水回り

リフォームするタイミング、お風呂とトイレは別の方が便利?それとも一緒がお得?

リフォームするタイミング、お風呂とトイレは別の方が便利?それとも一緒がお得?

 

お風呂やトイレなどの水回りは傷みやすく、長年使っていると設備が劣化してきます。また掃除しても汚れが落ちにくいなどの使いにくさを感じるようになり、通常10~20年ほどでリフォームが必要となります。

 

日本の水回り設備の進歩は目覚ましく、10年前の商品と比較すると格段に性能がアップしています。節水や保温にも優れており、経済効果も見逃せません。

 

しかし気になるのがリフォーム費用。いずれやらなければいけない工事だから一緒にやった方が安くなるのか、そんなに違いはないのか、悩んでしまいますよね。お風呂とトイレのリフォームについて、一緒にやった方がお得になるケースとそうでない場合をご紹介します。

お風呂とトイレのリフォーム費用相場

お風呂とトイレ、それぞれを個別にリフォームした場合どのくらいの費用がかかるのでしょうか。それぞれの全面リフォームにかかる費用は以下のとおりです。

[normal_box color=”green” border=”b2″]お風呂のリフォーム費用(ユニットバスの交換、床・壁・天井の張替え)

費用の総額:50~150万円

内訳:設備・材料費 30~100万円+工事費用 20~50万円+諸費用[/normal_box]

[normal_box color=”green” border=”b2″]トイレのリフォーム費用(便器の交換、壁と床の張替え)

費用の総額:20~50万円

内訳:材料費 10~30万円+工事費用5~20万円+諸費用[/normal_box]

 

配管工事や別途オプションの取り付けなどがある場合は費用が上乗せされますが、相場は上記のとおりです。お風呂とトイレを別々にリフォームすると、リフォーム費用の合計金額がリフォームの総額となります。しかし一緒のタイミングでリフォームを行えば、重複する費用を節約することができます。

一緒にリフォームした方がお得!なケース

風呂とトイレ一緒にリフォームがオトクなケース

 

お風呂とトイレを同時にリフォームした方が費用面でお得なのはどんな場合でしょうか。

 

それぞれの費用で重複する部分が多い場合は、一度にリフォームした方が重複分をカットできてお得になります。

 

工事業者に支払う諸費用(管理費や事務手続き費など)は個別にリフォームするとその都度発生しますが、一緒に行う場合は1回分で済みます。担当者との打ち合わせの時間や手間も省けます。

 

どちらとも配管に関連する工事が発生する場合も、工事費が安くなります。例えばユニットバスの入れ替えと便器の交換を行いたい場合、どちらも同じ職人さんが工事を担当するため、人件費を削減することができます。

 

材料費・設備費もお得になります。リフォームに使用する資材はまとめて購入した方が割安ですし、ユニットバスだけを購入する場合よりユニットバスと便器を購入する場合の方が値引き交渉もしやすくなります。

 

お風呂とトイレが隣接した場所にある場合、同時に行った方が養生の費用も1回分で済み、工期も個別に工事するより短くなります。

別々に工事しても費用に差がないケース

お風呂とトイレ別々で問題ないケース

 

新たに設備を購入しない場合や、重複する工事がない場合は、同時にリフォームしても個別にリフォームするのとあまり費用が変わりません。

 

例えば、お風呂の壁と床の張替えとトイレに手すりを設置するリフォームを行う場合は、重複する工事がないため同時に行ってもあまりお得にはなりません。事務手続きなどにかかる費用は節約できますが、お得と言えるだけの額かどうかは見積もりを出してもらわなければ分かりません。

 

複数箇所のリフォームを検討していてタイミングの判断が付かない場合は、個別にリフォームを行う場合と一緒にリフォームを行う場合の見積もりを出してもらって検討しましょう。

まとめ

いつかはやらないといけない水回りのリフォーム。関連する箇所のリフォーム工事は同時に行ったほうがお得ですが、お風呂とトイレの劣化度合いが全く異なる場合は、無理に同じタイミングでリフォームする必要はありません。お得だからと何十万円も支払って、まだ十分使える設備を廃棄するのは節約と言えず、本末転倒だからです。

 

しかしどうリフォームするのが一番費用を抑えられるのか、見極めは大変難しいものです。そんなときは、リフォーム工事の実績が豊富なプロに相談してみましょう。信頼できる工事業者を見つけて最適なリフォーム計画を立て、無理なく快適な生活を維持しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!