防災情報

停電対策に発電機って使えるの?選び方や使用上の注意をチェック!

近年、大規模な災害によって広範囲・長時間の停電が起こることが多くなりました。ニュースなどを見て、非常事態に備えて電源を確保しようとしている人も多いのではないでしょうか。

電気を供給できる手段として、発電機ってどうなの?と導入を検討している人もいるかもしれません。停電時に発電機でまかなえる範囲や、導入する際に注意すべきことをまとめました。

発電機ってどういうもの?

そもそも発電機とは、ガソリンやガスを燃料にエンジンを動かし、電気を作る機器です。キャンプなどのアウトドアで使われているシーンを見たことがある人も多いかもしれません。

キャンプで使う用具だけでなく、私たちが日常で使用している家電やスマホなども発電機から電気を取ることができるため、災害時の非常用電源としても注目されています。

発電機の種類

発電機には種類があり、それぞれに特徴があります。キャンプなどのアウトドアではなく非常用電源として自宅で使う場合は、特徴をしっかり押さえておきましょう。

燃料の種類

ガソリン

発電量が多くパワフルですが、ガソリンの購入や保管は非常に難しく、危険を伴います。ガソリンの取り扱いについては、こちらのサイトでよく確認しておきましょう。

ガス

卓上コンロなどで使うボンベを使用するので、燃料が扱いやすいのがメリットです。出力が少ないのがデメリット。

インバーターの有無

発電機には、インバーターがついているものとついていないものがあります。ついていないスタンダードタイプは出力が大きい大型照明や電動工具向けで、情報機器やマイコン制御の家電のような精密機器は故障してしまうことも。家庭で使用する場合は安定した電気を作れるインバータタイプがおすすめです。

発電量

発電機によって発電量が異なります。非常時に使いたい電力を計算して、余裕を持って出力を選びましょう。

家電製品の消費電力一覧 消費電力と実際に必要な電力の計算例

出典元:発電機選びのポイント|Honda発電機

発電機だけで普段通りの生活は難しい

発電機があれば停電時でも家中の電力がまかなえるのかというと、それは難しいと言えます。

例えば次の家電を使うとすると…

  • スマホの充電2台(15W×2)
  • 照明(50W)
  • テレビ(140W)
  • 冷蔵庫(1000W)
  • エアコン(2200W)

合計3420Wと消費電力が大きく、家庭用の発電機ではカバーできません。業務用の発電機ならなんとか対応できるかもしれませんが…。

かなり場所を取る上に重量も90kg以上で、一般家庭での保管は難しいでしょう。また高出力の発電機を稼働し続けると、かなりの量の燃料が必要です。

通常の家庭用発電機で停電でも普段通りの生活…ということはできませんが、夜間にエアコンだけでも動かすことは可能です。

優先度の高い冷蔵庫も、発電機で稼働させることができるようです。

停電が長期間に及ぶとかなり燃料も必要になるかと思いますが、発電機を使って様々な家電を動かすことができるというのは、非常時の安心材料になりますね。

シロ
シロ
現実的には騒音のこととか、屋外からどう接続するのかって問題はあるけど、エアコンが使えるのは大きいね。

発電機使用時の注意点

発電機の使用中に、危険な事故が起きることもあります。注意点をしっかりと押さえて、安全に使用しましょう。

室内や換気の悪いところで絶対に使わない

密閉した空間で発電機を使うと、一酸化炭素中毒の危険性があります。建物の近くに発電機を置いていて、窓から室内にCOが流れ込み一酸化炭素中毒になった、という事故も報告されているので、必ず換気が十分な場所で使用しましょう。

水がかかる場所で使用しない

発電機が濡れた状態で使用すると、感電する恐れがあります。雨や雪の時は野晒しにせず、水がかからない場所で使用するようにしましょう。

騒音・振動に注意

発電機の中には、かなり大きな音振動が出るものがあります。集合住宅はもちろん、住宅密集地では使用が難しいと言えます。また発電機の騒音で自分自身が眠れないということも。

使用の際は近隣に配慮して、防音ボックスを併用するなどの工夫をしましょう。

燃料の確保

ガソリンは少しの火でも引火することがあるので、災害時に備えて一般家庭で備蓄することはかなり危険です。いざ停電時にガソリンを手に入れようとしても、ガソリンスタンドに長蛇の列ができることが多く、燃料の確保はかなり難しいでしょう。

ガス型はガソリン型と比較して燃料を備蓄しやすいですが、発電の際はガスボンベが1時間あたり2本程度必要になります。機器によっては専用のボンベしか使えないものもあるので、注意しましょう。

またガソリン型でもガス型でも、発動機の稼働にはエンジンオイルが必要です。オイルは定期的に交換が必要なので、燃料とエンジンオイルと両方を準備するようにしましょう。

使用上の手順をしっかり守ろう

使い始め、使った後の手順を守らないと、発電できないばかりか電化製品の故障や、最悪の場合は爆発事故が起きることも!機器ごとの使用手順をしっかり確認してから、正しく使用しましょう。

盗難に注意

稼働している発電機が持ち去られる事件が数多く起きています。屋外で使用する発電機は高価なこともあり、盗難の対象になりやすいようです。非常時は誰しも心に余裕がなくなり、犯罪が起きやすくなります。人感センサー付きライト(電池式のもの)をつけておく、防犯カメラを設置しておくなど、防犯対策はしっかりとしておきましょう。

いざという時に頼もしい発電機ですが、扱いが難しい面や、使用できる場所が限られる面もあります。

もっと気軽に電源を確保したい方には、ポータブル電源がおすすめ。事前の充電が必要ですが、停電時の明かりの確保やスマホの充電などが可能です。

【限定セット】Rockpals ポータブル電源 64800mAh 250W ソーラーパネル 60W ポータブル電源 ソーラーパネル セット 蓄電池 家庭用 ソーラー充電式 ポータブル電源 大容量 正弦波 車中泊 防災グッズ 蓄電池 停電 災害 台風 震災 即納

まとめ

もし長時間に渡る停電が起きたら、普段電気に依存した生活を送っている私達はかなりの不便を強いられることになります。

非常時に備えて電源を確保したいと思うのは当然のことですが、様々な方法のメリット・デメリットを知って、最適な方法を選べるといいですね。

停電対策に太陽光発電は有効!?導入時に押さえておきたいポイントをご紹介 近年、大規模な災害で広範囲・長期間の停電が起こることが増えてきました。そんな状況に備えて、太陽光発電装置の導入を検討している人も...
リフォーム知っ得○✕クイズ!
  1. 全く同じ工事内容でも依頼先によって値段が倍以上違うことがある
  2. リフォーム業者には無許可・無資格の会社もある
  3. 新築にはあるのに、リフォームには法的な保証がない

 

答えをチェック!

実は答えは全部○。リフォームでは全く同じ工事でも値段が倍以上違ったり、無許可・無資格の業者があったりします。保証が必ずあるわけでもないため泣き寝入りするパターンも…。

どれか一つでも「え、知らなかった…」という場合は、後悔しないためにもこちらのページをひとまず読んでおいた方がいいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!