子供部屋・赤ちゃん部屋

子供部屋の収納どうする?間取り別に最適な大きさをご紹介!

成長するにつれ、どんどん増えていく子供の持ち物。また幼児から小学生、中学生になると生活スタイルも大きく変わっていきます。そんな激動の子供時代、子供部屋には一体どんな収納を用意すればいいのでしょうか。

収納力があって、子供にも整理整頓しやすいものにしたい!でも子供部屋はそんなに広くないし…。そう悩まれている方もいらっしゃることでしょう。

ここでは、子供部屋の間取り別におすすめの収納をご紹介します。子供自身が使いやすく、長く使えるものを厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

子供部屋に最適な間取りって?

一般的に、1人用の子供部屋に適度な間取りは6畳程度とされています。これくらいの広さがあれば、ベッドと机、本棚などの収納家具を置いても、さほど圧迫感を感じることはないでしょう。

(6畳の部屋というと大体このぐらいのイメージ)

しかし近年の住宅事情では1人の子供に6畳の専用部屋を与えるのは難しい場合もあります。6畳未満の部屋であったり、1つの部屋を複数の兄弟姉妹で共有したりする場合もあります。

十分な広さがないと十分な収納を確保できず、子供のものがリビングなどの共有部分まで溢れたり、子供自身も片付けにくくなったりしがちです。しかし十分な広さの子供部屋でも、物が多く雑然としてしまってはよくありません。収納力が高くてもスッキリ見えて、整理整頓しやすい収納とはどんなものでしょうか。

子供部屋の収納アイデア!小学生と中学生で気をつけるポイントは? 小学生から中学生になると、生活は大きく変わります。本格的に勉強する時間が増えて部活動が始まり、子供部屋での過ごし方や収納するもの...

間取り別 収納の工夫

一般的な子供部屋の広さを6畳(クローゼットの面積を除く)として、それより狭い場合、一般的な広さの場合、ゆとりがある場合に分けておすすめの収納をご紹介します。

少し狭い部屋の場合

4.5畳やクローゼットを含んだ6畳前後の部屋の場合は、とにかくデッドスペースを活用しましょう。次のような収納がおすすめです。

  • ベッド下収納
  • 壁面収納
  • システムベッド

それぞれの収納を取り入れた事例をご紹介します。

ベッド下収納

ベッド下は広く使える収納場所になります。キャスター付きの衣装ケースを使えば出し入れも楽々、半透明やラベル貼付をしておけば中身も簡単に確認できます。

本格的に造作家具として収納付きベッドを作ってもらうという方法もあります。その場合は非常に収納力が高く、しっかりとした作りになります。

 

View this post on Instagram

 

ip20 kidsroomさん(@ip20_kidsroom)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

hikaruさん(@hikaru0171)がシェアした投稿

壁面収納

普段使用しない空間に棚を付けたり、あまり奥行きのない収納を壁面に設置すれば、床面を有効に使うことができます。

 

View this post on Instagram

 

古郡ホーム株式会社さん(@fg.home)がシェアした投稿

システムベッド

システムベッドとは、ベッドと机、収納がコンパクトに収まった家具です。コンパクトな中に必要なものが全て揃っているので、広さのない子供部屋にピッタリです。

ただ、天井が低い部屋にハイタイプのシステムベッドを入れると寝るときに圧迫感を感じるので、天井とベッドの高さはよく考慮しましょう。

ロフトベッドと造作机の事例|houzz

ロフトベッドの下にチェストと造作机を置いたレイアウトです。4畳半とは思えないほどスッキリしています。

2人で使う子供部屋の事例|Room Clip

ハイベッドとローベッドを直角に組み合わせて、うまくスペースを作り出しています。収納もバッチリ!

一般的な広さの場合

クローゼットを含まず6畳の広さが取れる子供部屋の場合は、オープンな収納で子供自身が片付けやすいようカスタマイズできるものがオススメです。収納するものに合わせて幅や高さを変えられたり、後からパーツを足すことができたりすれば、成長に応じて長く使えそうですね。

ベッド下収納と造作収納の事例|houzz

デスクやベッドを作り付けにして、その上に壁面収納を造作しました。全体を白でまとめて、すっきりとした収納力抜群の部屋に。

和室にシンプルな収納を配置した事例|インテリアハート

和室にナチュラル系のオープンラックや壁面収納を配置して、全体の雰囲気を壊さずにたっぷりの収納を確保しています。

ゆとりがある場合

広さがあるからと収納スペースを大きく取るだけでは、子供がただスペースに物を放り込むだけになってしまいます。雑然とした空間にならないよう、広さを活かして子供が片付けやすい環境を整えましょう。

子供が小さいうちは、ロータイプの収納にすると子供自身にも片付けやすくなります。子供用の小さなお家やテントを作って、「おもちゃはこの中にしまおうね。」「ぬいぐるみのお家だよ。遊び終わったら帰してあげようね。」と教えれば、自然と元の場所に戻す習慣がつきます。

また敢えて収納スペースを多く設けず、広い空間を活かして好きなことに没頭できるようにしてあげるのもいいですね。

オープンラックとスツール収納の事例|houzz

広い部屋の真ん中にベッドを置き、収納はカラフルなオープンラックとスツール下の引き出しのみです。これならすっきりと使えそうですね。

可愛いWICの事例|くらしのリーザ

広々とした部屋の一角に、女の子らしいウォークインクローゼットを作りました。っ収納を集中させたことで、部屋を広々と使うことができます。

《番外編》特殊な収納レイアウト例

1つの部屋を数人の子供で使用する場合や、特殊なスペースに子供部屋を設けた場合の収納の事例をご紹介します。子供が居心地のいい部屋になるようなアイディアがたくさん詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください。

3人で過ごす6.5畳の子供部屋|片づけ収納ドットコム

各個人のプライベートスペースと収納がエリア分けされていて、3人で共用しているとは思えないスッキリしたレイアウトになっています。

スキップフロアに子供部屋|FPホーム

リビングが見渡せるスキップフロアを子供部屋のスペースにした例です。壁面や手すり下を活用して収納も十分。

玄関横のオープンな子供部屋|Eco Deco

マンションの玄関横に、家族の気配が感じられる子供部屋を設けました。ロフトを取り入れてスペースを有効活用しています。

まとめ

様々な収納のアイディアを紹介しましたが、部屋の広さに関係なく収納には悩ませられるものです。必要なものはしっかり収納できて、子供自身がしっかりと整理整頓を身につけられるような部屋にしてあげたいですよね。

しかし!家庭によりお悩みも様々、こちらの意図通りになかなか行動しないのが子供という存在です。うちの子にはどんな収納がぴったりなのか…とお悩みの方は、様々な家庭を見てきた収納のプロに相談してみてはどうでしょうか。きっとパパもママもお子様の納得の、素敵な子供部屋のアイディアに出会えるはずです!

このページに関連する記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!