庭・外構(ガーデン・エクステリア)

ウッドデッキの目隠しはフェンスだけじゃない!アイデアと施工例を見てみよう!

庭の木でウッドデッキの目隠しオシャレで開放的な雰囲気のあるウッドデッキ。ですが、設置するとなると外からの目も気になりますよね。

ウッドデッキの目隠しといえばフェンスの設置がありますが、他にもさまざまなアイデアで目隠しをすることができるんです。今回はウッドデッキにフェンスを設置した施工例や、さまざまなアイデアをご紹介していきます。

ウッドデッキに目隠しをしたい!

ホームパーティをしたり、子どもを遊ばせたり、洗濯物を干したり。さまざまな使い方ができるウッドデッキ。

開放感のある空間ですが、外から丸見えになってしまうと気になりますよね。実際にウッドデッキを作ってみてから周囲の目が気になってきたという人も多いです。

ウッドデッキの目隠しは後付けでもできます。定番のフェンスからDIYで出来るちょっとしたものまで色々ありますのでご紹介していきますね。

ウッドデッキの目隠しをした施工例

フェンスのあるウッドデッキまずはウッドデッキの目隠しを業者に依頼して施工した例から見ていきましょう。目隠しといえばフェンスが定番ですが、フェンス以外にも色々あるんですよ。

後付けでフェンスを設置

こちらはウッドデッキに後からフェンスを設置しています。ダークブラウンのフェンスがお庭にマッチしていますね。

高さ2mのウッドフェンスで視線をシャットアウト!

こちらは高さ2mのウッドフェンスで目隠しをしています。外から見るととてもウッドデッキがあるとは思えないほど見えないですね。

ウッドデッキの中には植物も植えて自然を感じられるようになっています。

気になる部分だけフェンスを設置

こちらのお宅は元々庭のフェンスがあったのですが、視線を遮るために高い位置にフェンスを設置しています。目隠しをしているのは上部のみで下は空いているので開放感もありますね。

ウッドデッキにテラス屋根を取り付けた事例

こちらは、ウッドデッキにYKK APのアウタールーフというテラス屋根を付けています。グリーンがかったパネルで視線を遮ってくれます。屋根付きですが上からも光はしっかり入るので洗濯物を干すのにもぴったりですね。

側面にスクリーンカーテンを設置!

ウッドデッキの天井にシェード。側面にスクリーンカーテンを設置した事例です。スクリーンを全て閉めればお部屋のように使用することもできます。

閉めれば部屋のように目隠しでき、開ければ開放的に、と2通りの使い方ができるのがいいですね。

また庭の周囲にはフェンスを設置し、バラを誘導するようにしています。バラが成長すれば自然な目隠しになりますね。

DIYでもできる!ウッドデッキの目隠しのアイデア

DIY道具セット本格的な目隠しをしたい人は業者に依頼するのがおすすめですが、DIYでもちょっとした目隠しを作ることは出来ますよ。

市販のフェンスで目隠し

とにかく簡単に目隠しをしたいのなら、市販のフェンスを設置するのが簡単です。置くだけでOKなものもあるので、サイズが合えば市販のフェンスが手軽ですよ。

デザインや大きさも豊富にあるので、ぴったりのものが見つかりそうです。

布を張って目隠し


こちらは布を貼ってタープ(テント)のようにして目隠しを作っています。差しも遮ることができるので暑い日にはいいですね。

ネットでもウッドデッキに設置できるタープが販売されていますよ。これなら設置も簡単ですし、費用も比較的安く済みますね。

グリーンで目隠し


こちらはまだカーテンができる前ですが、ウッドデッキの前にグリーンカーテンを作って目隠しをするという手もあります。

季節は限られてしまいますが自然なもので目隠しできるというはもいいですね。

他には、樹木を植えてさりげなく目隠しをするという方法もあります。選ぶ木によっては1年中目隠しになりますよ。ウッドデッキの目隠しにするおすすめの樹木はこちらのページが参考になります。

まとめ

ウッドデッキの目隠しというとフェンスが一番に思い浮かぶかもしれませんが、他にもカーテンやグリーン、テラス屋根などさまざまな方法があります。

もちろん、業者に依頼しておしゃれで便利なものを作ってもらうこともできますが、自分で出来る方法もたくさんあるので参考にしてみてください。

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!