子供部屋・赤ちゃん部屋

赤ちゃんのいる部屋の乾燥対策!温度や湿度はどのくらいがいいの?

冬場はもちろん、夏でもエアコンをつけっぱなしにしていると部屋は乾燥します。

赤ちゃんが部屋にいると、温度を快適に保つためエアコンをつけっぱなしにしているご家庭も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが過ごす部屋は温度はもちろん、湿度にも気を配らなくてはいけません。そこで今回は簡単にできる部屋の乾燥対策についてお話ししていきます。

赤ちゃんが過ごす部屋にベストな温度と湿度は?

そもそも、赤ちゃんが過ごす部屋はどのくらいの温度と湿度がよいのでしょうか。温度と湿度は高すぎても低すぎてもダメです。

  • 温度:20~25℃
  • 湿度:50~60%

というのが目安です。とはいえ、数字だけに捕らわれないように気をつけましょう。大人が暑いと感じていれば赤ちゃんはもっと暑いですし、喉がイガイガしたりするようでしたら乾燥しています。

ただし湿度は高すぎてもダメです。60%を超えると今度はカビが発生しやすくなるので注意しましょう。

赤ちゃんに乾燥が良くない理由

気温もそうですが、湿度が下がるとウイルスが部屋の中に蔓延してしまいます。つまり、乾燥すると風邪やインフルエンザにつながってしまうんですね。とくに赤ちゃんや子どもは大人に比べて免疫力が低いためウイルスに感染しやすいんです。

また、赤ちゃんは免疫力が低いだけでなく肌のバリア機能も弱いです。乾燥した部屋の中にいると肌が乾燥します。そして乾燥を放っておくと湿疹や皮膚炎などの肌トラブルにつながってしまうのです。

赤ちゃんの体や皮膚を守るために、部屋の乾燥対策は重要なんですね。

赤ちゃんの部屋の乾燥対策のポイント

では、続いて赤ちゃんの部屋の乾燥対策について見ていきましょう。

衛生的な加湿器を使う

乾燥対策といえば真っ先に思い浮かべるのが加湿器ではないでしょうか。加湿器は冬使うものというイメージがあるかもしれませんが、夏にエアコンで乾燥した室内にも使用することが出来ますよ。

加湿器には様々なタイプがあります。赤ちゃんや子どもがいる部屋の場合はお手入れが簡単なタイプを選びましょう。お手入れが面倒なものを選んで手入れをさぼってしまうと加湿器内に細菌が繁殖してしまいます。

その状態で加湿器を使用すると、かえって室内に細菌をまき散らすことになってしまうんです!それでは意味がないですよね。衛生的に使える加湿器はどのようなタイプなのでしょうか。

加湿器のタイプは大きく4つに分けることができます。

  • 気化式:加湿エレメントの上に落ちてくる水に風を当て気化させる
  • 蒸気式(スチーム式):水をヒーターで熱し、蒸気で加湿
  • ハイブリッド式:フィルターに水を含ませ温風をあてる
  • 水噴霧式(超音波式):水を霧化させてファンで拡散

加湿器の種類についてもっと詳しく知りたい方は以下のページがわかりやすいです。

それぞれメリット・デメリットがありますが、衛生面で考えるのなら蒸気式がおすすめです。沸騰させるので火傷の危険性がありますが、子どもの手の届かないところに置くなど設置場所に気をつければ大丈夫ですよ。

チャイルドロックもついた蒸気式の加湿器です。スチーム式ですが65℃まで温度を下げて加湿するので火傷の心配も少ないのが嬉しいですね。蒸気式は安全性に不安があるという人にもおすすめの加湿器です!

コンパクトで価格もリーズナブルな加湿器です。加湿器をあまり使ったことがない方はこのくらいが試しやすいのではないでしょうか。

加湿器がない場合の乾燥対策

加湿器がない、使用したくない場合はちょっとした工夫で湿度を上げることができます。家にあるもので簡単にできますのでまずは試してみるのもおすすめです。

1.洗濯物や濡れたタオルを室内に干す

濡れた洗濯物やタオルを室内に置いておくだけで湿度はグッと上がります。洗濯物の室内干しの匂いが気になる場合は、部屋干し用の洗剤を使ったり、消臭ミストなどをかけてから干すことをおすすめします。

2.お湯を張った洗面器を置いておく

部屋全体の加湿とまではいきませんがこれでも乾燥対策になります。洗面器にアロマオイルなどを入れるのもおすすめです。

ただし、洗面器を倒してしまう可能性があるので動き回る子どものいる家にはおすすめしません。寝返り前の赤ちゃんのいるご家庭に特におすすめです。

3.部屋に植物を飾る

植物に水を上げると葉っぱから蒸発させるので天然の加湿器とも言われています。特に葉っぱの大きいサンスベリア(参照)や葉に水分を蓄えるカランコエ(参照)などがおすすめです。

ただし、動き回る子どもがいる場合は設置場所に注意しましょう。

赤ちゃんを迎える部屋のレイアウト!狭い間取りのポイントは? これから赤ちゃんが生まれると、色々と準備が必要ですよね。中でも忘れてはいけないものの1つが赤ちゃんのための部屋作りです。 ...

4.エアコン以外の暖房器具を使う

エアコンを使用するとどうしても空気が乾燥してしまうので、別の暖房器具をつかうのも一つの方法です。

石油ストーブの上にやかんや鍋を置いておくと加湿器よりもよい加湿対策になりますが、赤ちゃんや子どもがいる家で使うのはやっぱり不安ですよね。

赤ちゃんがいる部屋の暖房には、乾燥が少なく空気の入れ換えの必要もないオイルヒーターがおすすめです。

手軽にオイルヒーターを試してみたい人におすすめ。

インテリアにマッチするおしゃれなオイルヒーターです。

こちらはタオルハンガーと加湿タンクがついたタイプなので、乾燥対策におすすめです。

5.床を水拭きする

掃除の時にフローリングを水拭きすると湿度がアップします。また当たり前ですがほこりも取れるので衛生的ですよね。

毎日行うのは難しいと思いますが、1週間に1度程度でも掃除と加湿を兼ねて水拭きするのもおすすめです。

まとめ

赤ちゃんがいる部屋は温度20-25℃、湿度50-60%に保っておくと安心です。

エアコンで温度調節をするとどうしても湿度が下がってしまい乾燥しがちになるので気をつけましょう。

乾燥対策としては加湿器が手っ取り早いです。ただし加湿器の中に細菌が溜まってしまうと逆効果なのでお手入れのしやすい衛生的なものを選びましょう。

また、家の中のちょっとした工夫でも湿度を上げることはできます。まずはできることから試してみましょう!

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!