埃や遊び毛が出やすい・ダニが発生しやすい・夏場は暑いなどのデメリットがあります。特に子供が小さいうちは、毛足の短いタイプや毛のないタイプが使いやすいでしょう。

2,滑り止め対策

マットの厚みがない場合や部屋全体に敷き詰めていない場合は、子供がマットの上を移動した際にずれてしまうことがあります。転倒して危険な場合もありますので、マットがずれないよう滑り止めをしっかりしておきましょう。

3,生活習慣に合ったものを

子供は一日中ベビーベッドで寝ている、スリッパを履いて生活している…など、そもそもマットが必要ない場合もあります。機能やデザインだけでなく、ご家庭の生活に合ったマットを選ぶようにしましょう。

4,騒音が気になる場合

集合住宅の2階以上に住んでいる場合は、階下への騒音が気になりますよね。通常のマットの下に、防音に特化したシートを重ねて敷くのがおすすめです。ピアノや打楽器を演奏する場合は、それに加えて衝撃音を伝わりにくくする吸振マットも併用しましょう。

防音シート商品例

業務用にも使用される、遮音性の非常に高いタイルカーペットです。三重構造で、日本の防音規格の最高レベルを獲得しています。

吸振マット

厚さ10mmのゴム製マットで、防音シートでは防ぎきれない衝撃音を吸収します。楽器や運動機器の下に敷いて使用しましょう。

床暖房・ホットカーペット対応

床暖房やホットカーペットを使用している場合は、その上に敷いても問題ないかを必ず確認しましょう。対応していないマットを使用すると、痛んだり火災の原因になったりします。

まとめ

子供が小さいうちは、床を汚したり傷つけたりうるさく走り回ったり、いろいろと気を揉むことも多いものです。機能性に優れたマットで、育児の悩みが少しでも和らぐといいですね。子供が大きくなったら自分の主張が出てきて、これまた親の思い通りにはなりません。様々な条件を考慮してマットを選ぶのも一苦労です。

「あぁもう、何がいいのか分かんない!」とマット選びに疲れたら、インテリアのプロに相談してみてはいかがでしょうか。きっと納得のいく商品に出会えるはずです。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!