室外機の目隠しカバーはつけるべき?エアコン効率が落ちることもある?

ooba1809
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

現在サイトリニューアル中のため一部デザインが崩れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

エアコンの室外機に目隠しカバーをつける人が増えています。

そのまま庭やベランダに置いてあると存在感が大きいですからね。室外機のカバーをつけるメリットとデメリット、選び方などを見ていきましょう。

室外機の目隠しカバーはあった方がいい?

エアコンの室外機は庭やベランダにあるとどうしても生活感が出てしまいますよね。また、音や熱、汚れが気になる人もいるでしょう。

室外機にカバーをつける人も増えていますが、室外機にはカバーを付けた方がいいのでしょうか。まずは室外機にカバーをつけるメリットとデメリットを理解しておきましょう。

室外機カバーのメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

  • 見た目がおしゃれになる
  • 室外機を汚れから守る
  • 直射日光から守る

室外機カバーのメリットはやはり、見た目がおしゃれになる、ということでしょう。そのままですとどうしても生活感が出てしまいますが、おしゃれなカバーをすれば庭やベランダの雰囲気を壊しません。

また、カバーをしていることで室外機が汚れにくくなる、直射日光から守るというメリットも。

「雨から守る」というのもありますが、室外機は屋外で使用することを想定しているので雨に濡れても問題ありません。ただし、積雪してしまうとエアコンが運転できないことがあります。室外機カバーは吹き出し口に雪が積もるのを防いでくれるというメリットもあります。

室外機カバーのデメリット

実は室外機カバーには【冷房効率が下がる場合がある】というデメリットがあります。これは大きなデメリットですよね。いくらおしゃれに見えても肝心の機能が落ちてしまっては元も子もありません。

室外機で冷房効率をよくするには?

室外機は、室内機が吐きだす空気の熱を外に捨てる、という役割をしています。室外機の前に物が置いてあったり、カバーをかけていると、捨てた熱をまた吸い込んでしまい、冷房効率が悪くなってしまいます

室外機の前に物が置いてなくても、直射日光が当たる場所に室外機があると周囲が熱くなりすぎてしまい熱を放出しにくくなり、冷房効率が悪くなります。

つまり、夏場は室外機を覆いすぎてもダメ、野ざらしにしていてもダメなんです。

ダイキンでは室外機の前にいはなるべく物を置かず、風通しが良い様にすること。転中はカバーを外すことを推奨しています(参考)。

室外機カバーを付ければ直射日光から守ることができるので冷房効率が高くなるという場合もあり、なかなか判断が難しいですね。

室外機カバーの選び方

室外機のカバーはメーカーによっては推奨されていません。それでもどうしても付けたい、という場合はどんなタイプを選んだらよいのでしょうか。

室外機カバーをつける場合は、室外機の上のみに付ける屋根型がおすすめです。屋根型なら吹き出し口を覆っていないので冷房効率が落ちることはなく、直射日光から室外機を守れます。

室外機カバー 75〜80×33×9.7cm 幅調整可能 取付簡単 ほこり 雨 雪 直射日光 暑さ対策 屋根型 エアコン 節電 日よけ 一年中 オールシーズン(代引不可)【送料無料】

屋根型は比較的安価ですし、取り付けも楽ですよ。しっかり寸法を測り、大き目のサイズを選んで直射日光から守りましょう

屋根型のカバーは直射日光だけでなく、雪からも守ってくれますよ。

目隠し目的なら箱型

室外機の目隠しが目的なら箱型タイプを選びたいと思います。ですが全面を覆う箱型タイプはあまりお勧めしません

どうしても箱型タイプを選ぶのであれば

  • ご使用の室外機よりも大きめのサイズ
  • 隙間が大きめで風を通しやすいタイプ

を選ぶようにして、少しでも風の通り道を作りたいですね。

★P5倍★0のつく日+P2倍★20日限定★ アルマックス(Almax) アルミ製 室外機カバー(ブラウン) 実用新案登録商品 エアコンカバー ルーバータイプ アルマックス社製 KB-90B

こちらは比較的風通しの良いカバーですね。

こちらのタイプは前面を屋根のように使用できるため、空気の通り道ができやすいです。

11/4 20時から4h限定 全品対象10%OFFクーポン\商品&ショップレビューで1000円クーポン配布/ ガーデニング用品 エクステリア 逆ルーバー 室外機カバー UVカット アルミ ベランダ アイアン 逆ルーバー室外機カバー カバーのみ 770701

こちらは熱を逃がしやすい逆ルーバータイプです。

カバーを付けない場合・おすすめの日よけ方法は?

室外機はカバーを取り付ける以外に、すだれや植物を使った緑のカーテンで直射日光から守るという方法もあります。この時も室外機の前に風の通り道を作り、少し離れたところに設置するのがポイントですよ!

この方はベランダの手すりにすだれを設置しています。

このように室外機の上に置いて囲うのもおすすめ。

こちらの方は立派な緑のカーテンを作られていますね!

こちらはベランダの目隠しの記事ですが、室外機の日よけにもなるので参考にしてみてください。

ベランダをおしゃれに目隠ししたい!マンションや賃貸でも目隠しできる? ベランダに洗濯物を干していると、外から見えてしまうのが気になることがありますよね。ベランダが丸見えになっていると恥ずかしい、とい...

まとめ

室外機のカバーはつけた方がいいという人もいますが、メーカーでは推奨されていません。

見た目が気になるという理由でなければ屋根型、もしくはすだれなどで直射日光から守る方法がおすすめです。

どうしても全面を覆う箱型のカバーを付けたい場合は、大き目のサイズで少しでも風通しの良いものを選んでください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
このページに関連する記事
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました