水回り

洗面所・脱衣所のバリアフリーリフォームはどんなことができる?

家の中でバリアフリーにしたい箇所は、やはり水回りですよね。洗面所はトイレやお風呂に比べると後回しにしてしまう人も多いかもしれませんが、脱衣所も兼ねているケースも多いですし、早めにバリアフリーにしておきたいところです。

洗面所のバリアフリーリフォームではどんなことができるのか、実際の事例もご紹介していきます。

洗面所・脱衣所でバリアフリーにしたい箇所

洗面所は脱衣所としても使用している人が多いと思います。着替えをする場所ですので転倒などがないようにバリアフリー化しておかなくてはいけませんね。

バリアフリーの観点で見るとリフォームしておきたい箇所はたくさんあります。1つずつ見ていきましょう。

ドア

洗面所の出入りをしやすくするには、開き戸よりも引き戸、折れ戸がおすすめです。

引き戸、折れ戸に変更する場合の費用は3~25万円ほど(参考)です。

車椅子で出入りする場合はもちろん、自立歩行の場合でも引き戸や折れ戸は体重移動が少なく楽なんですよ。また、出入り口に段差があるとつまづいて転倒しやすいので段差がある場合は解消しておきたいですね。

ドアについて詳しくはこちらの記事をどうぞ。

トイレをバリアフリー化したい!ドアはどんなタイプがいい? バリアフリーリフォームすることが多い場所の1つにトイレが挙げられます。毎日何度も使用する場所ですから、快適に使用できるというのは...

洗面台本体

体が不自由になってくると一般的な洗面台の高さでは使いにくいということがあります。

  • 車椅子の場合:高すぎて手が届かない
  • 自立歩行の場合:腰をかがめるのが大変 など

その人によって使いやすい洗面台の位置は異なります。ケアマネージャーさんなどと相談してベストな高さの洗面台を選びたいですね。

洗面台の高さを調節できる洗面台もあるので検討してみてはいかがでしょうか。

車椅子や椅子を使う場合、足元にスペースのある洗面台を選ぶことも重要ですよ!車椅子対応の洗面台もありますし、造作で下に収納のないおしゃれな洗面台を作るという手もあります。車椅子用の洗面台に交換する場合、費用は20~50万円ほどです(参考)。

created by Rinker
東谷(Azumaya-kk)
¥5,981
(2021/02/26 01:50:11時点 Amazon調べ-詳細)

このような椅子が1つあると洗面台で使用したり、脱衣時にも使用できて便利ですよ。

手すり

洗面所にも手すりを設置しておくと使い勝手がよくなります。

出入り口から洗面台まで、出入り口から脱衣所まで、と動線に合わせて設置するのがベストです。

長い手すりを設置するのが難しい場合は、ドアの近く、洗面台、脱衣所の近くにあるだけでも違います。洗面台、脱衣所に椅子などを設置する場合は特に手すりがあると立ち座りが楽になりますよ。

⇒手すりの種類や位置について(準備中)

洗面所の床は耐水性のある素材を使用していることが多いです。ですが、タイルなどは滑りやすいですし、硬いので転倒した際もけがをしやすいのでおすすめしません。

バリアフリーの洗面所におすすめの床材はクッションフロア、もしくはコルクです。弾性があるので万が一転倒したときも危険が少ないですね。

床の張替え費用は3~12万円ほどです(参考)。

洗面所の床についてはこちらの記事もご覧ください。

リフォームして洗面所の床を安全で快適に!価格は3万円から! ほとんどの家で、お風呂と隣接しているであろう洗面所。湿気がこもりやすく、お風呂ほどしっかりした防水処理がほどこされていないため傷...

温度のバリアフリーも意識して!

