水回り

リフォームして使いやすく!キッチンを移動させたいときの費用は?

 

キッチンリフォームで移動する場合の費用

 

家の中で、使っているうちに「ここがもっとこうだったらな~」と不満が出てきやすいのがキッチンです。大胆な間取り変更で使いやすいキッチンに生まれ変われば、家事をするのも楽しくなりそうですね。

 

しかしキッチン本体を移動させるには、どのくらい費用がかかるのでしょうか。移動のパターンごとに費用の目安をご紹介します。

壁付けから対面へ

対面キッチン

 

家事をしながらリビングの様子が伺える対面キッチン。小さなお子様がいる家庭は特に安心ですよね。

 

壁付けのキッチン本体を対面型のキッチンに変更する場合は、給排水管や排気ダクトの延長・移設工事が必要になります。また既存のキッチンがあった壁面・床の補修等、広範囲に及ぶ内装工事を行うため、その分の材料費・工事費が追加されます。

 

全て含めてのリフォーム費用は、一般的に50万~200万円です。

独立型からオープンタイプに

オープンキッチン

 

近年、ダイニングやリビングと一続きの空間にキッチンがあるオープンタイプが人気を集めています。開放的で、友人を呼んでホームパーティを開いたりするのにピッタリですね。

 

キッチンが壁に囲まれている独立型からオープンタイプにリフォームする場合は、キッチン本体の移動に加えて壁を撤去する工事が必要です。撤去する壁が耐震構造上重要な部分だった場合、他の箇所の補強が必要になるため工事費が高額となります。

 

またこれまで見えなかったキッチンがリビングからよく見えるようになるため、キッチン本体も見栄えのする高価なものが選ばれる傾向にあります。

 

全て含めてのリフォーム費用は、一般的に150万~250万円です。

1階から2階に

キッチンを1階から2階に移動する場合

 

ライフスタイルの変化により、キッチンを1階から2階に移したいという希望が出てくることもあるかと思います。

 

キッチンのある場所自体を変更するには、大規模な工事が必要となります。配管の都合上、1階の水回りがある場所の真上に新しいキッチンを作れば工事費を抑えることができますが、そうでない場合は給排水管や排気ダクトを新設する必要があります。いずれにせよ、同一階でのキッチンリフォームと比較して、費用は高額になることがほとんどです。

 

全て含めてのリフォーム費用は、一般的に250万円以上です。

まとめ

キッチンの配置を大きく変えると使い勝手も大きく変化しますが、その分リフォーム費用も高額になります。またレイアウトを変更したことで冷蔵庫や食器棚が合わなくなり、買い替えたりすると費用がかさみますよね。

 

なるべく費用を抑え、納得のいくリフォームにするためには、現状の配管や設備を活かせるレイアウトにしたり、リフォーム後の生活動線をはっきりイメージしたりすることが大切です。

 

しかし素人にはよく分からない部分も多いもの。まずは信頼できるリフォーム業者を見つけて、十分にコミュニケーションを取りながら進めていきましょう。素晴らしい業者に出会えれば、きっと素敵なキッチンが手に入るはずです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!