風呂

お風呂のバリアフリーリフォームで出来ることは?費用や事例もご紹介!

家の中でバリアフリーリフォームをすることの多い場所の1つにお風呂が挙げられます。毎日使用するお風呂ですが、年齢を重ねるとかなり大変な作業になってしまいます。お風呂では転倒などの事故も起こりやすいので気を付けなくてはいけませんよね。

今回はお風呂のバリアフリーリフォームではどんなことができるのか、費用と事例をご紹介していきます。

お風呂のバリアフリーリフォームの内容と費用

お風呂のバリアフリーリフォームと一言でいっても内容は様々あります。内容を見ていきましょう。

手すりの設置

費用:4,000円~5万円(参考

バリアフリーリフォームといえば手すりの設置を思い浮かべる人が多いでしょう。

お風呂は立ち座り、浴槽をまたぐなどの動作があります。転倒のリスクを避けるために手すりがあると安心ですね。浴槽付近だけでなく、出入り口付近にもあると安心ですよ。

手すりのみの後付けもできますが、ユニットバスのオプションで設置することも可能です。オプションの場合4,000円からと費用も安く抑えられます。

浴槽をまたぐ動作は特に負担がかかるので、介護用の椅子があるとより安全に入浴することができますよ。浴槽と同じくらいの高さに設置すればまたぐ動作が楽になります。

こちらは背もたれやひじ置きなども付いたタイプです。介助が必要な方はこのタイプが安心ですね。

created by Rinker
山善(YAMAZEN)
¥3,351
(2021/10/18 02:48:55時点 Amazon調べ-詳細)

1人でお風呂に入れるけれど浴槽をまたぐのがちょっと大変、という方は簡易的なタイプで十分だと思います。

段差の解消

費用:5万円~28万円(参考

古いお風呂の場合、出入り口に段差があることが多いです。段差でつまずいてしまうと転倒の原因になり、危険ですので段差は解消した方が安心です。

バリアフリーの観点から見ると完全なフラットにするのが一番ですが、脱衣所に水が漏れやすくなってしまいます。水が漏れて滑ってしまっては元も子もないですね。水漏れを防止するならある程度の段差は必要になってきます。2cm以内の段差であれば転倒のリスクは少なくなりますよ。

床材の交換

費用:4万円~20万円(参考

古いお風呂の場合、床材にタイルを使用していることが多いです。タイルは濡れると滑りやすい上、固いので転倒するとケガのリスクが高くなります。また、床が冷たくなりやすいのでヒートショック(参考)の危険性もあるんですよ。

お風呂の床材は

  • 滑りにくい
  • 水はけがよい
  • 衝撃吸収性がある(転倒した場合のケガの軽減のため)

ものを選びましょう。今は各メーカーから高性能な床がたくさん出ていますよ!

お風呂の床材について詳しくはこちら。

風呂場の床をリフォームしたい!おすすめの床材は?DIYでもできる? お風呂の床のカビが取れなかったり、汚れがひどかったりするとリフォームしたい!と思いますよね。どうせリフォームをするのなら、保温性...

さらにマットを敷いておくと安心かもしれませんね。

こちらは滑り止めの付いたマットです。

created by Rinker
ミエ産業(Mie-sun)
¥1,729
(2021/10/18 16:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

昔ながらのマットですが、クッション性のあるタイプもいいですね。

扉の交換

費用:5万円~20万円(参考

お風呂の扉で一番おすすめなのは引き戸です。引き戸なら間口を広く取れますし、車椅子でも中に入りやすいです。引き戸の設置が難しい場合は折れ戸がいいでしょう。引き戸や折れ戸は出入りの動作も楽になります。

開き戸の場合、動作に負担がかかるのでおすすめしません。さらに、内開きのドアの場合、万が一中で倒れてしまった場合の救助がしにくくなります。どうしても開き戸しか設置できない場合は外開きにしましょう。

浴室暖房をつける

費用:3~25万円(参考

部屋と浴室の温度差が大きいとヒートショックを起こしやすくなるため、浴室暖房をつけるという人もいます。ユニットバスのオプションでしたら3万円からと割安ですよ。

浴槽の交換

ユニットバスからユニットバスに変更:50~150万円

在来工法からユニットバスに変更する場合:65〜150万円(参考

お風呂をバリアフリー化させるのなら、浴槽自体の交換も検討しましょう。一番に考えたいのは浴槽の高さです。一般的な浴槽の高さは50cmほど。これをまたぐのが大変なんですよね。

浴槽の床は洗い場の床より5cmほど下げることができます。これだけで浴槽の高さは45cmほどになりますよ。また、段差が付いていたり、傾斜になっている浴槽もあるので使いやすいタイプを選びましょう。

また、万が一転倒したり、具合が悪くなった時のために呼び出しボタンのある風呂にするのもおすすめです!

シロ
シロ
一部分のリフォームを見てきたけど、在来工法のお風呂ならまずはユニットバスにするのがおすすめだよ。
風呂場のリフォームはユニットバスと在来工法どっちがいい?費用や事例をご紹介! 風呂場のリフォームを検討していると「ユニットバス」「在来工法」という単語が出てくると思います。それぞれ風呂場の建築方法のことです...