バリアフリーというと手すりやドアなど使い勝手のことばかり目が行きがちですが、特に高齢者が使う場合は温度のバリアフリーも意識しましょう。

洗面所が寒すぎるとヒートショック(参考)を起こしてしまう危険性もあります。

あまりにも洗面所が寒いのであればリフォーム時に

  • 断熱材を入れる
  • 床暖房をつける
  • 乾燥暖房機をつける

ということも検討してみてください。

⇒温度のバリアフリーについて(準備中)

洗面所でおすすめの暖房・ヒーターはこちらです。まずはこちらで対策を。

風呂場・脱衣所で使える暖房やヒーターのおすすめは?安全に使えるのがポイント! 冬場、風呂場や脱衣所が寒いというお悩みを抱えている人は多いと思います。風呂場や脱衣所の寒さの対策方法はいくつかありますが、暖房や...

トイレの記事ですが、こちらの寒さ対策も参考にしてみてください。

トイレが寒いときの対処方法!簡単にできる対策からリフォームまで 「冬になるとトイレが寒い!」と困っている人も多いと思います。特に、夜など行くのがおっくうになってしまいますよね。 急激な温...

スペースの確保も必要!

洗面所・脱衣所をバリアフリー化するにはある程度のスペースが必要になります。

車椅子の場合は、車椅子で方向転換できるスペースが必要ですよね。自立歩行の場合も着替え時に手を伸ばしてもぶつからない広さが必要になります。介護者も必要となるとさらにスペースを多くとらなくてはいけません。

また、ベンチチェストや暖房器具なども設置したいところです。

一般的には1650mm(間口)×1650mm(奥行き)(参考)ほどの広さがあると、車椅子での方向転換が可能。着替え用のベンチチェストや椅子も設置可能になります。

とはいえスペースには限りがありますので実際に動いて見てどのくらいの広さが必要なのか検証してからリフォームを進めることをおすすめします。ケアマネージャーさんなどにも相談してみてください。

洗面所・脱衣所をバリアフリーリフォームした事例

最後に実際に洗面所・脱衣所をバリアフリー化した事例をご紹介しますね。どんなりふぉーうをしたのか、価格なども参考にしてみてください。

K様邸洗面所スペース創出リフォーム|TOTO

費用:200万円(トイレ、浴室含む)
リフォーム内容:洗面台の交換、スペースの拡張

納戸のスペースを利用し、洗面所、風呂、トイレをレイアウトしなおしました。洗面所で車椅子で回転できるほどのスペースになりましたよ。洗面台も車椅子のまま使用できるタイプです。

車いすに座ったまま使用できる洗面化粧台|ホームプロ

費用:30万円
リフォーム内容:洗面台の交換など

浴室の一部だった洗面台を独立させ、ゆったりとした洗面台に交換しました。車椅子でも使いやすいタイプです。

高齢者でも使いやすいように洗面所と浴室を大幅リフォームした事例 滋賀県守山市|LIXILリフォームショップ クネサン

費用:300万円(浴室含む)
リフォーム内容:洗面台の交換、手すりの設置など

椅子に座ったまま使えるタイプの洗面台に変更。鏡の裏に収納スペースがあり、収納力も抜群です。

O様邸 バリアフリーリフォーム事例|宮原住宅産業

費用:不明
リフォーム内容:段差の解消、車椅子対応洗面台に交換、引き戸に交換など

全面的にバリアフリーリフォームした事例です。トイレも車椅子対応にしているのですがスペースがなかったので洗面所とトイレが一体になりました。

安全 快適な水廻りで 豊かなシニアライフを|Panasonic

費用:不明
リフォーム内容:洗面台の交換、床の交換、ドアの交換など

トイレ、お風呂、洗面所のレイアウトを変更し、使いやすい水回りになりました。ドアは引き戸、洗面台は座って使えるタイプに変更しています。

まとめ

実際の事例を見てみると洗面所だけをバリアフリーリフォームしている事例は少なく、お風呂やトイレと一緒にという人が多いですね。

洗面所・脱衣所のバリアフリーリフォームは車椅子を使用しているかどうか内容が変わってきます。とはいえ、何度もリフォームするのは現実的ではないですよね。今は車椅子ではなくても車椅子でも使える洗面所にしておくというのも1つの手だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!