防災情報

真夏の停電、暑すぎて夜寝られない!エアコンを使わずに熱中症を防ぐ方法とは?

いつ起こるか分からない停電、時期によっては健康問題に発展する恐れもあります。特に真夏は、エアコンが使えず夜寝らない状況に陥ります。寝ている間に熱中症になってしまうリスクもあり、とても危険です。

そうした事態に備え、電気を使わずに少しでも快適に眠る方法をご紹介します。普段でも使える方法ばかりですので、是非チェックしてみてください!

リスクを防いで快眠するための対策

日本では地震や台風によって大規模な停電が起こることがあります。大きな災害が原因の場合、復旧までにかなりの時間を要する場合も。

まさかの停電!停電状況の確認方法と復旧までの目安時間をご紹介 落雷や地震などの自然災害、事故などでの設備破損で、広範囲に停電が起こることがあります。突然の停電、慌てて行動すると怪我をしたりし...

夏場に停電すると熱中症のリスクが高まります。夜も寝苦しく、睡眠不足になると熱中症のリスクはさらに高まります。電気を使わずに、少しでも快適に眠るための方法をご紹介します。

快眠のための対策〜寝る前にやること〜

熱中症を防ぐための対策
  1. 室温が上がらないようにする
  2. 水で体を冷やす
  3. 寝る前に水分補給
  4. 氷で体を冷やす

1,室温が上がらないようにする

夜になっても部屋の中が暑いまま…というのを防ぐために、昼間から室温をなるべく上げないようにしましょう。

  • 窓やドアを開けて換気
  • 屋根・壁・ベランダなどに打ち水をして建物全体を冷やす
  • カーテン・すのこ・シェード・遮熱フィルムで窓からの直射日光を遮る
外からの視線が気になる…ベランダのおしゃれな目隠しをご紹介! 屋内と屋外をつなぐ空間、ベランダ。建物の立地によっては、通行人や隣家からの視線が気になるという人もいるかもしれません。部屋の中や...

2,水で体を冷やす

水道が使える場合は、水浴びをして体を冷やしましょう。

3,寝る前に水分補給

寝ているときは、意外とたくさん汗をかきます。寝る前に、冷たすぎない水やお茶などを飲んで水分補給しましょう。

4,氷で体を冷やす

それでも暑い!という場合は、氷で体を冷やします。

停電していないエリアが近くにあれば、買い物ついでに氷をゲットしましょう。夜までクーラーボックスに入れておき、太い血管が通っている脇の下足の付け根を冷やすと効果的です。

氷はビニール袋に入れて密封してからタオルやガーゼに包み、肌に直接当てないようにしましょう。

快眠のための対策〜寝る時〜

1,天然素材のパジャマを着る

暑いからと裸同然の状態で寝る人もいるかもしれませんが、何も着ていないと肌にじっとりと汗が残って不快なためおすすめしません。

寝るときは、天然素材の薄手のパジャマを取り入れてみてはどうでしょうか。リネンガーゼ素材のものなら、吸水性・速乾性・通気性が高いので最適です。

2,横向きに寝る

仰向けで寝ると、背中の広い範囲が布団に当たって暑く感じます。抱き枕を使えば自然と横向きの体勢になるので、布団に接する面積が狭くなって涼しく感じられます。

シロ
シロ
気にしたことなかったけど、こういう時のためにリネンとかガーゼ素材のパジャマ買っとこうかな…?

快眠のための便利グッズ

停電中の真夏の夜、少しでも快適に眠るために準備しておきたいグッズと、実際に使っている人の声を併せてご紹介します。

冷感寝具

ひんやりする寝具が各メーカーから発売されています。選ぶときの基準は、ひんやり度を表す「Q-MAX値」。0.2以上で「ちょっとひんやりかな」と感じる程度、0.4以上ははっきりと冷たさを感じることができます。

Q-MAX値に加えて素材の蒸れにくさや使い心地を考慮したおすすめの冷感寝具をご紹介します。

ニトリ Nクール(Q-MAX値0.36)

CMを見たことがある人も多いかと思います。Q-MAX値も高く、停電中に効果を実感した人も多く見られました。

イオン アイスコールド(Q-MAX値0.38)

製品比較雑誌で1位を獲得した商品。ひんやり感はもちろん、肌触りや通気性、しっかりした縫製も高い評価を受けています。

アイリスプラザ 超強力接触冷感敷きパッド(Q-MAX値0.51)

Q-MAX値がかなり高く、文句なしのひんやり感で冷感効果が長続きするのが特徴です。お値段の安さも見逃せません。

冷感グッズ

冷えピタやひんやりタオルなどの冷感グッズを取り入れると、体感温度が下がって少し寝苦しさが薄れます。ただし体を冷やす機能はないので、熱中症の予防対策にはなりません

created by Rinker
¥301
(2021/08/01 13:16:27時点 楽天市場調べ-詳細)

香りでスッキリ

清涼感のある香りで、気分的にリフレッシュする方法もあります。夏におすすめなのはレモングラスやグレープフルーツなどの柑橘系ペパーミントやラベンダーなどのハーブ系などがおすすめです。

アロマオイルをお風呂のお湯に垂らしたり、アロマスプレーを枕やシーツに吹き付けたり、お気に入りの香りで涼を感じてください。

熱中症以外の注意すべきこと

停電中の真夏の夜に注意することは、熱中症だけではありません。暑くてクーラーが使えないからと言って窓を開けて寝ると、「虫刺され」と「犯罪被害」のリスクが高まります。この2つにもしっかりと対策しておきましょう。

虫除け

窓を開けて寝る場合は、虫除けをしっかりしておきましょう。電池式の虫除けなら、停電時でも使えます。普段でもコンセントのない場所やアウトドアで使えるので、1つ準備しておくと便利です。

防犯

窓を開けていると外からでも分かりますので、恰好の侵入経路となります。2階以上の部屋でも、窓が空いていれば外から人が入ってくる可能性があります。窓には補助錠を取り付け、電池式の人感センサー付きライトなどを置いておきましょう。

まとめ

ただでさえ暑くて過ごしにくい真夏に、停電が起きたら一大事です。不快なだけではなく、健康や命に関わる事態につながりかねません。

電気が使えない生活を強いられることは、誰の身にも起こりうることです。非常事態のリスクを少しでも減らすために、日頃から準備しておきましょう。

あってよかった!経験者が勧める停電時に役立つ対策グッズ 近年気候変動の影響で規模の多い災害が起きることが多く、広範囲・長時間に渡って停電が起こることがあります。 https://...
停電対策に発電機って使えるの?選び方や使用上の注意をチェック! 近年、大規模な災害によって広範囲・長時間の停電が起こることが多くなりました。ニュースなどを見て、非常事態に備えて電源を確保しよう...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!