ユニットバスのオプションでバリアフリーは十分?

お風呂のバリアフリーをするのに様々な内容を挙げてきました。介護しやすいユニットバスを選び、手すりなどはオプションでつけるだけでもバリアフリーリフォームになります。

介護用のユニットバスというものもありますが、普通のユニットバスに比べて高額です。そして広いスペースも必要。

介護用ユニットバスは施設や病院用の商品も多いので注意しましょう。下記は家庭でも使えるタイプです。

お風呂の介助は素人では難しいですし、危険性もあります。車椅子などになればデイサービスなどで入浴したり、訪問介護でヘルパーさんと入浴というケースが多くなるでしょう。ヘルパーさんなら慣れているので、ある程度の介護しやすいお風呂であれば本格的な介護用のユニットバスでなくても十分ではないでしょうか。ケアマネージャーさんと相談して決めてくださいね。

お風呂のリフォーム、気になる費用の相場はどのくらい? お風呂は、10~15年程度でリフォームが必要だといわれています。どうせならデザインにこだわりたい、お風呂を広くしたいなど夢は広が...

脱衣所のバリアフリーも検討しよう!

お風呂をバリアフリーリフォームするのなら、脱衣所(洗面所)も同時にバリアフリーにするといいでしょう。元々お風呂と洗面所は一緒にリフォームされる方が多く、バラバラにリフォームするより工期が短くなり、費用も安くなるケースがあります。

脱衣所のバリアフリーリフォームは

  • ドアの交換
  • 床の張替え
  • 手すりの設置

などがありますよ。

また温度のバリアフリーといって、お風呂と脱衣場の室温差を少なくするリフォームも重要です。詳しくはこちら。

風呂場や洗面所は温度のバリアフリー化も!断熱リフォームでどのくらい変わる? バリアフリーリフォームというと段差をなくしたり、手すりを付けたりすることを指すのがほとんどですが、今回は「温度のバリアフリー」に...

お風呂をバリアフリーリフォームした事例

実際にお風呂をバリアフリーリフォームした方の事例を紹介していきます。全体的な費用など参考にしてみてください。

安全性だけでなく美泡湯で気持ちのいいバスタイムを演出|リノコ

費用:168万円
リフォーム内容:浴槽の交換、手すりの設置、ドアの交換など

将来を見据えてのバリアフリーリフォームです。バリアフリーリフォームというとシンプルなお風呂のイメージがありますが大理石を使用、ジェットバスを付けるなど快適さにもこだわっています。

介護保険を利用した浴室の改修|リショップナビ

費用:121万円
リフォーム内容:浴槽の交換、段差の解消、床材の交換、手すりの設置

段差の解消、手すりの設置はもちろん、温度差にもこだわったリフォーム。冷たくならない床とお湯が冷めにくい保温浴槽を取り入れました。

大変だったお風呂の時間がリラックスタイム 車いすでも快適入浴|Panasonic

費用:210万円
リフォーム内容:浴槽の交換、段差の解消、ドアの交換など

車椅子でも移動しやすく、座ったまま使えるシャワーを採用しています。前のお風呂とはガラッと買っていますがスペースはそのままなんですよ。

TOTOサザナでバリアフリー!高齢の方にも安心安全快適な浴室に!|ホームプロ

費用:110万円
リフォーム内容:浴槽の交換、床材の交換、段差の解消、手すりの設置など

手すりは浴槽と入口の2か所に設置。浴槽はベンチ付きなので座って入浴できますよ。床は滑りにくい床を採用しています。

浴室をバリアフリーリフォーム|価格.com

費用:150万円(洗面所含む)
リフォーム内容:浴槽の交換、手すりの設置、断熱工事など

お風呂と一緒に洗面所もリフォームした事例です。手すりの設置などを行い使いやすくなりました。断熱材を入れたのでお風呂の寒さも解消されます。

清潔な暮らしも使いやすさから。|LIXIL

費用:1,500万円(全面リフォーム)
リフォーム内容:浴槽の交換、手すりの設置、ドアの交換など

車椅子でも入れるよう、3枚引き戸のドアに交換。もちろん手すりも設置しています。洗面所も車椅子のまま使えるタイプなんですよ。

2人で楽しく過ごす|東京ガスリノベーション

費用:340万円(トイレ、洗面所含む)
リフォーム内容:浴槽の交換、段差の解消、暖房乾燥機の設置など

高齢の方の2人暮らしということでお風呂、トイレ、洗面所をバリアフリーリフォームしています。お風呂と洗面所に暖房乾燥機を入れ、温度のバリアフリーも。

まとめ

お風呂のバリアフリーリフォームについて見てきました。リフォームすべき箇所はたくさんありますが、ユニットバスの組み合わせ、オプションでほとんど対応できますよ。

古い在来工法のお風呂は、体が不自由な方にとっては使いずらい点が多いのでユニットバスに変更することをおすすめします。

身体状況などによってどんなお風呂なら安全か、というのは異なってきます。ケアマネージャーさんなどとも相談しながら安全なお風呂にリフォームしてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!