全面リフォーム

全面リフォームの費用相場は?一戸建てを新築同様に!

住んでいる家の築年数が経ってくると、水回りが汚れやすくなったり、設備の劣化を感じてきます。ライフステージの変化により使いやすい間取りも違いますし、建物が古いと耐震性も心配になりますね。

家全体の老朽化が気になるときは、様々な箇所を個別にリフォームするより、家全体を一度にリフォームする方がお金も手間も少なくて済みます。

でも気になるのが費用の面。一戸建の全面リフォームにはどのくらいお金が必要なのかをご紹介します。

全面リフォームと建て替え、どっちがお得?

全面リフォームと建て替えの違いは、構造体を取り壊すかどうかという点にあります。壁や屋根をすべて解体したとしても、基礎や柱が残っていればリフォームということになります。

全面リフォームと建て替えでは、どのくらい費用に差が出るのでしょうか。100㎡の一戸建ての工事費(材料・設備費含む)の価格帯は、次のとおりです。

  • 全面リフォーム…500万~1200万円
  • 建て替え…1400万~3000万円

建て替えの場合は、上記の工事費の他に不動産取得税・固定資産税・都市計画税・登録免許税などの税金を別途支払わなければいけません。建物の骨組みが残っている全面リフォームでは地鎮祭や上棟式を行うことはありませんが、建て替えの場合は新築と同様ですので、その分の費用もかかります。

基礎に問題がなく、通常のリフォームを行う場合は全面リフォームの方が安く済みます。ただし、地盤が弱く基礎が傾いている、基礎にヒビが入っている、柱が劣化しているなどの場合は、建て替えを行う必要があります

全面リフォームの費用内訳

全面リフォームの費用内訳

全面リフォームを行う際、さまざまな費用がかかります。費用の内訳を見ていきましょう。

費用の内訳

仮設工事費 養生や足場の組み立てを行う費用(運搬費や廃材の処分料を含む場合もある)
解体工事費 既存の設備を解体し撤去する費用
木工事費 職人が木材を使って行う工事の費用
防水工事費 外壁などの防水工事
建具工事費 ドアや窓の工事費(木製建具工事と鋼製建具工事に分けられることもある)
内装工事費 床や壁、天井の工事費
給排水設備工事費 水回りの設備の取り付けと給排水の配管工事の費用(設備本体の価格も含む)
電気工事費 家の中の電気配線工事の費用
塗装工事費 ドアや窓の木枠などの塗装工事の費用
建材工事費 フローリングや断熱材の材料費と取付工事費
電気設備器具工事費 照明器具や換気扇など電気設備本体の費用
雑工事費 カーテンレールの取り付けや清掃など、その他の作業に関する費用
諸経費 現場の管理費、設計費、営業経費など(総額の5~10%)
材料費 内外装に使用する床材・建具・塗装などの材料費

その他にも「基礎工事、外壁工事、屋根工事、左官工事、タイル工事、ガラス工事、家具工事、空調設備工事、床暖房工事」などが追加になる場合もあります。逆に全面リフォームでも上記すべてがかかるという訳ではありませんので見積もりで確認してください。

全面リフォームでは、構造体に関する工事は行わないものの、他は建て替えや新築と同様の工事が発生するため、場合によっては費用がかなり高額になることもあります。

費用が高くなるケース

下記のような場合、費用が高くなります。

  • 基礎の補強が必要
  • 柱や土台の変更が必要
  • 断熱工事を追加
  • 給排水管の工事が必要
  • 駐車場がない
  • 途中でプランの変更、追加を行う

いざ解体をしてみたら思っていたよりも状態が悪かった場合、追加で費用が掛かってきます。工事を始めないと分からないこともあるので余裕をもって予算を組んでおきましょう。

また、駐車場がないと業者が使用した駐車場代を払わなくてはいけなくなるのでその分費用が増えてしまう場合もあります。

費用が安くなるケース

逆に想定よりも費用が安くなるというケースもあります。費用が高くなるケースと逆で、解体してみたら思っていたよりも状態が良かったという場合ですね。

壁のクロスをはがしたところ、下地の状態が良かったという場合などは下地の張替えを省くことができるのでその分費用が抑えられます。

また、他にも既存の設備でまだ使えるものがある場合はその分の費用を節約できます。ちなみに我が家は中古を買って全面リフォームしたのですが、給湯器は数年前に交換したばかりだったので既存のものを使うことにしました。リフォーム全体から見たら微々たるものですが少しでも節約できるところはしたいですよね。

