水回り

ユニットバス?フルオーダー?お風呂のリフォーム費用を戸建とマンションで比較!

戸建の風呂リフォームの費用

 

一日の疲れを癒すリラックス空間、お風呂。しかし特に湿気が多い場所であるため、通常10~15年でリフォームが必要となります。

 

どうせなら、今よりもお手入れが簡単で、よりリフレッシュできるお風呂にしたいですよね。

 

気になるお風呂のリフォーム費用を、戸建とマンションそれぞれについてご紹介します。

お風呂の種類

風呂の種類

 

お風呂のタイプには「在来工法」と「ユニットバス」があり、リフォーム費用はタイプによって変わってきます。
[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 在来工法…壁や床にタイルを張って、浴室の広さに合わせた浴槽を配置したお風呂。自由度が高く、好きなようにお風呂を作り上げることができる反面、防水性が低い、工期が長く費用がかかるというデメリットも。
  • ユニットバス…工場で生産された浴槽や壁・床などのパーツを、現場で組み立てるタイプのお風呂。防水性が高く、費用が比較的安いメリットがありますが、デザインやパーツの規格がある程度決まっており、自由度は低め。

[/imglist]
マンションはほとんどがユニットバスタイプ、戸建ではユニットバスが主流ではあるものの在来工法でお風呂を作ることもできるので、リフォーム費用は一般的に戸建の方が高くなる傾向にあります。

 

パターン別 お風呂のリフォーム費用

一般的にお風呂のリフォーム費用は、戸建では50~200万円、マンションでは50~150万円ほどとされています。どのお風呂のタイプにリフォームするかでも費用は大きく変わりますので、パターン別に費用を見ていきましょう。

 

ユニットバスからユニットバスへのリフォーム

最も工期が短く、費用も安いパターンで、相場は50~150万円ほどです。

新しく入れるユニットバスのグレードによっても費用は異なり、200万円を超える高級グレードのものに入れ替える場合はリフォーム費用が300万円ほどになる場合もあります。

またユニットバスの大きさによっても工事費が異なります。既存のものと同じ大きさのタイプに入れ替える場合は最も費用が安くて済みますが、バスタブが大きいほど工事費は高くなります。

 

在来工法からユニットバスへのリフォーム

既存のお風呂を解体する工事費がかかるため、相場は80~300万円ほどです。

床や壁が傷んでいて補修が必要な場合は、更に10~40万円ほどの費用が必要です。

またユニットバスが入り口から入らない場合は壁の一部を壊して搬入するため、費用が10~20万円追加されます。

 

在来工法へのリフォーム

在来工法には水漏れしやすいデメリットがあり、防水のための基礎工事をしっかり行うので、工事費用はその分高くなります。相場は100万円~500万円とされていますが、素材や建材を思いのままに選ぶことができますので、場合によってはさらに高額になる場合もあります。

 

オプション費用

お風呂のオプション費用

 

日本の水回り技術は日々進歩していて、生活に便利な機能や、リフレッシュ効果を高めるオプションが数多く開発されています。ユニットバスの中にはオプション機能が豊富な「システムバス」と呼ばれるものもあり、自分好みのお風呂をセミオーダーすることができます。

 

人気の高い追加オプションの費用相場は以下のとおりです。
[imglist icon=”check1″ color=”green”]

  • 浴室乾燥機…15~30万円
  • 浴室テレビ…15~20万円
  • ミストサウナ…10~30万円
  • ジャグジー機能…10~20万円
  • バブルバス…10~15万円

[/imglist]

まとめ

リフレッシュできる空間であり、家族のコミュニケーションの場でもあるお風呂。特別な思いを持った方も多いのではないでしょうか。

 

在来工法で自分のこだわりを追及したい、システムバスにオプションを追加して自分好みにした、特にこだわりはないのでとにかく安く済ませたい、いずれにせよ重要なのは信頼できるリフォーム会社に依頼することです。お風呂のリフォームを検討している方は、まず何でも話せる担当者を見つけて、満足のいくリフォームを実現しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!