収納

押入れをリフォームして子どものベッドにしたい!強度や湿気は大丈夫?

押入れで遊ぶ姉弟押入れのスペースをベッドにしたい!と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。狭いところが好きな子どもは「押入れで寝たい!」という子も多いようです。

実際に押入れをリフォームしてベッドにしている人も多いようですが、強度や湿気などの問題は大丈夫なのかどうかも気になりますよね。

今回は押入れをベッドにする際の注意点や、実際の事例を紹介していきます。

押入れのスペースをベッドにしても問題はないの?

本来押入れは物を入れるスペースで人が寝る場所ではありません。ベッドにしても問題はないのでしょうか。特に気になるのは強度や湿気の問題だと思います。

押入れの強度は大丈夫?

押入れの中に布団押入れの中段は何キロくらいまで耐えられるのか分かればベッドに出来るかどうか分かりやすいですよね。ですが家によって強度が違うため、一概に何キロまではOKとは言えません。乗ってみてミシミシするかどうかで判断するという人もいます。

ベニヤで出来ているため、一点に重さが集中するとベニヤが折れる可能性があります。大人が寝るにはもちろん、子供でもそのままだと危ないので補強は必要になるでしょう。

シロ
シロ
小さい子が寝るだけなら問題なかったりするけど、中で遊んだりすることを考えると補強しておくべきだね…。

補強する場合、

  • 厚さ15mm以上の補強板を貼る
  • 中段の下から木材などの補強材を充てる(参考

という方法があります。どんなに見た目をおしゃれなベッドにしても壊れてしまうようでは危険なので補強はしっかり行いましょう。

ならば中段ではなく下段をベッドにしては?と思われる人もいるかもしれません。ですが、押入れの中は下段であっても床と同じような強度はありません。踏み抜く可能性もあるのでどちらにしても補強が必要です。

シロ
シロ
最近の家だと下段は床と同じ構造になってたりするけど、古い家はかなり危険だからプロに頼んで補強した方がいいね。

湿気の対策方法は?

コップ1杯の水押入れは湿気がこもりやすく、カビなどが生えやすい場所です。押入れの荷物を出してみてすでにカビが生えていたり、臭ったりするようでしたらベッドにすることはおすすめしません

寝ている時にはコップ1杯の汗をかくといわれています。ベッドに使用すると余計に湿気がこもりやすくカビやすくなるので注意が必要です。

簡単にできる湿気対策はすのこを敷くことです。ふすまは取り外して使用した方がいいですね。隠しておきたい場合はカーテンなどで目隠しをするといいでしょう。

また、ちょっと手間ではありますが、定期的に扇風機で風を当てるなどして換気をするとカビが生えにくくなります。

DIYで押入れをベッドにリフォームする方法

DIY道具セット押入れからベッドへのリフォームはDIYで行っている人が多いです。インスタグラムで「#押入れベッド」で検索してみると、DIYでおしゃれなベッドがたくさん出てきます。これだけのベッドが作れたらいいですよね。

押入れの形を活かした簡単なリフォームから、本格的なリフォームまでさまざまありますのでご紹介していきますね。

こちらは下にすのこを敷いて柵を取り付けた簡易ベッドですね。それでも壁紙を貼り替えたらだいぶ雰囲気が変わるのではないでしょうか。

シールタイプの壁紙もたくさんあり、手軽に張ることが出来ますよ。100円ショップなどにもありますがホームセンターやネットで販売しているものの方がサイズが大きいので使いやすいです。

押入れをベッドにする人は増えていますが、本来人が寝る場所ではないことは確かです。安全面や衛生面を考えると押入れをベッドにして大丈夫かどうかは自己責任になってしまいます。

ですから、個人的にはあまりおすすめできません。安心して使えるベッドにするには、やはりプロに依頼するのがおすすめです。

プロに依頼すればこんなベッドに!

木材とメジャー押入れをベッドにするリフォームはDIYで行っている人が多いようです。リフォーム会社の事例は少なかったのですが、依頼している人もいますよ。

押入れがベッドルームに大変身!|株式会社 リフレックスの施工事例写真

こちらは大人の方が寝るベッドにリフォームした事例です。DIYですと、どうしても強度の問題で大人が寝るベッドを作るのは難しいですが、プロに依頼すれば安心ですよね。

和室の押入れを2段ベッドに改築のリフォーム事例 |リショップナビ

こちらは二段ベッドにリフォームした事例です。やはりDIYで作ったものとは違いますね。

もちろん、これ以外にもさまざまなベッドにリフォームすることが可能ですよ。こんな風にしたい!というアイデアがればリフォーム業者に相談してみてはいかがでしょうか。

また、費用を抑えるためには、中段の補強やカビ対策など重要な部分だけプロにお願いし、壁紙などは自分で貼るという方法もあります。

【決定版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情
【保存版】本当に安心できるリフォーム会社の選び方と知っておきたいウラ事情このページでは絶対に後悔したくない人のためのリフォーム会社の失敗しない選び方と、同時に必ず知っておかなければならない建築業界のウラ事情に...

まとめ

今押入れをDIYしてベッドや机にリフォームするのがはやっています。ですが押入れは布団や小物などをしまう場所です。

人が乗ったり重いものを置いたりするようには作られていないのでリフォームする場合は強度を補強する必要があります。また湿気がこもりやすくカビが生えやすい場所でもあるので寝る場所としてはあまり適していません。ベッドにする場合はその点を理解したうえで自己責任で行いましょう。

子供用に押入れをベッドにした場合、はしごが必要になります。こちらを参考に。

押入れをベッドにリフォーム!はしごはどうする? 最近、押入れをベッドにリフォームする人が増えています。子ども用のベッドならDIYでも作ることができるのでベッドを買うよりも手頃で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!