全面リフォーム

スケルトンリフォームはマンションだとこのぐらいの費用!格安にする方法は?

スケルトンリフォームはマンションだとこのぐらいの費用!格安にする方法は?

 

普通のリフォームとは違い、費用も大きくなり工事期間も長いスケルトンリフォーム。マンションの場合にはどのぐらいの費用がかかるのでしょうか?そして格安で行う方法はあるのでしょうか?

 

今回は、マンションのスケルトンリフォームにまつわる費用の抑え方や価格帯別で見るリフォーム事例についてご紹介します。

価格帯別で見るマンションのスケルトンリフォーム

価格帯別で見るマンションのスケルトンリフォーム

 

マンションにおけるスケルトンリフォームでは、総工事費600万円以下・1,000万円以内・1,0000万円以上とおおよそ3つのパターンで、行える工事の内容が変わります。

 

まずは、それぞれの価格帯ではどのようなスケルトンリフォームが可能なのかについて見ていきましょう。

600万円で出来るスケルトンリフォームは?

600万円前後で全面スケルトンリフォームを行う場合には、マンションの面積が60㎡程度である必要があります。

 

マンションのスケルトンリフォームでは、㎡あたり10万円程の定額制の解りやすい金額設定で行っている業者も多く、内装や設備のランクが標準的なものであればこの金額内に納まります。費用が安く人気がありますが、間取りや設備の自由度はありません。

 

全面ではなく、一部リフォームの事例はこちら。

[normal_box2 color=”green” border=”b2″]≪事例≫ロフトで生活スペースを確保するマンション
こちらの事例では、内装以外ではキッチンを壁付けから対面型に変更、子供部屋の間取りの変更などが行われていました。費用は350万円です。

この価格帯だと、リフォーム出来る内容も幅が狭く、自分なりのこだわりを内装や設備に反映させるといったことは難しくなります。[/normal_box2]

600万円以上1,000万円以内で出来るスケルトンリフォームは?

600万円から1,000万円以内のスケルトンリフォームでは、自分の思い描いている理想ととても近いものが出来上がるでしょう。マンションの面積が広ければ難しいですが、2LDKで70㎡程度なら、リフォームで叶えたいことがほぼ出来ると考えて大丈夫です。

[normal_box2 color=”green” border=”b2″]≪事例≫大黒柱のあるマンション
こちらの事例は、LDKに隣接していた和室と納戸を取り払い、大黒柱や梁を設置してナチュラルな木の風合いを生かしたお部屋へとチェンジしたスケルトンリフォームです。

2LDK、76,7㎡で、価格は750万円。床はバリアフリーで段差がなく、子供たちものびのびと遊べる明るい空間へとチェンジしています。浴室やトイレなどは、場所を変更せず内装だけを新しくしているため工事費用が抑えられています。[/normal_box2]

1,000万円以上だとこんなに変わる!

1,000万円以上のスケルトンリフォームでは、完璧に理想通りの住まいへと変貌を遂げることが出来るでしょう。その事例を2つご紹介します。

[normal_box2 color=”green” border=”b2″]≪事例1≫二世帯が暮らすマンション
こちらの事例では、総工事費が1,100万円と、マンションのスケルトンリフォームの中では高額のものになりました。

その理由は、間取りの大幅な変更、水廻りや内装へのこだわりといったところにあるようです。元々の間取りではLDKはやや狭く、3つの洋室が大きくスペースがとられていました。しかし改装後には、LDKを広くさらにアイランド型の対面キッチンに、3つの洋室のスペースを狭くといったようにマンション全体の間取りが変更されています。[/normal_box2]

[normal_box2 color=”green” border=”b2″]≪事例2≫土間のあるマンション
こちらの事例では、3LDK約71㎡のマンションを、2LDKに変更しています。元々あった和室を取り払いLDKに、リビングの一部を洋室に、そして玄関そばの洋室を土間として玄関スペースを広げています。

全てにおいてゆとりの空間が生まれる間取りとなり、壁や天井には珪藻土を採用、自然な調湿を可能としています。総工事費は1,240万円。[/normal_box2]

このように改装前と後の変更部分が大きくこだわるポイントが多数あると、金額は高くなる傾向にあります。

マンションのスケルトンリフォームを格安にするコツ

マンションのスケルトンリフォームを格安にするコツ

では最後に、マンションのスケルトンリフォームの費用をなるべく抑えるコツをご紹介します。

リフォームのグレードや内容を考える

一見安く感じる定額制スケルトンリフォームですが、こちらは基本工事での最低価格が設定されているということですので、オプションを追加していくごとにどんどん価格が跳ね上がっていきます。

 

基本の工事内容は、解体撤去作業から設備の設置まで、全面スケルトンリフォームにおける基本的な工事すべてが含まれています。また、住宅設備も標準で設置する商品が決められており、それよりも良いものにしたい!となると価格は上がります。

 

例えばキッチンであれば、標準は壁掛けだけれども、アイランド型や対面型が良いという場合にはさらに設備費用と工事費用が上乗せされます。

 

かといってすべてを節約してしまうと、折角リフォームをしたのに仕上がりが気に入らない・・・ということもありますので、自分の理想と予算を天秤にかけ、ここは絶対に譲れないけれど、ここはちょっと安く仕上げようというようにバランスを取っていくのが良いでしょう。

現在の間取りをどう生かしていくかということを考える

間取りを考えた時に、全く新しいものを創造するのではなく、現在の間取りをどう生かしていくのか?ということを考えると費用が抑えられます。

 

単純にリビングを広くしたい!といった時に、引き戸で仕切られている和室が隣接しているのであれば、和室をリビングへと変更することは容易です。しかし、リビングと隣接する部屋の半分をリビングに、といった場合には、今まで壁がなかったところに壁を設置するということになります。

 

壁や部屋の数が増えると、それに伴って電気の配線や柱・梁においても追加工事が必要となり費用が高くなってしまいますので注意しましょう。

配管の移動はNG!

マンションのリフォームで、一番大変になるのが設備の移動に伴い配管に変更が生じる時です。

 

キッチンやお風呂の位置を変えてしまうと、排水管や給水管自体の場所は変わらないため、変更後の場所まで管を伸ばすという工事が必要になります。

 

元々の給排水管の位置から遠い場所に水回りを設置するためには、床を高くしなければいけないため、とても費用が高くなってしまいます。なるべく費用を押さえたいのなら、水廻り位置の変更はやめておきましょう。

まとめ

マンションのスケルトンリフォームを格安で行いたいのなら、金額設定の解りやすい「定額制」を取り入れている業者に依頼するのが良いようです。このような業者は、スケルトンリフォームの施工に慣れているのでお勧めですよ。

 

安さよりもこだわりを重視したい方は、予算を1,000万円以上と考えておくと良いでしょう。長く暮らしていく我が家ですから、少しでも悔いなく満足のいく工事をしてもらえるように、業者選びは焦らず慎重にしていきたいですね。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!