リフォームの直接な費用ではないですが、リフォーム中に仮住まいするとなると仮住まいの費用も発生してきますので頭に入れておきましょう。

リフォーム中の仮住まい。費用と流れを見てみよう! 全面リフォームなど大幅なリフォームを行う場合、一時的に仮住まいに住む場合もありますよね。ただでさえリフォームでお金がかかりますが...

フルオーダーとセミオーダーでも費用に差が出る

全面リフォームをする時、フルオーダーにするかセミオーダーにするかによっても費用は変わってきます。

フルオーダーとセミオーダーの違いって?

フルオーダー:リフォーム箇所を1つ1つ打ち合わせして決定する

セミオーダー:リフォーム会社があらかじめ作ったいくつかのプランから好きなものを組み合わせる

全面リフォームというとフルオーダーのイメージがありましたが、セミオーダーでもできるんですよ。フルオーダーなら自分の好きなようにリフォームできる一方、費用も時間もかかってしまいます。

一方、セミオーダーなら費用の節約ができますし、打ち合わせの時間なども短く済みます。

セミオーダーは坪単価で費用が計算できることも!

住宅を購入する時は坪単価〇円という表記を見かけることがあると思います。リフォームの場合、どこまでリフォームするのかやリフォーム前の状態が異なるので坪単価〇円とするのは難しいです。

ですがセミオーダーの場合、定額制のリフォームもあり坪単価〇円と表記されている場合もあります。坪単価が表示されていると見積もりをしなくても費用が分かりやすくていいですよね。ただし、リフォームの内容や家の状態によっては価格が変わることもあるので参考程度に考えてき、最終的には見積もりで判断しましょう。

一般的に全面リフォームの坪単価は17~60万円参考)と言われています。ですが、リフォーム前の状態によっても変わってくるので、60万円より高いからといって一概に高いとは言えないのがリフォームの坪単価の難しいところ。ですが相場を知っていれば相場より高かった場合、なぜ相場より高くなるのか質問することもできますよね。

シロ
シロ
相場より高いからおかしい、相場内だからOKじゃなくて、ちゃんと納得できるかどうかを大事にしたいね…!

全面リフォームの事例を紹介

最後に、実際に全面リフォームをした一戸建ての事例をご紹介していきますね。費用や工期など参考にしてみてください。

家族の顔が見え、家事がはかどるコの字型キッチン。|東京ガスモデリング

リフォーム箇所: キッチンリビング・ダイニング、浴室、サニタリー、玄関・ホール・廊下
費用:1,100万円
築年数:33年
施工面積:約45.13m²
工事日数:不明

こちらは1階部分を全面リフォームした事例です。元々の雰囲気は残し、家事がスムーズになるように生活導線を見直しました。

使わない部屋を、思い切って吹き抜けに。光あふれるLDKが誕生|東急Reデザイン

リフォーム箇所:外壁・屋根、 玄関、 リビング・ダイニング、 キッチン、 浴室、バス、トイレ、 洗面所、洋室、 階段、 ロフトなど
費用:不明
築年数:31年
施工面積:約122m²
工事日数:120日

