収納

クローゼット収納術!隙間を作らないコツは?

引っ越したばかりの時はたくさん収納があると思っても、長年住んでいると物も増え、クローゼットに洋服が入りきらなくなったり、取り出しにくくなったりしますよね。

クローゼットのスペースが狭い場合はもちろんですが、広くてもなんだか上手く収納できないという人も多いのでは?

そこで今回は、クローゼットの収納術についてみてきます。

クローゼットの衣類収納術

まずはクローゼットに収納するメインアイテムとも言える、衣類の収納について見ていきましょう。

ハンガーの収納テクニック

クローゼットのハンガーパイプになんとなく洋服を掛けているだけ、という人も少なくないかもしれません。

ですが、ハンガーパイプの使い方によって収納力も大きくアップするんですよ。

1.衣類の長さごとに分けて収納する

クローゼットの中の衣類はどのように分別していますか?家族別、季節別に分けている人も多いかもしれません。

ですが、ロングコートとワンピース、パンツ、ジャケットと上着といったように衣類の長さ別に収納するとすっきりして見え、下のスペースも有効活用できます。

このようにすっきり見えますね。

この方は今着る衣類と今着ない衣類に分け、間を帽子で仕切っています。長い衣類と短い衣類の間も帽子やラックなどで仕切ると分かりやすいですね!私もそうなのですが、最初は気を付けていてもだんだん適当に…そういう人には仕切りがあると分かりやすいですし、この状態をキープできそうです。

2.ハンガーを工夫する

ハンガー収納は、しまい方だけでなくハンガーを変えることでも収納力がアップします。

このハンガーだと省スペースでたくさんかけることができて便利ですよね!

他にはすべらないハンガーを使うのもおすすめです。直接収納力に変わりはないのですが、ハンガーにかけた衣類が落ちてしまうと片づけるのが面倒ですよね。ぎゅうぎゅうのクローゼットの場合、衣類を出したら他の衣類が落ちてしまうということもありますが、滑らないハンガーならそんなストレスも軽減しますよ。

同じ種類のハンガーを使った方がクローゼットがすっきり見えるというメリットもあります。

こちらの方はチェーンをぶら下げてチェーンにハンガーを下げています。いいアイデアですね!

3.ハンガーポールの下も有効活用

クローゼットの下には収納ボックスなどを置いて有効活用しましょう。

収納ボックスの色は統一させるとすっきりして見えます。

収納ボックスの中は洋服、下着、小物などはもちろん、あまり人目に付くところに置きたくない書類などを保管しておくのもおすすめです。

ハンガーにかけた衣類と下の収納ボックスとの間にまだ隙間がある場合は、カゴなどを置いておくのがおすすめ。我が家では一度着てもう一度着る衣類や、明日着る衣類の準備に使っていますが、とっても便利ですよ。

こちらの方はハンガーポールの下にもう1つハンガーポールを取り付けています。ハンガー収納が好きな方にはおすすめですね。

4.ハンガーポールの隙間も見逃さない!

また、ハンガーポールに衣類を掛けても衣類とクローゼットの奥の壁との間や端に隙間があることがあります。隙間がある場合は、そのままにしておくともったいないですよ!

アイロン台や折り畳みの机などを置いてもいいですが、奥の壁にフックやハンガーポールを取り付けるのもおすすめ。滅多に使わない洋服、例えば喪服などをしまっておくといいですよ。

この方はフックを取り付けています。

この方はクローゼットの端に突っ張り棒を設置し、小物収納にされています。使用頻度が低いものなら奥に突っ張り棒を設置してもよいですね。

こちらの方は奥も端もデッドスペースを有効活用されています。

5.子供服収納のコツ

子供の洋服をしまう場合は、元々あるハンガーポールを使うのではなく、子どもの届く高さにハンガーポールを置くのがおすすめです。

自分で届く高さにあれば自分で片づけるようにもなりますもんね。

こちらはカラーボックスの間に突っ張り棒でハンガーポールを作っていますね。上の段には季節外れの衣類を置いておくと使いやすいです。

子供の衣類の収納についてはこちらのページでも紹介しています。

子供部屋の収納をDIYで作ってみよう!初心者でもできる簡単アイデアをご紹介! 子供部屋の収納、探しているけれどいいものが見つからない!という人も多いのではないでしょうか。電車や車のおもちゃなど特定の物をしま...

クローゼットのカバン、帽子などの服飾小物の収納術

続いて、衣類以外のカバンや帽子などの小物の収納方法を見ていきましょう。

カバンの収納術

この方はハンガーポールにフックをかけてカバンを収納。下はボックスに入れて収納されていますね。

この方は100均のワイヤーネットを使ってカバン収納ラックを作られています。

この方はハンガーポールを二段にして吊り下げて収納されていますね。

この方は有孔ボードを設置してカバンと帽子の収納に。ベルトやアクセサリーなどそのほかの小物も一緒に収納できそうですね。

我が家のクローゼットはちょっと特殊な形をしているのであまり参考にならないかもしれませんが、ハンガーポールの位置を変えられたので、できる限り下にし、上に棚を取り付け、さらにその上の壁の部分にカバンを下げています。

ごちゃごちゃしていますが、このような感じです。

クローゼットのバッグ収納

押し入れ用の商品ですが、棚があるならこういうものを使うと便利です。

他にはこんな商品も便利です。

帽子の収納術

この方はクローゼットの棚板にカーテンレールを取り付けるというアイデアで帽子を収納されています。

この方はチェストの上のスペースを小物収納に。帽子もバッグも使いやすそうですね。

こちらはクローゼットの壁に麻紐をつけ、ピンチで帽子を吊り下げています。使い勝手がいい上におしゃれですね。

その他の小物の収納術

この方はクローゼットにワゴンを置いて小物をまとめています。使うときに引き出せるので便利ですね。

この方は入口に収納ボックスを設置。すきまを上手く活用されています。

この方は全体的にボックスにまとめて収納しています。「このボックスにはこれだけ」と決めておくときれいな状態をキープできそうです。

まとめ

クローゼットの衣類と服飾小物の収納術を見てきました。

狭いクローゼットでも、広いクローゼットでも何も考えずに収納していると取り出しにくいですし見た目もすっきりしません。

少しのアイデアで驚くほど収納力はアップしますし、見た目もすっきりしますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

衣類や服飾小物以外の収納方法はこちらのページでご紹介しているので参考に。

押入れをきれいに収納したい!種類別の収納術とおすすめグッズをご紹介! 布団はもちろん、衣装ケースや季節家電など収納力抜群の押入れ。ですが思いのままに詰め込んでいるとごちゃごちゃになってしまったり、物...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!