元々2世帯住居だったけれど使わなかった部屋を吹き抜けにするという大幅なフォームをした事例です。

ペットと一緒に暮らすリノベーション|LIXILリフォームショップ

リフォーム箇所: 外壁 LDK 洋室
費用:1,000万円~
築年数:25年
施工面積:不明
工事日数:不明

築25年の戸建てを「ペットと暮らす家」というテーマでリフォーム。水回りなどはリフォームしていないので費用も抑えられていますね。

戸建1階部分全面リフォーム!!|サンコウホーム

リフォーム箇所: 1階全面
費用:521万円
築年数:不明
施工面積:不明
工事日数:3カ月

1階部分のみ全面リフォームした事例です。3つの部屋を1つにするなど大幅なリフォームをしていますが費用は抑えられていますね。

横浜市H様邸 ~キッチンから始まる生活~|SUVACO

リフォーム箇所:1階全面リフォーム
費用:970万円
築年数:19年
施工面積:約50m²
工事日数:2カ月

こちらも1階部分のみ全面リフォームされています。デザイン的でおしゃれな仕上がりですがこれで1,000万円以下問うのは嬉しいですよね。

◆太陽と海風を感じる、西海岸風インテリアの家◆|ひかリノベ

リフォーム箇所: 全面リフォーム
費用:910万円(参考
築年数:26年
施工面積:約101.90㎡
工事日数:不明

こちらは4LDKの部屋を3LDKに間取り変更しています。1,2階合わせたリフォームでこのお値段なんですね。

récolte – 実家リノベで雑貨とグリーンと思い出に囲まれて暮らす|SUVACO

リフォーム箇所: 外壁 LDK 洋室
費用:2,000万円
築年数:33年
施工面積:約 123.39㎡
工事日数:5カ月

築31年の実家を全面リフォームして住みやすくした事例です。オリジナルのドアなどを使用していることもあり費用は少し高めですね。

家の傾きから屋根の重さまで丸ごとリフォーム|ホームプロ

リフォーム箇所: キッチン、浴室・バス、トイレ、洗面、リビング、洋室、和室、和室、廊下、外壁、屋根、窓・サッシ、窓・サッシ、バルコニー・ベランダ、外構・エクステリア、外構・エクステリア、階段、収納
費用:1,200万円
築年数:30年以上
施工面積:不明
工事日数:3カ月以上

家の傾きまで丸ごとリフォームした事例です。内装だけでなく屋根や外壁までリフォームされていますね。

吹き抜けがダイニングスペースに!|ハウスネットギャラリー

リフォーム箇所: 全面
費用:1,500万円
築年数:20年
施工面積:約125m²
工事日数:4カ月

家をスケルトン(骨組みのみ)状態にしてリフォームした事例です。おしゃれで機能性も高い家になりましたね。

自然素材でスケルトンリフォーム!増築し、耐震補強も|リショップナビ

リフォーム箇所:全面
費用:1,800万円
築年数:19年
施工面積:不明
工事日数:60日間

こちらもスケルトンリフォームの事例です。増築と耐震補強も同時に行いました。

一言で全面リフォームといっても、1階のみ全面リフォームという家から外装までとさまざまでした。全部リフォームすることが目的ではないのでどのリフォームが必要なのかもう一度検討してみましょう

実際の事例を見て見ると1,000万円前後が多いですね。そのくらいを目安にして見積もりを出してもらうというのも1つの手です。

もっとたくさんの事例を見たい方はこちらもどうぞ。

家族構成で見るスケルトンリフォームのマンション事例集!間取りで気を付ける点は? 今住んでいるマンションを使いやすくしたり、初めからリフォーム前提で中古マンションを購入したり、マンションのスケルトンリフォームを...

まとめ

戸建ての全面リフォームについて見てきました。

全面リフォームは家の状態やどこまでリフォームするかによって費用が異なります。ですが実際の事例を見ると1,000万円前後が多いようです。

費用は割と近かったですが、どこまでリフォームしたのかはさまざま。全部理想の状態に変更するのが理想ではありますが上を見たらキリがありません。予算を立てて本当に必要なリフォームを優先させリフォームプランを立てていってください。

全面リフォームしたいけど、仮住まいはしたくない!住みながら工事ってできるの? 老朽化が気になる我が家。水回りが古くて使いにくいし、外壁も色褪せてる。耐震性も心配…。そんなときは全面リフォームで家全体を新築同...
戸建ての全面リフォームの工期はどれくらい?着工から完成までの期間の目安 引っ越した直後は快適でも、長年住んでいると不具合が出てくることがありますよね。築年数が20~30年を超えると、設備が老朽化して使...

マンションの全面リフォーム費用についてはこちら。

全面リフォームでマンションが新築同様に!費用はどのくらいかかる? 「自宅マンションの老朽化した設備を一新したい」 「生活スタイルに合わせてマンションの間取りを変えたい」 「立地が気に...
このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!